07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/6 集まろう!NO MORE ヒバクシャ みんなでウォーク

2011.08.03 14:52|未来をつくる
もうすぐ66回目の8.6がやってきます。

原爆と原発は同じではない、と考えている方もいらっしゃると思います。
広島県知事の湯崎さんも、残念ながらそのような考えであることが、
今朝の中国新聞にも載っていたところでした。

核と夢のエネルギー、原子力、核の平和利用…とことばがすり替えられて「原子力発電はエコで安心・安全なエネルギー!」と信じ込まされていたけれど、気がつけば日本中どこに行っても原発ばかり。
原発に大きな事故が起これば、その周辺ばかりか数百キロ離れた場所でも不安や危険と隣り合わせの
生活になること、ヒバクというのはどこか遠い国のお話か昔々のお話ではなくて、
現在と未来を生きる私たち自身の問題になり得ることが、現実のこととしてわかってしまいました。
放射能で苦しむのは、1945年の8月に原爆に遭ってしまった人々や核実験のせいで被ばくしてしまった
人々だけではなくて、原発が乱立しているこの時代の「私」や、「私」の家族、子どもたちです。

広島市長が読む平和宣言で「脱原発」を明確に訴えるかどうかが注目されていましたが、
本当はもうそんなことは論じるまでもない問題なんじゃないでしょうか。
何も手を打たず、原発を温存している間に「第二の福島第一原発」が生まれないとは誰も言えないでしょう?

だからやっぱり、今こそ脱原発をヒロシマから発信したいです。
原爆も原発も同じ核であり、死の灰を生み、必ずだれかがヒバクします。

だからやっぱり、原発・核兵器なしで暮らしたい。

今年の8/6は、心を合わせて原発も核兵器もない世界を確かに描き、ともに歩きましょう!
主催の「原発・核兵器なしで暮らしたい人々」は、新聞などでは「市民団体」と書かれていたりしますが、
メンバーは同じ想い(=原発・核兵器なしで暮らしたい)を持っている人すべてです。
だから、きっと、あなたもです。

イベントのブログから転載します。
http://ameblo.jp/8-6hiroshima-walk/

もしも当日、都合が悪くても、意思表示をするチャンスがあります。
この記事の一番下のほう、イベントの趣旨に賛同する個人や団体・お店などを募集しています。
企画運営のためのカンパも。

また、別記事でアップしますが、原発・核兵器なしで暮らしたい人々が
市民版の「みんなの平和宣言」をまとめ、その賛同も募集しています。
そちらにもぜひご協力お願いします。


8.6ヒロシマ NO MORE ヒバクシャ みんなでウォーク
  ~原発も核兵器もない世界へ~


原爆が投下され66年 核兵器廃絶を訴えてきたヒロシマ・ナガサキ
そして今、原発から出続けている放射能に苦しんでいるフクシマ
核による過ちはもう繰り返さない
原発も核兵器もない世界へ歩こう
命が大事
海・川・山・田畑を守りたい
子どもの笑顔を守りたい
みんなで未来へつなげよう!


日時:2011年8月6日(土)
場所:原爆ドーム前

8:30  原爆ドーム前のつどい
9:00  NO MOREヒバクシャ みんなでウォーク(原爆ドーム前スタート)
     中国電力前(申し入れ・座り込み)
11:00~30  NO MOREヒバクシャのつどい(平和公園噴水前)

ウォークコース:原爆ドーム前~中国電力本社前~平和公園噴水前(約2キロ)

1万人を目指しています!
平和記念式典終了後 9時スタート


※ 今回のウォークでは、
  66年前のヒロシマ・ナガサキから、フクシマまでの核被害者を想い、
  歌やシュプレヒコールのないおだやかに歩く区間があります。   
  プラカードなどに想いを書いてお持ちください。   
  中電前では、声や楽器でアピールしましょう!

主催 : 原発・核兵器なしで暮らしたい人々


<呼び掛け人>

青木克明(上関原発止めよう!広島ネットワーク共同代表) 
安藤志保(環境保全アドバイザー)
石岡敬三(オーガニック生活学校)
岡田和樹(上関原発を考える広島20代の会 ハチの干潟調査隊)
岡田黎子(被爆者)
嘉指信雄(NO DUヒロシマ・プロジェクト)
木原省治(被爆2世、原発はごめんだヒロシマ市民の会代表) 
西塔文子(プルトニウム・アクション・ヒロシマ)
坂田光永(原発震災を考える福山市民の会)
田中利幸(広島市立大学広島平和研究所教授) 
徳岡真紀(KADOYA子育ての会)
豊永恵三郎(被爆者、韓国の原爆被害者を救援する市民の会広島支部長)
中谷悦子(被爆二世教職員の会) 
原戸祥次郎(森と水と土を考える会代表) 
溝田一成(上関原発止めよう!広島ネットワーク) 
森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表、ウラン兵器禁止を求める国際連合(ICBUW)ヒロシマ・オフィス事務局長) 
湯浅正恵(広島・上関 リンク)
吉村健次(被爆2世、美しい錦川を未来へ手渡す会代表、ニセコの粉雪を守ろう会代表

連絡先 : 
080-5624-8747(石岡)
080-3882-2372(岡田)
090-4740-4608(久野)
070-5052-6580(藤井)
メール : mailto:hiroshima8.6@hotmail.co.jp

事務局 : 〒733-0022 広島市西区天満町13-1-709 FAX 082-297-7145
ブログ : 「みんなでウォークのブログ」http://ameblo.jp/8-6hiroshima-walk/


◎賛同して下さる個人・グループ(お店でも可)を募っています。
 mailto:hiroshima8.6@hotmail.co.jpまで連絡ください。
個人名・グループ名・お店の名前
県名をブログにアップさせていただきます。
100文字以内のコメントがある方は同じページに掲載させていただきます。

◎企画運営のためのカンパも募集しています。
郵便局振替口座
口座名:原発・核兵器なしで暮らしたい人々
振替口座番号:01330-9-101457


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

2011年みんなの平和宣言 賛同のお願い

2011.08.03 14:51|未来をつくる
今朝の中国新聞でも報道されているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
例年、広島市長が原爆慰霊祭で読み上げる平和宣言ですが、
今年は、原発・核兵器なしで暮らしたい人々も市民の視点から「みんなの平和宣言」をまとめました。
趣旨と内容を8.6 NO MORE ヒバクシャ みんなでウォークのブログから、転載します。
想いを同じくする方、ぜひぜひ賛同してくださいますようお願いします!


「2011年みんなの平和宣言」賛同へのお願い


 66回目の原爆の日がやってきます。世界が広島に注目するこの日、広島市長の平和宣言が公表されます。今年は福島原発事故を受け、エネルギー政策見直しについて言及するとのことですが、「核の平和利用」を前提とする核拡散防止条約(NPT)再検討会議を誘致しようする政策や、「脱原発」には「慎重」であるべきとする発言からして、今年の平和宣言に、私たちが多くを期待できるとは思いません。

 世界は被爆地ヒロシマからの声を待っています。福島第一原発の甚大な被害が日々拡大するなか、「核の平和利用」を否定することなく、許容できない被曝量を国民に強制する日本政府についてヒロシマはどう思うのか。 加害の主犯たる「原子力ムラ」に事故対応を一任し、ただただ忍従しているかにみえる「不思議」な国民がなにを考えているのか。世界は被爆地からのなんらかの説明を待っています。
 ですから、私たちは、私たちの声で、私たちの思いを、今こそ伝えたいと思います。「核の平和利用」などありえない。放射能被害をもたらす原発も原爆もあってはならい。被爆の受苦を想い、被曝の不安に寄り添い、未来に向かう、私たちの平和宣言を、世界に発信したいと考えています。
 
「2011年みんなの平和宣言」は、
 ・ 平和記念式典当日、英語訳とともに、式典参加者や国内外のメディア関係者に配られます。
 ・ 8時半より、原爆ドーム前において世界に向けてインターネットで発信されます。
 ・ 9時から開始の「原発・核兵器なしで暮らしたい人々」主催「8・6広島NO
   MORE ヒバクシャ みんなでウォーク」ではアピール文として発表されます。
 
 この平和宣言を「みんなの」ものとし、世界に届けるためには、皆様のご賛同が欠かせません。賛同者が増えれば増えるだけ、私たちの声はより強くなり、より遠くまで届きます。
賛同してもよいと思われる方は、お名前を日本語と英語 (英語表記がない場合、ローマ字表記も可)で、お住まいの都道府県名とともに、下記のアドレスまでお送りください。ブログに掲載します。


賛同送付アドレス minnanoheiwasengen@yahoo.co.jp
掲載ブログ    http://heiwasengen.sblo.jp/


 また、上記ブログでは、この平和宣言の姉妹キャンペーンである「私の平和宣言」も募集、掲載しています。この「みんなの平和宣言」に、皆様らしい「私の宣言」を付け加えてみてください。
 皆さまからのご賛同を心よりお待ちしています。 どうぞお友達にもご紹介ください。

原発・核兵器なしで暮らしたい人々




2011年みんなの平和宣言

66年前の今日 1発の原子爆弾が 広島を焼き尽くしました
そして今 福島の4基の原子炉から漏れ出た放射能が
ふるさとの野や山に降り注ぎ
世界につながる川や海に流れ込んでいます

「核と人類は共存できない」
あの地獄を生き延びた人間の叫びが
「核抑止」と「核の平和利用」の言葉でかき消され
声を奪われたヒバクシャを世界各地にうみだしています

「過ちは 繰り返しませぬから」
平和公園の碑に刻まれた 主語のない誓いは 
核による「平和と繁栄」を 国策にすることを許し
私たちは「放射能汚染」の 加害側にたっています

地球の恵みの中で 私たちは育ちました
そして科学と合理性の名の下に 地球をむさぼり
進歩のためにと 競い合いました

歩んできた道を振り返り 被爆地ヒロシマから 私たちは宣言します

地球を汚し 命を奪い 人間を破壊する核/原子力を 私たちは拒否します
暴力に仕える科学や法を 弱いものを犠牲とする文明を 私たちは拒否します
私たちは今ここから 地球のすべての生命が 共に在る未来に向かい 歩き始めます

2011年8月6日
原発・核兵器なしで暮らしたい人々


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

テーマ:ロハス&エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

広島のお母さんたち発信!署名&ピースマザーウォーク

2011.04.16 00:26|未来をつくる
久しぶりに、ちほです。

3月11日の東日本大震災、津波と福島第一原発の事故を受けて
広島のお母さん仲間とともに
poco a poco~あったか未来をつくる会~という活動を始めました。

被爆地・ヒロシマという土地で、学校の授業や夏休みの登校日、
じいちゃんばあちゃん父さん母さんから原爆のことを身近に聞き、
放射能やヒバクに対して幼いころから意識をもって成長してきた私たち。
しばらく広島を離れて愛知で暮らしていた私ももちろん例外ではありません。

お隣の山口県上関町に原発建設計画があることを知って
原発に対しても以前から関心のあったお母さん仲間ですが、
福島の原発事故の報道を目の当たりにして
「たまたま福島だっただけ」「自分のことだ!自分の子どもにかかわることだ!」と
改めてバチコーン!とお母さんスイッチが強に入りました。

今、何かしなきゃ!
子どもたちの未来を自分たちで守らなきゃ!
という想いで、アイディアや母力を持ち寄って動き出しました。


現在、
LOVE!ひろしま「安心して子どもを産み育てることのできる社会のための署名」
を集める活動とともにあれこれ前向きな楽しいことを考えています。
http://poco-a-poco.jimdo.com/

署名は、事業者の中国電力宛てではなくて、
育休をとって一躍全国区になった広島のイクメン代表(イケメンでもあります)、湯崎英彦知事。

中国電力への要望は、どうしても対立の構造を生んでしまう。
対立からは、ともに未来をつくるための話し合いにはなかなか進めない。
小さな子どもを抱え、子どもとともに行動することの多い私たちなので、
子どもたちに対立や「反対!」と叫ぶ母の背中を見せたくない。
だから、広島に住む私たちの代表としての湯崎さんに率直な母親の声を届けて、
広島から世界に向けて誠実に行動してもらえるようにお願いすることにしました。

趣旨に賛同してくださる方なら県内外を問わず署名していただけます。
電子署名も受け付けています。
私たちの想いや署名の詳細を上記HPに掲載していますので、
同じ想いを持ってくださる方、ぜひぜひ署名にご協力お願いします。
署名を広めるちからにもなっていただけたらうれしいです。

そして、みなさんの住んでいる場所でも一歩踏み出してみませんか?


私たちpoco a poco は現在会員約50名。
水曜日は発足後初の定例会、昨日は森のようちえんの活動のあと、
広島国際会議場で開かれたきくちゆみさんとのお話し会。
そして今日も満月農園のきょうちゃん、ゆい助産院のあきちゃん、
三次の素敵なパワフルお母さんといろいろ話し合ってきました。


今日の話し合いの中心は、これでした。
4月24日に広島のハノーバー庭園ででっか~いイベントがあるんですが(下記参照)、
そこに母ちゃんたち&子どもたち向けにブースを構えて
素敵&おいしいモノ(天然酵母のベーグル、びわ茶)の販売と
ワークショップ(風ぐるま、蜜ろうキャンドルづくり)などなどをします。
そして午後3時半からはピースマザーウォーク♪
リヤカーに子どもをのせて、風ぐるまや楽器を手に楽しく広島を歩きます!

普通のお母さんたちがこんなにも前向きに
いのちにやさしい未来を求めていることをアピールする絶好のチャンスです。
ちょっと興味あるなぁという人、みんなに集まってほしいなぁ。
かたいこと抜きで、とにかく楽しい1日になること間違いなしです。


このイベント自体は、広島でこれまで脱原発を訴えてきたいろんな団体の人たちが
「団体」としてではなく個人個人それぞれが主催者という気持ちで
背景や世代を超えて力を合わせています。
すんごく大きな動きです。
これって、きっと被爆地の広島ならではですね。(長崎もきっとそうだろうな~)
被爆した世代、被爆2世、3世、4世が集うんだからスゴイですよね。
それぞれの立場だからこそ言えること、できることがあって、
それが寄り集まるんだから「ものすごいことになる」としか言えません!

私たちの母ちゃんたち&子どもたち向けブースについては
数日中にpoco a poco のHPに掲載する予定です。

広島にお友だちのいる方、広島に来れる方、
陽気な楽しいイベントです♪ お誘いあわせのうえどうぞ☆



*****転載・転送大歓迎!*****

団体やら何やらすべての垣根を越えて共通の意識が大集合する日がやってきました、
4月24、26はヒロシマへGO!

以下転載歓迎、拡散大々希望!


原発なしで暮らしたい100万人アクションinヒロシマ


2011年3月11日、巨大な地震と津波が人々を襲いました。
現時点で確認できているだけでも、
1万2000人を超える命が奪われ、数十万人が被災しました。
そして、福島原発の冷却機能停止による放射能被害という最悪の事態が引き起こされました。
今このときも、空へ、大地へ、海へ、放射能をまき散らし続けています。
フクシマの警告を受けとめましょう。
1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故の日から25周年を迎えます。
放射能に国境も県境もありません。
私たちはみんな、核の風下の人々・・・
子どもたち、妊婦の未来を守りたい。

次の巨大地震がいつ、どこに、くるのかは分かりません。
島根原発(島根県)、伊方原発(愛媛県)の運転をやめてください。
浜岡原発(静岡県)など全国の原発の運転をやめてください。
上関原発(山口県)の建設計画を白紙撤回してください。
今こそ、再生可能エネルギー(自然エネルギー)へ政策転換させましょう。

1954年3月1日のビキニ環礁での水爆実験で漁船が被災。
杉並の主婦たちから始まった原水爆禁止の署名は国内で3000万人をこえました。
広島では100万人が署名しました。

現在山口県上関原子力発電所計画の中止署名も100万人まじか!現在95万人!

核兵器も原発もない世界を築いていくために、
被爆地ヒロシマから呼びかけます。

100万人のアクションを巻き起こしましょう。

”原発なしで暮らしたい”

**************************************************************************

★4月24日(日)日時:2011年4月24日(日曜日)
場所:ハノーバー庭園  (旧広島球場北側 広島市中区基町)
10:30~13:30 ノーニュークス・ライヴ&ノーニュークス・スピーチ
14:00~15:30 メイン集会
15:30~16:30 脱原発ピースウォーク&ピースマザーウォーク

★4月26日(火)チェルノブイリ25周年記念日
12:00       原爆ドーム前集合
12:30~13:00 経産省
13:15~13:45 県庁
14:15~14:45 市役所
15:15~      中国電力本店前
18:30~      チェルノブイリ-ヒロシマ-フクシマ・キャンドルナイト
            (キャンドルナイト主催::上関原発止めようネットワーク)

○団体名など無しで個人名での賛同者を募集します。主催:原発なしで暮らしたい人々
連絡先:原発なしで暮らしたい人々事務局:
メール: nuclerfreelife@gmail.com
携帯:(080-5624-8747・090-4740-4608・070-5052-6580)

○このイベントでは義援金を集めます。集まった義援金は「東日本大震災「つながりぬくもりプロジェクト」他に寄付をさせて頂きます。
※「つながりぬくもりプロジェクト」とは?
多くの避難所では電気やガスのライフ ラインが断たれています。その復旧の見通しが立たないなか、自然エネルギーを 活用した電気、お湯、お風呂を被災された方々にお届けするプロジェクトです。
http://www.isep.or.jp/tunagari-project.html

○「原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ」に賛同していただき参加者からの自主企画もどんどん行って下さい。
早速第一弾自主企画
★ピースマザーウォーク:
小さなお子さんのいる人や主婦のみんなで風ぐるまを作 り、一緒に歩きます。
(4/24 15:30よりハノーバー庭園にて同時開催)
連絡先 goat_ben_dog_leo_cat_noel@ezweb.ne.jp
08019340866

★大きなプラカードや花を手に持ち楽器を鳴らし、歌を歌いながらの集いにしたいと思います。ぜひ多くの人の参加お待ちしています。


**********


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

エネルギー・トーク・ライブin広島

2010.11.28 17:15|未来をつくる
原子力発電環境整備機構(NUMO)のエネルギー・トーク・ライブin広島に参加した。


原発ありきの話の進め方で、多少苛立った。
プレゼンも、いかに原発が必要なのかということのみ。

こりゃ、なんも知らんければ勘違いするわ!と思う。

トークライブ参加者が、
「子供や孫に負担を背負わせない為に、今本気で考えたいですね」
と、いう言葉があり、ビックリした。

方向性は違えど、そんな言葉は出るのだなあと感じた。


沢山の資料を頂いたが、
会場費や出演料等、無駄なお金が使われているなと感じた。

どのくらいの予算で事業が動いているのだろう?

その予算をすれば、次世代の持続可能なエネルギー開発の研究費に回せるのでは?
と、おぼろげながら感じた。

多くの考え方がある中で、原発が必要だと主張する人もいる。

世界で唯一の被爆国の日本
そして、被害のあった広島市
中国電力には、日本はもとより、世界を違う形でけん引していってほしいと願うばかりである。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

テーマ:ロハス&エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

9月5日 映画「ミツバチの羽音と地球の回転」広島上映会

2010.09.06 09:23|未来をつくる
遅くなりましたが、
5日の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会のことを書きまーす。


森のようちえんや農業つながりの友人・沖横田くんが呼びかけ人となって、
5日、広島ではじめての「ミツバチ…」自主上映会が開かれました。

準備段階の時期には愛知にいたから
スタッフMLは読ませてもらっているだけで申し訳なくて、
当日は夫婦でスタッフとして参加させてもらいました。
夫は何がどうなっとるのかよーワカランまま
スタッフ証を首から下げてあっちこっちで働いてくれました。
私もあっちへこっちへ。
上関原発建設予定地の対岸に位置する祝島の写真をパネルに貼りつけたり
来場者を会場に誘導したりしておりました。


SBSH0275s.jpg
↑午前の上映中、廊下で。


SBSH0278s.jpg
↑祝島のほのぼの写真。


上映会は、午前午後各1回。
間に監督の鎌仲ひとみさんのトークショーあり。
ヲルガン座に場所をうつして開催された夜の部を含めると、
全部で311人の方がこの日「ミツバチ…」を鑑賞したそうです。
たった一人でもいいから、観て感じて知ってくれたらうれしい。


SBSH0280s.jpg


さてさて、鎌仲さんのトークショーでは、
できるだけたくさんの人と分かち合いたいと
私はツイッターでつぶやきながらお話を聞いていました。
ツイートした内容を記録のために転載しておきます。
※は補足。


●イラク取材のお話。
 劣化ウラン弾で被曝し白血病になったと考えられる
 子どもたちを取材し困難を乗り越えて放映。
 600万人が視聴したはずだが反応なく、テレビの限界を知った。
※98年、映像作家としてNHKの番組を制作したときのお話。
 「困難」というのは、上司から放映を反対されたから。
 それでも鎌仲さんは劣化ウラン弾がどんなに子どもたちを苦しめているか、
 どんなに危険なものかを知らせなければとの思いから、何とか放映にこぎつけた。


●唯一の被爆国でありながら被曝・被爆とは何かを学校でも社会でも
 あまり教えられないことに気づき愕然とした。
 核の平和利用というものも含めてヒバクということを問いたい、深くえぐりたいと考えた。
※映画「ヒバクシャ 世界の終わりに」製作動機。

●核の平和利用といわれる原発でも放射能漏れを起こしてないものはなく、
 被曝した人は被害をうやむやにされる。
 広島の原発の入市被爆でも被害を認めてもらうまで65年程かかった。
 映画「六ヶ所村ラプソディ」では原発賛成派・反対派どちらにも偏らず
 観た人自身が選択できるように描いた。

●原発はエコ、原発がないと私たちの豊かな生活は継続できないと
 ものすごい予算を使って国民に刷り込む。
 他の生き方、未来はないのか。
 別の選択肢、未来を描くため映画「ミツバチ…」を制作。
 エネルギーに関する情報が日本にはなかなか入ってこないし
 誤解を与える伝え方をされる。
※「誤解」というのは、原発はエコ・原発は安全・原発以外に選択肢なし…など。

●原発がいい、悪いの問題じゃない。
 地球環境は悪化するしエネルギー資源はウランも含め枯渇する。
 新しい選択をしていく時代。
 「ミツバチ…」ではスウェーデンの選択を取材。
※ウランも地下資源なんだよね。

●六ヶ所村の再処理工場の近隣の農家の食卓にのぼるものから
 検出される放射能レベルは3年前の30倍。
 3年間の試験運転で!

●スウェーデンのエネルギー源の割合は石油が最も多かったが
 2010年についにバイオマスが抜いた。
 日本に比べて寒く、日照時間が短いスウェーデンでできたことが
 日本にできないわけがない。

●上関の田ノ浦は日本のエネルギー問題の関ヶ原。
 今後も原発に頼っていくのか(今後14基建設する計画)、
 自然エネルギーへ転換していくかの分かれ目。

●現在日本で稼動している原発54基のうち37基の建設を、
 たった4人の首相が許可した。
 莫大な利権が絡むと推測される。
 少子高齢化、エコ・節電が進み電力需要は減っているのに
 大量な電気を生み出す原発があと14基必要?
※中国地方ではこの夏島根原発が止まっていて(検査漏れ隠し事件のため)
 原発は1基も稼働していなかったのに、
 この猛暑でも電気不足になることなく何事もなく過ぎた。
 これは電気が十分足りている、上関原発をつくる必要がない、ということ。



監督のトークショーに続いて、午後の回で夫とともに映画を鑑賞。
えかったです。
「ミツバチ…」製作中に出されたDVD「ぶんぶん通信no.1~3」を
観ていても観ていなくても勉強になる映画だった。

特にスウェーデンのエネルギー事情。
波力発電もはじまっているって。
日本はスウェーデンの3倍ほども波力エネルギーが得られるのだそうです。
利用しない手はないよね。
このあたり、もうちょっとよく観てみたいから、
10月から始まる横川シネマでの定期上映にも出かけてみようっと。


SBSH0282s.jpg

夜は、鎌仲さんを囲んで、ホルモン焼き肉屋で交流会でした。
12日に農業の勉強会を主催するという方や、
加計の古民家で自給自足生活をしていてそういうのに興味のある人たちの
メーリングリストを運営している方、
サラリーマンを辞めて今後農業をやっていこうと考えている方、
同い年で沖横田くんたちとおもしろい活動をしている方などなど、
刺激を受けまくりな人たちとたーっくさん出逢えました。

鎌仲さんとも真向かいに座らせていただいて(恐縮)、
映画のことや農業のことなどなど楽しくおしゃべりできました。
(去年の11月に岡崎で会って少しお話させていただいて以来、2回めだった)


前の断捨離日記に書いた、
ラオスに出発間近な日本語教師のタマゴさんとも出逢えたし、
いろんな世代、いろんな職業、いろんな肩書きの人が
上関原発や平和に心を寄せてそれぞれ活動していることも知れて、
すっごくすっごーく勇気と元気をもらえました。

スタッフに誘ってくれたオッキー、ありがとう!!!


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

テーマ:ロハス&エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。