07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種まき(ダイコン)

2013.09.23 15:00|明日の為の技術
新規就農者の為の農業導入の参考になればと思い、
「今週の裕二」というタイトルで記事をアップしてきたが、
見たい技術が探し辛いと思い、「明日への技術」というカテゴリを増やしてみた。

昨日の「食の交流会」で、種まきの話がでたので思いついた。

今日大根の種を蒔いたので写真を撮ってみた。
これは、私のやり方であり、
それは違うと言う方も居るとは思うのであしからず。

まず、マルチに穴をあける。
(マルチが無い場合は、蒔き位置を決める)

穴をあける

土がふわふわの状態なので、ある程度土を押さえてやる。

土を抑える

面で押さえるので、体重を乗せてやる。

抑えた後

押さえた後は、この様な状態にある。

種を3粒蒔く
(何粒でも構わない。種の在庫が無かったので、これ以降は1粒づつ。)
どうでも良いかと思われがちだが、
種を落とす時の気持ちが大切。

頼むぞ!良いものになろうや!お願いします!と、ぶつぶつとつぶやく。
(声を出すのが嫌なら、思うだけでも良い)

種をまく

間引く事を考えて、多少の距離があった方が良い。


覆土は、別の土を準備する(畑の隅にある土で良い)

覆土

覆土を入れる

大根は嫌光性なので、種の3倍程度は土をかけてやる。
(そんなに神経を使う必要はないと思う)

覆土を抑える

覆土を押さえてやる。

力加減を伝えるのが難しいが、しゃがんで軽く押さえる程度で良い。

抑えた後

押さえた後の状態である。

その後発芽したら、間引きに入るが、
私は、見た目と、勢いがあるかをみて間引く。
双葉の状態も重要だと思う。

間引き

この場合だと、

間引き後

こいつを残してみた。

発芽させないと、初めの一歩が出ないので、
播種するときは、時間的にゆとりのある時が良いと思う。





ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。