04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末みちくさマート 菜野果のあゆみ(2)

2016.01.05 14:16|作業日誌

コンセプト、最優先課題はなにか?


戸山のケーキ屋さん アナナスのRYOKOちゃんの一言でワックワクに火がついたツマ千穂、
そこから猛ダッシュでオープン準備を進めました!

まずは、農園長のオット裕二に「やりたい!やるけん!」と報告。
それから、一番の協力者になる実家の父に「やりたい!やるけん、力を貸してほしい!」と依頼。
この二人、どっちがノリ気&やる気を見せてくれたかというと、農園長殿ではなくて父上でした(゚∀゚)


協力の約束をとりつけたら、今度はショップの構想をつめます。

「無人販売所」と言えば、道端にひっそり置かれていて、人の気配がないイメージ…。
品物だけとられて、お金を入れてもらえないイメージもある…。

我が家の野菜は、これまでは残念ながら忙しすぎて手が回らず「売らない」ことがデフォルト。
その場合、畑にすき込んでしまって1円にもならずに終わるだけなので、少々お金が入らないことはもともと覚悟の上。少しでもお金を入れてもらえればプラスにしかなりません。だから、「お金を入れてもらえないかも」という不安は軽々払しょく。(というか、不安に思ってない^^)

それよりも、「ここで野菜を買えること」が喜びに感じてもらえるような、「ここで野菜を買うこと」を楽しんでもらえるような、そんな場所にしたい。そうすれば、喜んでお金を入れてもらえるだろう。そのためには……オサレにつくることが最優先課題!!!!!


…と考えに考えて、我が家らしく、ぴっかぴかではなくて古材をいかしてできるだけお金をかけない、でもオサレな小屋をつくる方向で、めでたくコンセプトが決まりました。(あっという間に!)




生まれ変わった食器棚


次に、コンセプトに沿って材料探しをします。
2014年5月に引っ越してきた、築約70年の我が家には、お宝が眠っているはずだ!!!

…と、ありました~♪ 早速見つけた!

C360_2015-10-25-17-27-04-281.jpg

古ぅい、昭和のかおり漂う食器棚。
上下重ねの食器棚の上の部分。90センチ×90センチ×30センチくらいの大きさです。
これを小屋にはめこんで使おう。何とかなるはずだ。
ということで、早速ぬりぬり~♡

C360_2015-10-25-20-35-18-719.jpg

C360_2015-10-27-14-35-03-843.jpg

ミルクホワイトの水性ペンキでペタペタと塗ると、なんということでしょう、ガラスの和の風味がほどよい、ジャンクな棚に生まれ変わりました。やればやるだけ雰囲気が変わって、楽しい作業でございました。




棟梁の出番です!


さて、棚の原型ができたので、ここからは棟梁である父にバトンタッチ。小屋をつくってもらいます。

父は元消防士さんだけど、犬小屋から物置小屋まで自作するDIYの達人。今の住まいでも、小屋をつくってもらい、ダイニングとキッチンと洗面所と居間のぶよぶよだった床板・畳を無垢の杉板に張り替えてもらったりしてきました。お金をかけて、センスのいいお店に依頼することも考えなくはなかったけど、身近に適任がいます。それに、父も「じゃあ銀杏でも売ろうかの♪」と色気を見せていたので(笑)やっぱり父しかいません!

快く、何日もかけて、細かいところまで丁寧に仕事をしてくれました。

C360_2015-11-04-18-18-36-921.jpg  C360_2015-11-04-16-06-07-116.jpg


古材を生かして、いい具合。あーりーがーたーやーー。

C360_2015-11-04-16-13-46-159.jpg  C360_2015-11-04-16-14-05-959.jpg




そして融合


棟梁がつくってくれた小屋に、塗り師千穂が色を塗り、仕上げます。

戸山という自然豊かな里で、オサレに目立つ色…ぴかぴか過ぎず、素朴なオサレさを感じさせる色…小屋のかたちや設置場所などなども考え合わせて構想を練ることしばし。結果、ホワイトとミントグリーン、それを引き締めるブラウンを合わせることにして、早速塗り上げました。
ブラウンの塗料は、野外に設置することを考えて防腐・防虫効果を期待してキシラデコールを使いました。キシラデコール、色味が豊富で、ブラウン系も何色もあります。これはえーと…チークかな。

C360_2015-11-07-16-51-11-951.jpg

足元にある窓枠は、農園長裕二のおばあちゃんの取り壊し寸前のおうちからもらってきた障子窓。
飾りにつけようかと思って、キシラデコールを塗ったけど、結局使わず。でも、生まれ変わって気持ちよさそう♪


さて、ここに千穂が塗った古い食器棚を融合させます。…さて、できはいかに!?!?



C360_2015-11-10-15-32-09-254.jpg

ジャジャーーーーン!


えー感じにできあがったのではないでしょうかッ。
スポンサーサイト

週末みちくさマート 菜野果のあゆみ(1)

2016.01.05 12:53|作業日誌


2016年の仕事はじめは、週末みちくさマート(端的に言えば無人販売所) 菜野果の設置から。

実は、2015年11月に設置を済ませ、12月に一度オープンさせていたのですが、畑の大家さんに話を通すという大事なステップがすっかり頭から抜け落ちたままオープンさせてしまい、その後「ここでは困る」とご連絡をいただいて一旦撤去。それから、もう一度大家さんに了承をいただいてから、最初に設置した場所から少し離れたところに設置し直したのです。ホッと一安心~!

今日は、菜野果誕生に至るまでのストーリーをキロクとしてまとめておこうと思います♪



はじまりはここから


C360_2015-10-20-15-46-14-420.jpg

菜野果誕生のきっかけは、咲とやま一家が戸山にⅠターンして最初にお世話になった、ツマ千穂の実家のご近所にある戸山が誇るケーキの名店「アナナス」でした。
これが10月20日のこと。

実家の母と近所のおばちゃんと一緒に柿もぎをしこたまして(笑いが出るほど大量、豊作!!!)、そのお疲れ会でアナナスにケーキを食べに行ったときの、アナナスRYOKOちゃんとの立ち話がはじまりでした。


今ね、私たちが暮らしている戸山に続々と新店が生まれているのですよ。
ケーキ屋「アナナス」を元祖に、パン屋「Cadona」、パスタ屋「吉山ビアンコ」、いちご農園「苺ファームべりふる」、さらに家具屋と焼き菓子屋の幸せな融合体「musica faniture&粉麦」、水本牧場のカフェ「さとやま」…さらに2、3店がこれからオープンするべく準備中、とのウワサなのです。


一方我が家は、農園長裕二は普段は法人の仕事に忙しいし、ツマ千穂も平日は森のようちえん三昧でなかなか外に販売に行けない零細農園。自給をベースにしているものの、食べきれないほど野菜をつくることも多々あり、そんなときは食べきれない野菜は旬が過ぎたら畑にすき込まれてしまう…そんな悲しいサイクルを抜け出したい!

こんな話をRYOKOちゃんにしたところ、続々オープンしている素敵ショップを目当てに戸山ツアーに来る人が増えてるんだから、小屋でも建てて戸山で野菜を売ればいいじゃーん!オーガニックじゃし、売れるよーー!と背中を押してもらったのでした。


その頃、長くモヤモヤ期が続いていたツマ千穂は、2週間ほど前に心屋流自己開示ワークショップに参加。
※心屋流…あの心屋仁之助さんの手法を使ったものー!
そこから光を見出しはじめて身も心も軽くなってき始めていたところでのこの展開…!


妄想の羽はすぐに広がり、「できる!」「やる!」と心ドッキドキのワックワクで坂道を走って家路についたのでした♪

C360_2015-10-20-15-55-56-931.jpg

↑そのとき食べたケーキ。
アナナスのケーキは甘さ控えめ、見た目は素朴なオサレ感。
ケーキをつくっているKEIKOちゃんは、専門学校の先生でもあり、ケーキの賞を何度も受賞しています。
私、ここのケーキが一番好きだなー。近所だからっていうのではなくて、そういうの抜きで一番好み。
お店のウッドデッキでイートインもできますよ♪
戸山においでの際はぜひに♡

今月(11月)の裕二

2015.11.01 07:22|作業日誌
11月のできごと

稲刈り
スイートコーン出荷
ニンニク圃場準備~定植
玉ねぎ定植
小麦準備~播種
PTAソフトボール大会参加
11月27日初雪

家族サービス
安佐動物園

毎月更新恒例になってしまった「今月の裕二」も11月となった。
この時期になると、畑や田の仲間たちが居なくなり、
テンションが落ちてくる。
日が暮れるのも早くなり、
仕事ができる時間も短くなる。
寒くなるので、動きも鈍い。
恒温動物とは思えないような別人になる。

そうは言いつつ、
今年は秋は早いが冬が遅い。
毎年、天候に踊らされるのだろうなとは感じる。

スガノ農機さんに、無理をお願いして「サブソイラ」という作業機を借りた。
毎年、小麦を栽培するのだが、
排水が悪く、思ったようなものが採れない。
何種類もサブソイラの入れ方を変えながら、
比較してみる。

サブソイラ

土中の石をひっかけて、
ボルトが折れる。
2本爪なのだが、1本は途中から役に立たない状態となった。

入っています

穴を掘って、入り方を見てみた。

入りすぎ

写真にある定規は30cm
最大40cm位入っているようだが、
若干入れすぎたなと反省する。

弾丸暗渠と言い、
こぶし大の穴を空けてくれる。

排水不良となる原因は、色々とあるのだが、
大型のトラクターが耕運することにより、
土を圧縮してしまうこともある。
人間が作業をやりやすくするために、
新しい作業機が必要というのも悲しい話である。

小麦を播種しようとした直前
大雨が降った。
通常なら、播種を断念するところであったが、
サブソイラを入れている圃場は、
水の引きが早く、無事に播種が出来た。

小麦

あまりわからないだろうが、
旋回するたびに、トラクターのフロント部分は持ち上がる。

小麦2

夏に緑肥として蒔いていた小麦が、
既に穂を付けているというのも不思議な風景だ。

小麦の播種が終わると、一気に緊張感がなくなる。

大体調子を崩すのがこの時期となるが、
やはり、風邪でもなく、胃腸炎でもないような
不思議な状態で、何日か寝込む。

そんな中、
二男の七五三があった。

七五三

わりと、女の子顔だなと思っていたが、
本当に女の子だなと感じる。

「可愛いね」と、いうと、
「ちがう!かっこいい!」と、自己主張までできるように成長した。

休日には、
近所の動物園もいく。

動物園

一番手のかかる時期で、
イライラすることもあるが、
こんな時期もあったねと思える日があっという間に来るのだろうなと感じながら、
12月も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今月(10月)の裕二

2015.11.01 06:50|作業日誌
10月のできごと

ハウス野菜播種(白菜・大根・人参・カブ)
稲刈り
スイートコーン出荷
玉ねぎ播種(固定種)
俵神輿
小麦準備
芋ほりイベント

家族サービス
釣り


10月もいつの間にか終わってしまった。
毎週月曜更新予定だった「今週の裕二」も、
いつの間にか「今月の裕二」に変化している。

秋のスイートコーンは、
台風の影響でダメかなと感じていたが、
植物はサボることは無いので、頑張って成長している。

秋スイートコーン

今年は、成長期の9月の日照が少なく、
初期生育が思わしくなかったが、
ガンガン炭水化物を葉面散布した。

スイートコーン葉面散布

これだけ人件費をかけていては、
ダメだなと思いながらも、
これだけジェットコースターの様に様変わりする気候では、
植物の様子を見つつ、ある程度人間側が補助をしてやらないと、
「天候が悪くてできませんでした…」と、いう言い訳になる。

農家のお決まりの逃げとなるが、
出来るだけ、天気のせいにしたくは無い。

秋のスイートコーン1
秋のスイートコーン2

何とか、秋のスイートコーンも無事に出荷できた。
秋のスイートコーンは夏に比べて一回り小さくなるのが普通だが、
Lサイズの物が出来ていることだけを見れば、
ある程度、人間側の支えの効果が出ているのだと感じる。

しかし、99%程を有機肥料で施肥しているために、
有機肥料の肥効の出かたを考えた施肥は、まだまだ不十分だと感じる。

肥料を欲しい時期に効かせられる化成肥料は、
使い方次第だが、とても面白いのになとは感じる。

特に、寒い時期に向かう作付に関しては、
肥効のずれが生じるので、
肥料の要らない時期に、肥効が発現する恐怖がある。

その辺りも、今年は嫌なほど経験できたので、
来年は、もう少し改善できるのかな?と、感じる。


農業法人で初めての玉ねぎ栽培
苗つくりも初めてとなるが、
様子を見つつ、こちらも葉面散布で追っかける。

玉ねぎ苗


常に植物の状態を見ながらの対応となるために、
なかなかマニュアル化が出来ないという点はある。

何がどう足りないのかを感じることは、
それなりに知識もいるのだが、
わし一人では見きれない時もあるので、
どのように、皆さんに伝えていこうかと悩む日々

播種の仕方もあったが、
ある程度満足のゆく苗が出来たのでは?と、思っている。

玉ねぎ苗2
(まだ、定植苗ではない)

耕作放棄地風農園の「咲とやま農園」では、
毎年恒例になっている「サツマイモ堀り」のイベントを行った。

堀風景

わし一人で収穫すると、
「たいぎぃ~のぅ~」と、ぶつぶつ言いながらの、しわい作業となるが、
みんなで収穫してもらうと、一気に終わるのでとても助かる。

他の農産物も、収穫イベント化して、
もっと楽させてもらおうか?なんて悪いことを考える。

サツマイモ堀り

今年は、施肥を工夫して、
何とか焼き芋に適したサツマイモを作るのが目標だった。
それに関しては、おおむね達成したのかと思う。

来年もあるので、準備をしてゆきたいと思う。


ハウス野菜に関しては、
市場に出回らない品種を主として作付

葉物
白菜

固定種の品種だから良いとは思っていない。
旨いものを作りたいという、単純な好奇心である。
両親の良い物が出るF1の方が、案外旨いのか?なんて思うことはある。

作って食べてみると、案外F1品種の方が旨かったりする。
その辺りは、もう少し実践が必要だと感じている。

仕事に逃避するわしを、
妻が支えてくれているわけだが、
ハロウィンに合わせある地区で、「ゾンビメイク」をしてくれるところがあったようだ。

ハロウィン1
ハロウィン2


子どもは、かわいらしくていいのだが、
妻よ…。
それはリアルすぎるだろ。

しかも、そのメイクで動物園まで行ったとの事

子どもを産むと何とかというが…。

妻の強さを感じつつ、
11月も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

9月の裕二

2015.10.26 07:21|作業日誌
9月のできごと

避難勧告(消防団待機)
水稲(稲刈り・防除)
RCC取材
スイートコーン(追肥・葉面散布)
ハウス野菜の準備
広島菜定植
玉ねぎ播種
レンゲ播種

家族サービス
釣り
公園

9月に入り、
コシヒカリの稲刈りが始まる。

稲刈り

農業も5年目に入り、
ある程度わかってきた所もある。
水稲を作り、初めての年は、
7割がた倒伏していたことを考えると、
今は一部の肥料が重なった所だけ。

少しは安定して生産ができるようになったなと、
安心はしているが、8月末の台風は恐ろしい。

今年は2回避難勧告があった。
雨が降れば物凄い雨量である。
いつから熱帯性の気候に変わったんだと感じる。

スイートコーンの作業は、
淡々と追肥と葉面散布をする。
昔、谷口浩美選手がロンドン五輪で
「こけちゃいました…」と、言う名言を残したが、
それに近い状態になったので、
スイートコーンのメダル入りも無理な話である。
(良いものは採れないということ)

1年に1回のハウスの準備もいそいそと行う。

ハウス準備

通常は畝なんて立てないし、
マルチも張らない。

ハウス温度

表層から5cmの所の温度も50度を超えることは無い。
あの真夏の太陽のエネルギーが欲しい。


農業法人の広島菜の定植作業もある。
広島菜定植

一ヵ月後に大変な状態になることを、
この頃は予想だにしなかった。

9月末には、
玉ねぎの播種を行う。

玉ねぎ播種

耕作放棄地の圃場は、
来年は蓮華畑にして、日本ミツバチを呼ぼうと、
ヘッドライトを付けて、トラクターで耕す。

耕作放棄地1

何とか適期に播種が出来た。

レンゲ播種


次の日に、小学校の校長先生に、
「昨日、この辺りで携帯のカメラで写真を撮っていた不審者情報がありましたがご存じないですか?」と、言われた。

この畑も5年目の耕作となるが、
不審者扱いされるとは、知名度もまだまだである。

播種後


今年は、ちゃんと発芽するだろうとニヤニヤする。


家族サービスでは、釣りや公園に行くが、
大した釣果はない。

公園1


公園2

彼らが、親になり
ここ子供の頃に行ったことがあるんだなと思うときも来るのだろうなと、センチメンタルな気分になる。


RCC

RCCの取材も受け、
ここらが踏ん張りどころだろうなと感じながら10月が始まる。

つなぐ大地の絆 9月24日放送



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。