08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧暦美人ダイアリーを買ってみる

2010.09.28 01:14|かぞく・こども
農と私のからだ(と森のようちえん!?)のために、
来年の手帳は旧暦美人ダイアリーにすることに決めました。

去年、小牧の古民家・ちごりの家のお母さん仲間がつかっていたのが気になってて。
手帳さがしを始めてからいろいろ見て歩いたけれど、
やっぱり月のリズムが書いてあって、かつオシャレで見やすいのがいいなぁと思いまして。
たった今、ネットショップで申し込みました。

実店舗では置いてあるところが少ないようなので、まずはネットでチェックが賢いかもしれません。


さーて、これからは、家のカレンダーさがしだ!
普通の西暦のカレンダーももちろん必要だけど、
旧暦ベースで野菜づくりにも役立ちそうなカレンダーがぜひ一つほしい。

この旧暦カレンダーか、今年もつくられるならこちらの菜園カレンダーを検討中です。
それか、NPO法人 全国有機農業推進協議会有機農業カレンダーか…。
(来年分はまだ発売になっていないようですが)

他にオススメのカレンダーがあったら教えてください♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ
ジャンル:ライフ

手づくりの日

2010.09.26 22:14|身のまわりのものをつくる
広島の実家に引っ越してきて、3週間。

2階の6畳二間の洋室が私たちの住まいになることになっていたけれど
荷物が片付かず、先日まで1階の玄関隣りの和室で寝ていました。

ようやく2階が何とか片付いて、
3日ほど前から2階で寝起きしております。

けれど、カーテンがない!
窓ガラスを通して冷気が伝わってくるし、
街灯の明かりや朝陽がさんさんと降り注いで、まぶしーい!!!

ということで本日、カーテンを縫いました。

sCIMG0978.jpg

チョー簡単、手抜きカーテン。
布端の処理はナシで、上はカードリングとクリップでつるしています。
素敵なドレープはないけど、一応開閉はできますことよ。

sCIMG0979.jpg

丈がちょっと足りなかったので、幅の同じ布を縫いつないでみました。
一番右の黄色い花柄の布は、過去、私のワンピースでした。
前立てのフリルと裾を生かしてみた。手抜きです。


出来上がったカーテンを夫に見せようと下におりて外をのぞいたら、
父も手づくりしていたよ。

sCIMG0982.jpg

小さなスタードーム(竹の骨組みを編んでつくるドーム)を
2つ組み合わせて、くす玉をつくるらしい。
ごはんからつくった糊で和紙を貼りつけていました。
がんばれパピー。


私は私で、カーテンのあとは夫・ゆうじのふんどしをば。

3枚完成。

3月に縄文エネルギー研究所の中山康直さんの話を聞いて、
以来完全脱パン(脱パンツ=ふんどし)生活の彼は
これまで3枚のふんどしをローテーションしてきました。
足りないと切実に訴えるので、重い腰をあげました。

しかし、下着を自分でつくれるっていいよね。
私もふんどしの枚数増やしたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:ハンドメイド
ジャンル:趣味・実用

森のようちえんのブログをはじめました

2010.09.25 01:48|かぞく・こども
森のようちえんのブログをつくりました。
◆ひろしまで森のようちえんはじめませんか
    http://moricco.exblog.jp/

なんちゅうか、ようやく心が決まって動き出すことができました。
しばらく、自分の心の動きを味わいながら、過ごしてきました。
うん、やっと。ようやく。

森のわらべ多治見園の浅井智ちゃんが、めいっぱい応援してくれています。
お母さん大学の仲間も、森のようちえん開園に向けて動いている仲間も、
一足先に森のようちえんを立ち上げた仲間たちも。

◆森のわらべ多治見園のブログ
    http://plaza.rakuten.co.jp/morinowarabe/diary/201009240000/
    ↑タイトルにご注目!(笑)

昨日ははじめての問い合わせがありました。
うれしかった。
応援のメッセージやメールもいただいて、ただただ感謝です。

焦らないで、心落ち着けて、周囲や環境に感謝して、
大事に大事にやっていきたい。
自分育ちの場として。

私の役割は、森のようちえんという選択肢を増やすこと。
それを選べる親子が1組でも増えたらいいな。


今のところはまだ何も決まっていなくて、
想いに共感して集まってくださった方とともにいろんなことを語り合いながら
ひとつひとつ手づくりしていくスタイルの森のようちえんにするつもりです。
最終的なかたちというのはたぶんなくて、
日々、年々、子どもと大人とようちえんが成長していくような。

さて、はじまった。
一歩一歩、進みます。


s100924_111601.jpg

写真は、昨日のお散歩で。
ず~っと気になっていたバナナ!?に初めて触れたハルさん。
すべすべなはずのバナナに、あるはずのないぶつぶつがある!!
それを取るのにご執心です。

体の半分が濡れているのは、散歩の途中で溝にはまったからでーす。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ:子育て
ジャンル:育児

田んぼから畑に

2010.09.23 23:42|作業日誌
9月11日、土曜日。
家の前の小さな田んぼを畑に転換する作業をしました。(あ、夫が。)

この田んぼは私たちが引っ越してくる直前に稲刈りが終わった田んぼ。
祖父の跡を継いで私の母と父が米をつくってきましたが、
この秋からはじまるこの地区ではじまる圃場整備・集落法人との兼ね合いによって
田んぼとしてつくり続けることができなくなりました。

ちょうど私たちが戻ってきたタイミングがばっちり合って、
遊休農地として荒らしてしまうのではなく畑に転換して活用することにしました。

同じ状態の小さな田んぼがもう1枚あるのですが、
何を植えるか、耕すか耕さないか、いろいろ思案してきたけれど、
この田んぼは耕して畑にして使うことにしたようです。


田んぼの土が乾くのを待っての、いよいよの作業です!
(稲刈り前の田んぼに、お隣の田んぼから水が漏れてきていたらしい~)

sCIMG0662.jpg

まずは、耕うん機の使い方を父からレクチャーしてもらいます。
先日ようやくミニ耕うん機が使えるようになった夫、今度はでっかいよ~。
ハルさんもドドドドドド…の音にビビりながらも一緒に見学ー。


sCIMG0663.jpg

どんどん起こすよ~。


sCIMG0669.jpg

「バックするときはのぉー」
と操作の仕方、運転のコツを伝授してくれます。
一歩間違えたら危ないもんね。大怪我をします。


sCIMG0691.jpg

「パーパ、がーんばれ!パーパ、がーんばれー!」
息子が声援を送っとりますぞ。
まだ土が湿っているので、まずは粗く起こして、
それから日を改めて何度も何度も往復をして、土を細かくしていきます。

時間がかかるね~。
でも機械がない頃は全部手作業だったんだよね。…あ、牛もいたか。

世の中便利になりすぎる傾向にあるのはあんまり好ましくないと思っているけど、
重労働から解放されて作業の効率があがる耕うん機の恩恵はありがたい。
今、誰よりも夫が感じているはずですね~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:
ジャンル:ライフ

サツマイモ争奪戦

2010.09.23 00:13|作業日誌
「ぎゃ~!大変じゃーーーッ!!」
と、畑仕事をしている母の叫び声が突然聞こえてきた!

家の中で遊んでいたハルと私は顔を見合わせて、
どたばたとガラス戸に駆け寄って外の様子をうかがう。
…と。

「大変じゃ!サツマイモがタヌキに掘られて食べられとるーッ!」

なんだ、そういうことか。
誰かが怪我をしたんじゃなくてよかったよかった。

安心した私とハルに、母から指令。
「外に出てきてサツマイモ掘ろうや~」

このまま放っておいてタヌキに食べられるより、
小さくてもいいから少しでも収穫しよう!ということらしい。

よし、やろう!
ハルもさっそく長靴を履いている。


sSBSH0225.jpg

畑に出たら、夫がミニ耕うん機で畑を耕していたよ。
母に教えてもらって、はじめての運転。
うん、なかなかサマになっています。

奥では父がホタルの幼虫のお世話中。

sSBSH0228.jpg

おお、育っておる。
餌になるカワニナ(巻貝)も大中小揃っていて、
ホタルが好き放題食べられそう。
(ホタルはカワニナを食べて育ちます)

思わず用件を忘れて父ご自慢のビオトープを見ていたら、母に呼び戻され。
サツマイモを掘り出しました。

sSBSH0226.jpg

ハルもばーばに教わって、イモを掘ります。
うんしょ、うんしょ。
ハルサイズの小さいのしか出てこない。

大きいのはどこだ~?

sSBSH0227.jpg

結局、この日掘りだせたのはこれぽっち。
小さいのしかないから、まだまだこれから育つはずだったのにね…なんて思っていたら、
最後にタヌキにかじられたでっかいサツマイモが出てきたー!

この様子だと、大きいのはぜんぶタヌキに食べられたようですね。
人間さま、タヌキに完敗。

少し離れたところにもうひと畝サツマイモが植わっていて、
そちらはタヌキの餌食になっていないのが救い。希望。

丹精込めて…というよりも実はこの夏の暑さに負けて
ほぼ自然にまかせて「信じて待つ」農で育てていた母は、落胆しておりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


★最近、森のようちえんのなかまを探しはじめました。
 まだはじめたばかりのブログだけど、よかったら遊びに来てね。
 興味のありそうな方に紹介していただけたらうれしいです。

「ひろしまで森のようちえんはじめませんか」
 http://moricco.exblog.jp/

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

ap bank fes'10 のこと 2

2010.09.21 02:21|かぞく・こども
マップを持っていない私は、「ライブ会場はこちら」という案内を頼りに
ハルを抱っこしたり歩いてもらったりしながらようやくライブ会場入口に到着。

ちょうどそこがフードブースでもあったので、
おなかがぺっこぺこな私はフードをいくつか買って、
会場に持ち込んで食べながらライブを楽しむことに。

おいしそーなフードと飲み物を買って、さあ、いざ入場!
…というときになって、ガーンな状況に気づくことに。。。

なーんと、入口を間違えていたらしい。
ほんとは南ゲートから入場しないといけなかったみたいで、
リストバンドとマップは入場時にチケットと交換とのこと。
しかも、ライブ会場入口ではその手続きはできず、
どうしても南ゲートまで行ってその手続きを踏んでこなければならない、そうな(泣)

大きなリュックを背負って、両手にフードを持って、
おなかぺこぺこで汗だくの息子を連れている私にはいささか酷な現実。
まーーーさーーーかーーー、
今、この状態の私が、南ゲートまで行って無事に戻って来られるかいな??

…と足踏みしていてもしょうがないので、
フードコーナーのテントの下でハルとまずは腹ごしらえ。えーん。
食べ終わって、食器を戻し、マイ箸を洗って、
…その食器洗いコーナーに置いてあった古布のかわいさに癒され、
ようやく南ゲートに向けてしゅっぱーつ。

sSBSH0239.jpg

んもう、このカンカン照り。
太陽が高いところにあるから、日陰なんてこれっぽっち。
ハルは眠気もあって、「おんぶー」「だっこー」。
汗びしょびしょになりながら、くらくらになりながら長い坂を下って
(帰りは上らないといけない!!)南ゲートに到着。ハァハァ。
そして何とか、ライブ会場入口に生還。←これはちょっと、ほんとにツラかった。

今度こそ、ほんとに、念願の入場ー!

sSBSH0247.jpg

大音響と大勢の人波にのって、ファミリーゾーンに到着~。
ファイミリ―ゾーンはすんごく人口密度が低くて
スペースはたっぷりあったけテントが小さく木陰も少ないので
みんな日陰に寄り集まって座ってる。
そんななか、何とか体が半分くらいは隠れそうなテントの日陰にシートを敷いて
ハルを日陰に入れて落ち着いた。

何だか、fesの公式ページで発表されている出演順とは記憶が違っているんだけど、
たしか、フードを食べていたときにBank Band with KANが歌ってた。
私がライブ会場に入ってから、GOING UNDER GROUND、
休憩ののちいっちばんの楽しみのMr.Childrenが登場!
うわ~い♪

ハルはハルで、隣りに座っていたお姉さんたちに遊んでもらいたくて
ちょっかいを出しに通ってた。

sSBSH0246.jpg


この時点でまだ夫は会場に到着してなかった。
でも、メールで、ようやく車は停められたこと、
キャンプサイトにテントをたててから会場に向かうことが書かれていた。
暑いのに、一人で…ありがとう、ごめんね。
でもミスチル、桜井さんラブ♡♡

「シーラカンス」、尾崎豊の「僕が僕であるために」、「I'll be」ときて、
「しるし」。

「大事なあの人を想いながら聴いてください」
桜井さんのその言葉に、夫を重ねながら聴いて…
♪ダーリンダーリン いろんな角度から君を見てきた
 共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ♪
に胸がぎゅーっときたところに、、、
ちょうど夫が歩いて近づいてくる姿が目に入って、
…思わずポロリと、いや、ボロボロと涙が出ちゃったぜ~。てへっ。

何か、観たことないけど、アルマゲドンの生還シーン(そんなのある?)みたいな。
そういう感じで、スローモーションみたいに見えた。

あれはすごかった。
んで、【es】に萌えた。


それからは家族水入らずでライブを堪能。
ムッシュかまやつのステージが観れたこと、Salyuのかわいさ、歌のうまさに感激。
そのほかの出演者やステージは、こちらに載ってます。
http://www.eco-reso.jp/fes10_report/18/


ライブが終わってから、月を見ながらライブ会場を出て、フードを食べて、
それからキャンプサイトへ。
ライブの大音響の中すやすやと寝て、パパが持ってきてくれたボールで遊んで、
ライブ終わりにうんちもしたハルは、もうめちゃくちゃ元気、ハイテンション。

夜が長かったです~。

あ、テントで横になっているときに、
22時頃かな、キャンプサイトでシークレットライブが始まり…。
0時をまわったころにSalyuが登場してアカペラで「to U」とかを歌ってた。
聴きに行きたかったけど、疲れと眠気に負けました…。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

ap bank fes'10 のこと 1

2010.09.17 11:47|かぞく・こども
えーと。
早2ヶ月も前のことだけど、書いちゃうぜーーー。


sHPNX0414.jpg

7月18日・19日、ap bank fes'10 に行ってきました。
ライブは18日、キャンプができたので19日のお昼まで。

到着は、18日の13時頃??
キャンプ用品もあったので、車で乗り込む。
とはいえ、会場内に駐車できない(※駐車チケットを買わなかった)ので
私とハルを夫につま恋のゲート前で降ろしてもらって、
夫はどこかに車を停めてきて、あとで合流することに。

つま恋内を運行するバスに乗って、ハルは機嫌上々。
私も念願のap bank fesに来られたのだから言うことなし。

ゲートの入口でfes係員の方に「乗馬クラブ前で降りてください」と
教えてもらっていたので、そこで降りようと思ったけれど、
バスの運転手さんが「ライブ会場へはこちらが近い」と別の停留所を教えてくれた。
ラッキー♪

教えてもらったバス停で降りて、ハルを抱いて早足で歩く。
14キロ近くなったハルは重くって最近は抱っこ時間が短くなっているけど、
このときばかりは違ってた。
遠くで、ライブの音が聞こえる。
だれの歌だろう。
早くライブ会場に入りたい!!
…その想いが馬鹿力を出させてくれた。
大きなリュックを背負っているのに、ハルを抱いて歩くのがつらくない!
おおぉッ。

と我ながら驚いてしまったけど、
もともと普段から気持ち次第でこれだけ抱っこできるってことか。
ハルよ、スマン。

汗だくになりながらバス停から坂道を下ると、とうとうfes会場だー!
(ここまでは「つま恋」の景色しかなかった)

sSBSH0231.jpg

sSBSH0250.jpg

何ここ。
夢の国?
広ーい芝生の野原がずーっとずーっと向こうまで続いている。
色とりどりの旗が風に揺れている。
Tシャツもいっぱい。
ネットで、一番ジミ~な農をモチーフにしたTシャツを買って
家族3人お揃いでこの日来て行ったけど、カラフルなのもよかったな。


ちょっと歩いていくと、鉛筆づくりのワークショップをやっていたので
ハルと二人、チャレンジしてみた。

いろんな種類、いろんな形の小枝から好きなものを選んで、
芯を入れてもらって、ノミで削る。
そうすると、こんなマイ鉛筆ができちゃった。

sSBSH0235.jpg

sSBSH0233.jpg

ハルも枝を選んで、途中までノミで削ったよ。
素敵な出来上がり。
どれも世界に一つだけの鉛筆というのがおもしろい。
こういうワークショップ、私もやってみたいなー。


鉛筆づくりワークショップのほかに、
竹細工づくりが楽しめるブース、大きなブランコが楽しめるアトラクション、
ほかにも様々なおもしろそうなブースがあった。
みるものみるものが新鮮で素敵に見える。
全部やってみたかった~。

sSBSH0238.jpg  sSBSH0237.jpg


さぁ、まだまだfes会場に入ったばかり。
ライブの音に誘われて、どんどん奥に入っていきます。
暑いー。汗が流れてくる。
おなかも減った。

この時点での気がかりは、車を停めに行った夫のこと。
どこにいるかな。停められたかな。
もう向かっているかな。

それと、私、会場マップを持っていないぞ。
みんなマップを片手に、その腕にはチケットと引き換えにしたと思われる
リストバンドをつけているぞ。
私はそれもまだ。

気になりながらも、腹ぺこのハルさんの手を引いたり抱っこしたりしつつ、
「ライブ会場」と書いてあるほうへどんどん進んでいく私であった。

つづく♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

ビビるぐらいに

2010.09.17 01:19|かぞく・こども
んーむ。

ビビるぐらいに書きたいことが毎日たまってゆきます。
さかのぼって書きたいことが山ほどあります。
写真もめさくさたまってゆきます。
山ほどあります。売るほどあります。

毎日、ハルが寝てからPCを開いて
ピクチャフォルダをのぞくのだけど、
あまりの写真の量と書きたいことの量にのぼせてしまって手が進みませーん。

こんなときあなたはどうする?
新しいほうから書く?古いほうから書く?
写真だけでもアップする~?!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

手前味噌のお手入れ

2010.09.15 23:12|食べものをつくる
2月と4月に分けて仕込んだ手前味噌ズ。


重石も入れず、梅雨明けの天地返しも行わず、
去年はじめてつくった手前味噌と同じく
「信じて見守る」スタイルでここまできました。

その手前味噌を今年はじめてお手入れしました~。

今年の我が家の手前味噌ズは以下の通り。
1.満月農園のワークショップで仕込んだもの
2.教えてもらったやり方で米麹をおこして我が家で仕込んだもの


・ はじめての手前味噌づくり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20090316
・ 手入れ
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20090913
・ できあがり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20091012

・ 今年2月…満月農園でのワークショップ
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1551483
・ 米麹づくり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1561029
・ 米麹づくり、リベンジ編
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1565934
・ 今年4月…我が家での手前味噌仕込み作業
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1568015
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1568659


仕込み以来はじめて蓋をあけます。
ドキドキ。
…カビが景気よく生えていますー。
(コワくて写真獲れず 笑)

そのカビを取り除いて、
ホワイトリカーで消毒したボウルに味噌を出して混ぜて、
洗ってホワイトリカーで消毒した元の容器に戻す。
これで今回のお手入れは終了です。
とはいえ、楽しい。


さぁ、我が家の手前味噌。
どうぞごらんくださいな。

1.満月農園ワークショップで仕込んだもの(2月)

SBSH0221s.jpg

塩気がいい感じにまろやかになっている。完成!
大豆をもちつき器のつぶし機能でつぶしてあるから、なめらか。


2.米麹からおこして我が家で仕込んだもの(4月)

SBSH0222s.jpg

SBSH0223s.jpg

まだ塩からい。完成はもうちょっと先。
大豆を手で握りつぶしたので大豆の粒がいっぱい残っている。
米麹がうまいこと働いてくれていて、カンドー!!!


早く味噌のストックなくならないかなー。
満月農園ワークショップでつくった味噌を食べたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

断捨離5 すごい出逢い、旅立ち

2010.09.14 23:30|かぞく・こども
「もうこれは手放す!!」
と超強気で決断したけれども、

「ほしい人もいるかもしれないし」
とちっちゃな望みをもって携えて帰ってきたもの。

それは、
日本語のテキスト&教師用参考書。

超がつくほど貧乏だった非常勤日本語教師時代…。
専門的な知識や技術、授業外の労働も必要なのに
非常勤講師というのは時給が低く、
悪いことに一人暮らし・彼氏ナシ・日本語教師としての経験も浅い。

こういう困窮した状況にありながら、
必要に迫られて買い集めてきたテキストや参考書たちは
いうなれば相棒。
いや、戦友か。

だから、もったいなくて、誰かのもとで戦友たちの命を生かせるならと、
誰にあげるというアテもなく持って帰ってきたのですが…。


すばらしいタイミングで、
出逢うべき人と出逢ったどー!!!!




それは、引っ越しからわずか3日後の今月5日。
広島で初めての映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会に
夫婦でスタッフとして参加したときのことでした。

スタッフの一人の女の子が、もうすぐラオスへ行くという話が聞こえてきて、
何となく「何をしに行くの?」と聞いてみたら、
なんと「日本語を教えに…」という答え。
しかも、これまでは言語学を研究していたから
日本語教師としての経験はないとのこと。
だから、テキストや参考書類は持っていないし、
出発直前の現在でもまだテキスト類は買っていない!

お互いにハッピー&ハッピーで、
テキスト類の行き先があっという間に決まったのでした。


これって、断捨離をしているから?
だから必要な時に必要な出逢いがくるようになったのか???


彼女は、今日出発。
私のもとから旅立ったテキストたちを携えて。
どうかどうか、私のテキストたちが役に立ちますように。
彼女と一緒に、日本語を学びたい人たちのお手伝いができますように。

彼女の活躍と無事の帰国を祈ります!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。