FC2ブログ
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.06.12 22:14|作業日誌
6月6日~6月10日

農業経営者学校(パソナ)
シイタケ廃菌床受領
草刈り
植え田なおし
田植え
しろかき

6月11日
吉和有機農園の有機農業講座

6月12日
息子とドライブ・交通科学館


法人の方の仕事は、特に変わりはない。
水周りの管理や、除草剤をふったりという感じである。

田植えについては、1か所だけ残っていたが、
そこは無事に終了した。

しかし、その田植えが終わってすぐに、
違う場所の2枚の田のヒエが凄いので、
植え治しをしようと言われ、もう一度代かきをした。

だいたい、GWごろから田植えが始まるが、
6月中旬となると、かなり遅いという印象は受ける。


自分の畑についても、時間を取れるようになってきた。

ハウスについては、1棟は炭素循環農法の準備で、
廃菌床(シイタケ栽培が終わった後のブロック)を敷きつめてみた。

ハウス1


作付については、まだ決まっていない。


もう1棟については、土ごと発酵の準備をした。

こめぬか1

大量の米ぬかを準備した。
それを、だいたい均等に土に混ぜる。
その後、ぼかし肥を薄くまき、土に混ぜる

こめぬか2


その後、マルチをし、水を大量にかける。
2週間ほど時間がかかるが、
どうなるのかを見てみたい。

土曜日は、吉和有機農園の有機農業講座に参加する。

雨だと思っていたので、気合いが入っていなかったが、
草刈りをして、それを畝間に敷きつめる。
その他は、サニーレタスの収穫とプチトマトの剪定

座学は、広島県有機農業研究会の伊勢村さんの講座となった。

話が面白いし、夢が持てる。
有機農業をされている方は、話好きな方が多いのだろう。

伊勢村さんに、エゴマの苗を頂いたので、自分の圃場に植えてみた。
以前から、畑の耕運だけはしていた。
日曜は雨が降る予報なので、吉和から帰ってきてから大急ぎでの準備となる。

こうゆうとき、一人農業は辛い。

あれや、これやと考えて作業する。

2時間ほどで作業が終わり、
ついでに、金ゴマ・黒ゴマ・白ゴマも種を蒔いてみた。

えごまとゴマ

本当は、あと半分程は食用ホオズキの予定なのだが…。
苗作りは、上手くいっていない。


6月も中旬を迎え、わしの小麦はいつ時収穫すれば良いのだろうと、
いかにも素人な事を言いつつ今週も始まる。

小麦



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト