FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

ふるさとの窓

2013.03.26 17:33|その他お知らせ
 

おととし、近所のお茶の木から若葉をしこたま摘んできては紅茶をつくっておりました。

しばらく寝かしてたのを、ふと思い出して淹れてみた。

 


 

ちょっと発酵がうまくいってない感じだったから不安な仕上がりだったけど、

うん、まずまず、紅茶にはなっとる。色は薄いけど

 

 

ところで…。

昔は田んぼの畔や石垣にお茶の木があちこち植えられていて、

田植えの後の時季になると若葉を摘んで自分ちでお茶をつくりよったそうです。

私が小さかった頃には、家にお茶を煎る釜があったんだって。(母さん談)

 

おととしは、まだ昔のままの棚田があったので、

ここ2~30年の間にすっかり忘れ去られたお茶の木があちこちにあって、

それを回遊すればある程度の量の若葉が摘めたもの。

 

それが、その冬にこの辺りの圃場整備が始まって、昔から続いてきた棚田が崩され、

懐かしい景色とともにお茶の木の多くも姿を消してしまったのでした。

 


 

田んぼを縫うように続いていた大好きだった草の道が、こんなふうになってしもた(涙)

 

 

このお茶は、私にとって、私を包み育ててくれた懐かしい情景と、

そこでの家族や近所の遊び友達との想い出、

幼い私とつながれる大事な窓でもあるなぁと、そう思います。

 

と、そう思う。

春の草

2013.03.23 10:22|その他お知らせ
久々のツマ、千穂です。

 

長男ハル5歳、次男ユキ7ヶ月の春。

相変わらず森に出かけ、春の紫外線に3人ともいつの間にかまっくろ。おそろしや~。

でもでも、春の森は芽吹きの香りやいのちの目覚めに満ちていて、とても気持ちいいものです。

紫色のスミレの花、ヤシャブシの花、小さな小さなトカゲなどなど…〓

 

家のまわりにも春の草が湧き立つように伸びてきました。

寒い冬の間、じっと力を蓄えて時を待ってたんだね。

うれしくなる。

 


 

うれしくなるのは、いのちを感じるからだけではなくて、おいしいから♪

摘んできては、おかずにしていま~す。

 

この日は、左からノビルの葉・ノカンゾウ・セリ・ふきのとう。

他によく食べるのは、つくし・カラスノエンドウ・ヒメオドリコソウ・ヨモギあたりかな。

 

排泄を手伝ってくれる春の草の苦みが、この時期一番のご馳走です☆

ママへおすすめイベント!12/3(月) アーサー・ビナードさんおはなし会『絵本から見る未来』

2012.11.02 00:03|その他お知らせ
ツマの千穂です。
オットで農園長の裕二さんは、今シーズン一番の冷え込みともいわれる今日、たった今、
とうもろこし畑で敵のタヌキと対峙していらっしゃいますが、
私は足もとストーブの部屋からブログ更新です。
(裕二さんのFacebook、昨日今日と臨場感があっておもしろいです笑)

さて、私も共同代表として参加しているpoco a poco~あったか未来をつくる会~ from Hiroshima。
2011年3月11日の東日本大震災と原発事故後から、
母ちゃん父ちゃんのあったかハートで子どもたちにあったか未来をつないでいきたい!と
日々考え情報を伝え合って行動している、主に子育て世代のグループですが、
12月3日(月)に素敵なイベントを準備しているのでご案内します!

みなさん、この日、ぜひぜひあけておいてね。
エリック・カールの絵本「ホットケーキできあがり!」を翻訳された
詩人のアーサー・ビナードさんのおはなし会です☆

んもー、絶対絶対おすすめなんです。
お母さんとして知っておきたい、考えておきたいことに近づくファーストステップとして、
こんなに素敵なチャンスは絶対にない!!
私はスタッフとして参加します~♪
人気の古民家スペース・寺子屋しゃんてぃのランチつきの参加枠(30人まで1400円←オトク!)は
すぐに埋まってしまうと思うから、お早めのお申し込みをおすすめします☆


ちょいとカタい話になるかもだけど…。

私は有機農家のツマであり、森のようちえん まめとっこの代表でもあり、
そしてこの時代に子どもに生を授け、それと同時に母親にさせてもらった一人の人間。
私がアイデンティティとしているこれらすべてすべてが「いのち」につながっていて、
それぞれを深く深く考えていくと、究極のところ、
「すべてはいのちの和・輪・環の中に在る」=それ抜きにしては世界は成り立たない
ってところに行きつく気がしてる。

子どもたちに、これからの世界で幸せに生きていける人に育っていってもらうためには、
やっぱり母たちが大切なことを知ったうえでみんなでつながって助け合っていけたらなって思うんよね。

今の時代に生まれた意味、使命みたいなものが、私にもあなたにもあると思うんだ。
ぜひぜひお友達と一緒にいらしてください♪


アーサー・ビナードさんおはなし会『絵本から見る未来』


昨年おこった東日本大震災後、みなさんの暮らしはどう変わりましたか?
今まで当たり前に使ってきた電気や安全な暮らしが、
当たり前では無かった事に気づき始めた人もいるのでは!?
そこで、色彩の魔術師エリック・カールさんの絵本「ホットケーキできあがり!」を翻訳された、
言葉の魔術師アーサー・ビナードさんを迎え、お話会とランチ会を開催することにしました。
「ホットケーキできあがり!」から私たちのどんな未来が見えてくるでしょうか?
子どもたちの未来を守るために、コンセントの向こう側のことや、
「原子炉」!?のこと、食べ物のことについて、
楽しいお話を聞きながら一緒に考えてみませんか?

日にち 12月3日(月)
じかん・・・10:30~11:45 アーサーさんのおはなし
      11:45~12:15 しつもんなど
      12:15~13:30 アーサーさんとランチ会
ばしょ・・・寺子屋しゃんてぃ(広島市安佐南区古市2丁目6-1)
定 員・・・おはなし会50人/ランチ会30人
参加費・・・おはなし会のみ:500円
      おはなし会+ランチ:1400円

※ちいさなホットケーキプレゼント☆
※和食の菜食メニューです。
※ランチ会参加希望の方は11/25(日)までに下記まで、お電話にてお申し込みください。
 お子様ランチ(500 円)もご用意できます。(限定10 食)
※事前申込:ながはし090-2601-5734/おかもと090-3513-1712
※託児はありませんが、お子様と一緒にご参加いただけます。
※駐車場の台数に限りがある為、できるだけ交通機関をご利用ください。

◆アーサー・ビナードさん◆
1967 年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート
大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を
始める。中原中也賞、日本絵本賞受賞。
原発や核の問題にも造詣が深く、講演も多数行っている。
『くうきのかお』(福音館書店)『ことばメガネ』(大月書店)、
翻訳絵本『ダンデライオン』『どんなきぶん?』
『カエルもヒキガエルもうたえる』
『ホットケーキできあがり!』
詩集『ゴミの日』翻訳詩集『日本の名詩、英語でおどる』

主催 poco a poco ~あったか未来をつくる会~ from Hiroshima
ホームページ:http://poco-a-poco.jimdo.com

201211_01_10_d0251710_9485665.png

テーマ:広島
ジャンル:地域情報

広有研からワークショップのお誘い☆

2012.07.05 00:57|その他お知らせ
咲とやま農園ツマの千穂、有機農業をしているオットの関係で
広島県有機農業研究会(以下、広有研)生活部会の副部長をつとめています。

広有研生活部会は、廿日市の満月農園・遠藤京子ちゃんが部長となり発足。
以下、「部員全員副部長!」を合言葉に、全員が主役となって楽しく活動しています。
部員のほとんどが若い女子で、私を含めて直接農業に携わっていないメンバーが多いかな。
その分、女子ならではの好奇心や探究心からいろいろなことに取り組んでいます。

これまでに、消費者と生産者の交流イベント「くらしまつり」を開催したり、
野草料理を味わう会、一品持ち寄り交流会、広有研会員の農場見学会などなどやってきました。
つい最近も、三原の桜の山農場に見学に行ってきたばかりです☆
自給自足生活、輸入飼料や抗生物質・ホルモン剤に頼らない地域循環型の豚の畜産…、
学ぶところの多い見学会でした。
(またいずれ報告できたらな~)


さて、そんな広有研生活部会からのお知らせです。

3月に広島県神石高原町で行われた日本有機農業研究会第40回全国大会・総会、
「全国有機農業の集い 2012 in 西中国」のアフターイベントを以下の通り開催します。

第1分科会で講師をつとめていただいた三次市の徳岡真紀さんを招いて、
スパイスの歴史や効果、特徴などを学びながらワークショップを通して
オリジナルのカレーを作っていきます。

終わった後は、カレーを主食とする国に思いを馳せながら
ルーを使わない本格的なカレーを皆で頂きます。

ご参加お待ちしています!


☆スパイスから見えた、セカイノコト~カレーでで暑い夏を乗り切ろう!~☆

日時: 7月13日(金)11:00~14:00
場所: 広島ガス祇園ショールーム ガストピア祇園(広島市安佐南区西原5-13-1) 
      JR下祗園駅、及びアストラムライン西原から徒歩10分
参加費: 広有研会員…500円 非会員…1000円
      食事が必要なお子様…300円
定員: 14人(先着順)
持参物: エプロン、タオル、筆記用具
申込方法:
     参加者名及び広島県有機農業研究会 会員/非会員の種別を
     ご記入の上、生活部会渡邉までメールください。
     mona105105@gmail.com
     (お問い合わせも上記のアドレス宛てにお願いします)


     *
講師の真紀ちゃんは、私も所属する脱原発を訴えて行動している広島の母ちゃんグループ
poco a poco~あったか未来をつくる会~from Hiroshima」のメンバーの一人です。
地元三次でも「KADOYA子育ての会~守りたいんよ、えがお、いのち、しぜん~」で
脱原発のために幅広く行動・発信している、ステキなお母ちゃん。

真紀ちゃんのワークショップは、3月の全国有機農業の集いの分科会でも大好評でした☆

そして、当日はわが咲とやま農園の
無農薬・無化学肥料育ちの野菜やニンニクを使ってのワークショップになりますよん。
ぜひぜひお申し込みを。あと何人か、空きがあるようです。

「旬遊」vol.33に載ります

2011.06.30 00:54|その他お知らせ
咲とやま農園(…って、まだ動き出してないけど^^)のヨメ、
わたくし千穂が呼びかけして立ち上げた野外自主保育「森のようちえん まめとっこ」が
広島の素敵ハイクオリティ情報誌「旬遊」vol.33(7月2~3日発売)で
紹介していただけることになりました。

svol33cover.jpg

第1特集の「自然に寄り添う暮らし」に登場します。
まめとっこが動き出してはじめての野外料理をした日に取材に来てくださって、
同じ子育て世代ママライター&ママカメラマンさんとも
森のようちえんの心地よさを分かち合えました。

事前にメールでインタビューを受けたんだけど、
ながーい間森のようちえんへの想いをあたためてきた私は
本当にいろんなことをたっくさん語ってしまった(汗)んだけども、
いつも素敵な記事を書かれる三桃さんが私の想っていることを
大切に丁寧にまとめてくださいました☆


ところで旬遊vol.33は、まめとっこのページはもちろん(!)、他のページもオススメです~。

原発のことをきっかけに知り合ったグローイングピースの石岡さん
(自然エネルギーの普及活動をされてます)、
広島有機農業研究会会長で神石こだわり農場をされている素敵な人生の先輩・伊勢村さん
(広島の有機農業会の重鎮だけど、やさしくてエネルギッシュ、若々しい!)、
三原の桜の山農場で無農薬・国産飼料にこだわって米づくりや養豚をしている
坂本耕太郎くん・梨恵子ちゃん夫妻。
ほかに、上関原発の問題に対して
シーカヤックで立ち向かってくださっているダイドック冒険学校の原康司さん。
などなど、確固とした想いとビジョンをもって暮らし、活動されている方々も登場されます。

私、まめとっこのことがなくても買ってるわー、次号の旬遊。
…ってぐらい、みなさんにもぜひ出逢ってほしい方々。
オーガニックや自然や循環する暮らし、に関心のある方にはぜーったいにオススメです。
旬遊HPの予告によると、まめとっこのわたくしは、敬愛するすばらしいみなさんの間に
挟まれているようなので、今になってドキドキが高まってきてしまいました。
おそれおおすぎます。。

旬遊は広島の主要書店・コンビニなどと、島根・岡山・山口の何店舗かでも扱われています。
ぜひぜひ、お手にとってくださいね。私、まるっこい顔で爆笑しています。


それと、ついでに。。
なんと、明日の朝日新聞朝刊の天声人語に、私の言葉が載るとのことですー。
「えぇぇ?!」でしょ。私、日本の片隅でひっそり生きている普通の主婦ですよ。
それがなぜ、かの有名な朝日新聞の、かの有名なコーナーに出るなんてことが起こるんでしょ。

たぶん、私のことに触れられるのはたった3行くらいなんじゃないかと思うんだけど、
よかったらそちらも見てみてくださいね。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

テーマ:子育て
ジャンル:育児