FC2ブログ
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.06.27 23:11|作業日誌
6月20日
祖母収骨
小麦刈り取り

21日~22日
草刈り

23日~26日
沖縄旅行


祖母の収骨も無事に終了した。
この地域では、火葬場へ行かずに、地域の方の協力を得ながら野焼きする。

今まで、都会という都会では暮らしていなかったが、
野焼きというのは、初めての経験である。

しかし、現代の火葬と言うものは、2時間ほどで収骨となり、
受け入れるだけの時間がないと思う。

そういう意味では、野焼きというものは、伝えていきたい文化ではある。


その後、焦りつつ小麦の刈り取り、はざ架けとなった。

思えば、11月ごろに播種をし、
寒い中、麦踏みをし、
猫と戯れ、
いつの間にか、穂が出て、
いつの間にか、黄金色になり。

そして、いつの間にか出来ていた。

わし、何してたん…。

と、思うことはある。


今回の小麦は、味噌作りの為に使う予定である。

はざ架け



仕事の作業は、いよいよ草刈り作業が入ってきた。
待ってましたとばかりに雑草が伸びている。

法人での作業と同時に、大豆の播種、食用ほおずきの定植と忙しい。

猫の手も借りたいと言うが、我が家の猫では駄目だし、
監督の息子に手伝ってもらうと、作業が増えるし、
八方ふさがりとはこの事である。

23日からは、実母と沖縄へ旅行へ行くことになった。

いつも味方してくれていた「天」だが、
今回はそうもいかず、台風が来てしまった。

予定がくるってしまい、母がやりたかったことができなくなり、
申し訳ない思いをさせた。

農業もそうであるが、優先順位を考えて、柔軟に対応する能力を養う必要があると感じた。


流れる水の如く、柔軟な思考を持ちたいと思いつつ、
流れる水に流されてしまいそうになりながら今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト