03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.09.08 22:57|研修・勉強会
8月19日~8月25日

播種機調整
水稲の防除機のデモ
有機栽培ハウスの太陽熱消毒
播種(ニンジン)
広島菜肥料散布
トウモロコシ(追肥・土寄せ・土削り)


その他

兄の17回忌の為に実家に帰省


コシヒカリの稲刈り間近だが、仕事的には少し息が抜けるようになった。
しかし、昼からの灼熱の時間帯は仕事は控えている。

あんな時間帯に、外で仕事をしようものなら、
秋まで体が持たなくなるのはわかりきっている。

休むのも仕事

その分、5時から仕事となるのだが、
植物と向き合うには、結構その頃の時間帯が心地よい。

どれだけ雨が降らないのかと思っていたが、
やっと天気予報にも雨マークが出てきた。

トウモロコシの追肥やニンジンの種まきをした。

ニンジン


助手が播種を手伝ってくれた。
わしはニンジンはコーティング種子を使う場合が多い。

マルチに3粒落とす。

助手に言い聞かせ、播種をお願いした。

助手逃げる


颯爽と仕事を終わらせて、白ネギの圃場に移動し、
土で遊び始めた。

その後、ニンジンに水を散水するために、
家から水を引いた。

灌水

発芽さえすれば、後は放任になる。

今週末は雨が降ると言うので雨に期待した。

広島の事はわからないが、
岐阜では23日の帰省の移動中が一番雨が降った。

広島の防災情報をメールで入るようにしていたのだが、
ひっきりなしにメールが来るので、
さぞかし大雨だったのだろうと想像は出来た。

イネもさぞかしコケテいる事でしょう。

今までの苦労を、一瞬でぶち壊してしまう自然の酷さ。
お金が入るまで、農家は気が抜けない。

時間をみて、息子と交通科学館へ行く。

交通科学館2


一人で写る時は笑顔だが、


交通科学館1


なんで、パパさんと写る時は、死んだ顔の様になっているのだ?


1日が終わり、寝たら起きる。
当たり前のことだが人生は何が起こるか分からない。
忙しい忙しいと言わずに、
一瞬一瞬を大切にしたいと思いながら今週も始まる。





ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2013.01.21 23:15|研修・勉強会
1月14日~1月20日

今週の主な作業

去年の農作業のデータの落とし込み
ほうれん草、小松菜、水菜の間引き



その他

竹パウダー製造見学(江田島市)
広島市内の市場見学
島根ふるさとフェア
広島県有機農業研究会の総会(東広島市)


今年で3回目の稲作りとなるのだが、
今までは、私としても経験値をあげると言うのがメインとなった。

今週は、そのデータの落とし込みに時間を使った。

今年は、いよいよ挑戦の年

自分の農業のスタイルを確立させるためにも、
今年はとても重要な年になると感じている。

毎年勉強で、答えは出にくいであろうが、
去年の失敗を生かせるようにしてゆきたい。


月曜日には、「広島なずなの会」の主催の、竹パウダー製造見学に家族で参加した。

竹パウダー1
竹パウダー2

荒れてゆく里山の維持管理の為にも、竹林の整備は課題である。

良い活用方法を考えてみたい。


土曜日は、市場調査という名目で、広島市内に行く。

仕事場も住み家も同じ地区にあるので、
市内など、月に1回も出ない。

市内に行き、店や客を見て、何が売れているのか、
客層は?ディスプレイの方法は?と、視点を変えると、
勉強できる事は多い。

green bridge」のおっき~さんの御縁で、
私が去年手塩にかけて育てたお米を扱ってくださるとのことで、
VEGAN CAFE」さんにお邪魔した。

ビーガンカフェ3
ビーガンカフェ

つくづく、写真のセンスが無い事に気がつく。

その後、島根ふるさとフェア2013に行ってみることにした。

神楽好きの息子も持っていない
「御幣(ごへい)作りワークショップ」があり、
体験する。

ご幣1
ご幣2

右手に持っているのが、「御幣」という神楽の道具である。

ワークショップ中、
殆ど固まっていたのだが、
帰りの車の中では、
自分が全て作ったと、言い聞かしていた。

島根ふるさとフェア

左下に鬼が舞っているのだが、お客さんが凄くて、
全然迫力のない神楽鑑賞となった。

日曜には、近所の炭焼き同好会のメンバーに呼ばれ、
薪を運ぶ手伝いをする。

炭焼き小屋


広島県有機農業研究会の総会があるので、30分程度しか手伝わず…。

おお?
わし、いつの間に炭焼き同好会のメンバーに?と、
思ったが、興味があるので、まあ良しとしよう。

夜は、横川の「グランタロー」さんにて、
green bridgeのおっき~さんの主催の新年会。

グランタロー


私の野菜も、このような素晴らしい料理人に生かされて本望だと感じる。

普段は戸山からでないので、このような会はとてもありがたい。

2月には、中区の「VEGAN CAFEさん」にて行うと言う事なので、
時間が合えば参加したい。

今年も、4月になればゴングが鳴るので、
それまでの農閑期に出来る事をしたい。

無農薬・無化学肥料の野菜を、普通の価格で食べていただきたいという
信念を持ちながら、今年もやっていきたい。

「なになにしたい!」ばかりが目立ちながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

広有研生活部会 桜の山農場見学レポート☆

2012.07.09 01:08|研修・勉強会
DSC_0710.jpg

7月1日(日)に広島県有機農業研究会(広有研)生活部会のイベントで出かけた
三原の桜の山農場の見学会。

わたくし、ツマの千穂が、生活部会副部長(のひとり)として広有研のブログに
レポートをアップしましたのでお知らせしま~す。

http://hiroyuken.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-9178.html

…お断りしておきますが。。。
んもぅ、絶対絶対オススメ記事!ですっ。

すんごくステキな、私にとっては理想的な、だけどもどこまで近づけるかしら…の、
桜の山農場・坂本さんちの暮らしぶり。

とにかく素晴らしいので、ぜひぜひ上のリンク、ぽちっと開いてみてください。
写真もいっぱい載ってます~。


でもせっかくじゃけん、あっちに載せきれんかった写真をこちらにもちょいと載せておこう♪

DSC_0699.jpg

坂本家のキッチン☆


DSC_0717.jpg

車の燃料の天ぷら油をこしたティッシュ。これがぬかくどやロケットコンロの種火になる。


DSC_0737.jpg

DSC_0878.jpg

別のコンロで煮込まれていた、桜の山農場特製、とんこつスープ☆
…めっちゃおいしかったぁ~♡

果樹剪定講習会(自然栽培)

2012.03.18 21:54|研修・勉強会
一昨年、ナチュラルハーモニーが主催する、
「自然栽培セミナー」に参加した。

その時に、広島から道法さんが来られ、少しだけ話をしてくれた。
植物ホルモンをコントロールする見事な理論で、とても勉強になった。
いつか話を聞きたいなと思っていたところ、
去年、呉で道法さんの講演会を開いてくれた。

そして、実践編と言うことで、福山市内海町で剪定講習会があった。

道法さんの本は、持っているし、その理論や実践も理解していたつもりであった。

道法正徳(ペンネーム:川田 健次)さん プロフィール
昭和28年2月13日生まれ。
52年、広島県営研修農場の果樹コース入学、52年卒業
52年、広島県果実農協連合会、技師として入会
木江町農協、能美島農協、瀬戸田町農協、広島果実連本会広報課、広報課長、購買課長を経て平成17年退会。
平成17年、㈱りょくけん入社・販売部次長
平成21年、独立-アグリカルチャーコンサルタント(株)グリーングラス設立

(今回の講習会のMLから引用)

JAを指導する立場の広島果実連の出身で、指導中にどうも肥料が悪さをするのではないかと思い、
自分の思いで、栽培指導にあたったそうです。

自然栽培と言うのは、「無肥料」「無農薬」栽培の事をさします。

大きくまとめてしまうと、有機農業のくくりにはなる。
無肥料で出来た作物は、化学物質過敏症の方でも、安心して食べられると言われている。

無肥料栽培といっても、「自然農」「炭素循環農法」「MOA自然農法」と、何種類かある。
(農法にこだわる必要はないと思います。みんな安全でおいしい野菜を作ろうとしているのですから)


座学を2時間ほど行ってから、実際に剪定方法の講習に入る。


実技1

皆さん、熱心に聞きいる。


実技2

するするっと木に登る。

実技3


気がつけば、一番てっぺんに登り、剪定を行う。

剪定に迷いが無く、とても早い。


実技4


何種類かの果樹を、剪定し終了した。


「百聞は一見に如かず」と、言いますが、やはり本で勉強するのと、
実際に見て勉強するのとでは、理解度が違う。

私は、農文協の本を片手に有機農業をしているが、
実際に、農家研修に行けば、また違った吸収の仕方をするのであろうが、
そんな事を言っても無理なので、言っても仕方ない。


今回は、講習会も素晴らしいものであったが、
もてなしが素晴らしかった。

昼食1

昼食は、地元で採れた新鮮野菜や魚。


昼食2


これを喜ばない方は居ないだろう。
とても美味しかったです。ご馳走様でした。

今回の講習会は、福山市内海町と言う所で行われたのだが、
限界集落で、子供が少ないと聞いた。

どこも抱える問題で、他人事ではない。

大多数の人は、自然の豊かな所で暮らしたいと思うのだろうが、
現実を考えると難しくなるのだろう。

来る事が出来るのは、第2の人生の方が大半だと思う。

自然栽培の剪定方法はスッキリとしたが、違う問題に直面して、
常に考える事が答えかなと、良くわからない答えをだして、この場は終わりたいと思う。

第121回 愛農大学講座

2011.08.17 03:04|研修・勉強会
8月12日~16日まで、
伊賀忍者で有名な、三重県の伊賀市にある愛農高校へ行った。
日本で唯一の、有機農業を教える農業高校である。

そこで、12日~21日までの10日間愛農大学講座が行われた。(行われていると言うのが正しい)

全日程参加出来ないので、5日間の参加となった。


一昨年、地元で有機農業をしているおじさんが、行ったのだが、
面白いので行ってみてはと聞いていた。

そのことはスッカリと忘れていた。
現在吉和有機農園の有機農業講座に参加しているのだが、
愛農高校卒業生の従業員が、行ってみてはとパンフレットをくれた。

農業マニアの私が行かない訳はない…。


いっそもお金を稼がないのに、参加させてもらった。

愛農高校入り口

受付

校舎

ログハウス

窯

地元のおじさんからは、「あそこは凄いぞ!」と、
聞いていた。

あんまり良い意味ではないが(校舎等が古い)、行ってみると、結構綺麗で印象は違った。

立て直し等の工事をしたようで、一番のメインの校舎は、
木をふんだんに使用し、とても気持ちの良い空間であった。

受講生は、部分参加込みで36名。
意外と多い。

しかも、現在農業をやられていない方も来ている。
なんと熱心なのだ!

てっきり、有機農業マニアが集まるものと想像していた。

年代も、幅が広くて面白い。


農業1年生の私が今回の講座で1番興味があったのは、堆肥作りと苗作りである。

堆肥作りの講師は、本を出版されている方であった
(実は、その本は分かりやすく買いたいと思っていた。)
野菜が甘く育つ土づくり Part2 (学研ムック)

今まで、多くの本を読み勉強らしきことをしてきたが、
百聞は一見にしかず

やはり、想像とは違う。

ああ、何処かで研修したい…。

切実に思う。


堆肥作り
堆肥2

堆肥1


苗作り
苗作り

播種の仕方
播種の説明

農器具の手入れ方法
鎌のとぎ方

トラクターの試乗
トラクター体験

5日間という短い間であったが、
みっちりと農業に浸かってきた。

農業をしている私でも、難しいと思う事があったのに、
農業をされていない方は、良く耐えているなと感じた。


はっきり言って、チンプンカンプンだと思われる。


たった5日間であったが、出会いがあれば別れあり。

皆さんにお別れの挨拶?(再会かな?)をして帰る。
もうろくしたのか、最近涙もろい。
こんな事で泣くのは恥ずかしいので、
必死に耐えつつ、愛車の下町のフェラーリの軽トラで帰る。


帰りの高速で、もうワクワクしっぱなしであった。

まるで、エロ本を拾った高校生の様である。


ああ、これが求めていた「10代のときめきだ!」(キリンと言う漫画から引用)

早速、土壌診断しようと、広島県有機農業研究会に土壌診断キットを借りる手配をした。
24日に借りる予定である。


自衛隊に居たら、絶対に出会えない人に出会い、
退職のきっかけを与えてくれた「うつ病」に感謝しつつ、
ビールを片手に、まとまらない記事になり、
反省しながら今週もはじまる。

あっ!もう3時
今日6時から自分の畑してから仕事やん…

休もうかな…。


皆さん、あと少し楽しんでね~!


追伸
先週の「今週の裕二」は、お休みさせていただきます。







ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。