05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

2013.07.27 23:20|かぞく・こども
ツマの千穂です。
すっかりすっかり、更新がとまってしまっていました。

もちろん、農繁期ゆえ。

今年の農園長殿、大忙しで毎日朝早くから田んぼや畑に出て、合間に会議、
そして講演会に参加したり、その帰りに相棒の軽トラが壊れてレッカー移動してもらって
夜中に電車で帰ってきたり、再起不能に近いと宣告を受けた相棒を泣く泣く手放して
新しい軽トラを買うことにしたり、家に帰ったら帰ったで子どもの世話をしてくれたり。

文字にしてみると半分以上、大半が農業ではなくて車関係になってしまいましたが、
実際は日中の勤務先の戸山の郷中王の仕事で忙殺されております。
有機農業の咲とやま農園は、半ば放置。
最近ようやく、伸び放題になっていた草刈りと、緑肥の刈りこみが終わったところ。


この間に、私のほうは、森のようちえん まめとっこが夏休みに入り、
家の仕事や咲とやま野菜の収穫に配達…と、この4月からなかなか手が回らなかった仕事をしていました。

おかげさまでとうもろこしは飛ぶように売れ、今シーズンのものは全部なくなってしまいました。
写真を撮る間もなかったー。
今年のとうもろこしは、私たちの手元から直接個人のお客さまや森のべーぐる団むすひにお嫁に行ったほか、
green bridge、大町のとれたて元気市、ゆめタウン安古市店、はうでい亭伴店にも出ました。


もうすぐ7月も終わり。
我が家の次男、ユキさんは今日で1歳になりました。
1歳の誕生日って、感慨深いものです。
あぁぁ、0歳のユキがいなくなってさびしいぃぃぃー。なんだろ、この感覚。
無条件のつながり感というのか、お腹の中から出てきました!一心同体です!って感じが
これからどんどん薄くなっていって、どんどんどんどん一人の人になっていくんだよなぁ。
うれしいけど、さびしいのも本音です。

我が家最後の赤ちゃんなのか、それともまだ赤ちゃんが来ることがあるのか!?
いずれにしても、ハルさん・ユキさんとのかけがえのない日々を、大切に紡いでいくのみです。
スポンサーサイト

お仕事中

2012.09.27 23:10|かぞく・こども
DSC_2285.jpg

咲とやま農園 長男のハルさんが台所で何かやっていますぞ。


DSC_2299.jpg

く、栗をむいている!!!


一人で器用に栗の鬼皮をむく4歳の年中さんのお仕事拝見でした。

彼のブーム

2012.09.11 23:20|かぞく・こども
DSC_2101.jpg

オットコ前のイケメン店員さんが料理を運んできてくれます。
タオルって、エプロンにもなるのよん。


そういえば、最近買ったこの本

あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。
(2011/10/28)
つばた 英子、つばた しゅういち 他

商品詳細を見る


でも、奥さんの英子さんがタオルをエプロンにされていたっけ。

つばたしゅういちさん、私たち家族が前に住んでいた高蔵寺ニュータウンを設計した方であり、
同じニュータウンにお住まいだった。
一回お邪魔してみたかったなぁ~。
この本を読んで、ますますその想いが強くなりましてございました。

新しいかぞくとの暮らし

2012.08.18 14:48|かぞく・こども
DSC_1051s.jpg

お久しぶりです、のツマ、千穂です。

7月27日にわが家に新しいかぞくが増えました。
身長50センチ、体重2754グラムの、小柄な、だけども元気な男の子です。

幸帽児(いわゆる被膜児…卵膜に包まれたまま産まれ出てきた子)として
生を受けたこの小さいひとに、その産まれ方にちなんだ名前をつけました。
愛称はユキです。
(晴れて兄ちゃんになったハルもまた、産まれ方にちなんだ名前なのです)

いろいろと、語りたいこと、伝えたいこと…たくさんありますが、
まずはお披露目まで。

落ち着いたら、あれもこれもおしゃべりさせてくださいねー!

今後とも、裕二・千穂・ハル、
そして新しく仲間入りしたユキをよろしくお願いいたします。

その日に向けて

2012.07.15 22:12|かぞく・こども
臨月のツマ、千穂。
7月31日の予定日まであと2週間ほどになりました。

おなかはそれほど大きくなくて、まぁ、きっとコンパクトなほう。
体重は、実は妊娠前から2キロくらいしか増えていません^^; 驚きでそ。
どんだけ太っとったんじゃ、って感じですが、
つわりでやせて、そのまま健康的なからだになった感じ~(笑)
上のハルさんのときと同じ経過で、狙っていたとおりのつわりダイエット成功です、いぇい。
あとは授乳期のあの底抜けの食欲を、いい時期に落ち着かせていくことが
ダイエットの成否を問う大事なカギになるのです、経験上。
それが私にとっては闘いだな~。
だって、おっぱい飲ませていると、体力も気力も何もかも吸い尽くされてしまう気がして
それに何とか抗おうとするんだもの、食欲が。

さて、前回のハルさんのお産ですが…、
無事に産まれてきてくれたことでお産直後に「安産だった!!」と断言した私でしたが、
実は客観的に見たら難産でした、確実に。
88歳くらいのおばあちゃん先生がやっている助産院で産むはずが、
入院から一晩経ってもお産が思ったようになかなか進まないということで
急遽総合病院に救急車で搬送
別に救急車じゃなくてもよかっただろうに、まさかのあの局面で
人生初救急車を経験することになったもんだから、精神的なショックと疲労で陣痛が完全ストップ。
それが確か…お昼すぎ?夕方ちょっと前??
もう記憶が定かじゃありませんが…、それからまた一晩を総合病院の陣痛室で過ごして、
翌日の昼ごろから陣痛促進剤を点滴。
それでもすぐには陣痛はやってこず、薬剤の濃度をちょっとずつ濃くしていって、
最高の濃度になったところでようやく陣痛が。
それでも激痛にはならず(つまり子宮の収縮も開きも不十分)、
…てか、もしかすると自己流ソフロロジー的な感じで痛みをあまり感じないまま、
ようやく夜になって子宮口が全開になって23時25分ハルさん誕生。

分娩台で、「ピークの痛みがきたらいきんで!」と助産師さんに声をかけられたものの
「ピークの痛み」らしきものが来ないので、ちょっとした収縮をやり過ごしていたら
「今いきむところでしたよ!」と言われ。
えー、これでいいん?と思いながら、子宮の収縮が押し出してくれないので
人生史上初ってな具合に腹筋を動員して、腹筋の力で産み出したような、そんなお産でした。

オットは、めいっぱいいきむ私の背中を押してくれながら(なんちゅうても腹筋が弱いので
あの分娩台のバーを握ったぐらいでは自力では背中が起こせず、オットに起こしてもらってた)、
青紫色の私の顔を見て「このままじゃ千穂ちゃんが死ぬ」と真剣に思ったらしい。

壮絶だな、、、コリャ。


その後、つるんと産まれてきたハルさんの最初の姿を見たのはオットで、
さらにハルさんが卵膜に包まれてたのも見たらしく、それには非常に嫉妬してしまうわけだけども
とりあえず元気に産まれてくれて、それで「安産だった!」と断言するに至ったわけですが。


次は、ぜひとも、本当に安産したい。
これは、私(とオット…あの壮絶なお産リターンズは避けてほしいらしい)の切なる願い。


ここまで、体重管理はばっちりで、森のようちえんの活動で週2~3日はしっかり動いてるし、
それ以外の日も何かと動き回っているので、まぁまぁいいほう…なハズ。
(ハルさんのときは、9か月に入るかなって頃まで日本語教師&事務的な仕事、
その後広島に里帰りしてからは寒い季節だったので時たま散歩をする程度だった)
他に、友だちに教えてもらって三陰交というツボにお灸をすえたり、
体をできるだけ冷やさないようにしたり。

それから、臨月に入ってからだけど、遅ればせながら友だちオススメの助産師さんに
来ていただいて骨盤ケアを始めたり。

…この骨盤ケアがめっちゃくちゃ目からウロコで、んもぅ、ホント、お産前に知れてよかった!!
臨月に入ったら、赤ちゃんがだんだん下がってきて、お腹のかたちがしもぶくれになる…という
「定説」「常識」が実は間違ってた!!ってことを教えていただいて、いやもうほんとにビックリ。
今、私のお腹は高いところでまぁるくなってて、これでいいらしい、のです。いやほんと。

あとは、今週はいろいろと予定がつまってるので、
それが済んだらそろそろいつでも陣痛ウェルカムな状態になるように…、
友だちオススメのラズベリーリーフティーを飲んだり畑仕事に精を出したりしてみようかと。

前回のハルさんのとき、「これぞ陣痛!」という激痛を味わっていないので、
本格的な陣痛を経験するのは次が初めてになるハズなので…そこんとこ実は心配ヨロシクなんだけど。
心配や不安のないお産はナイ!!ので、お腹のなっちゃんと私のリズムが発揮されるように、
心をまぁるくもって、のぞみたいと思う、今日この頃なのでした。

テーマ:妊娠・出産
ジャンル:結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。