FC2ブログ
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

お茶づくりのことなぞ

2011.06.29 02:31|食べものをつくる
沖縄から無事に戻り…日常生活に戻りつつある今日この頃。
どーしてもブログに書いときたい、特筆すべきことが山のようにあって、何から書くか迷っちまいます。

えーいやーーー!と何を血迷ってか、5月のことを書いちゃうぜ。


sSBSH0332.jpg

5月の半ばから2週間くらい、とにかくもう茶摘みに夢中でした。
子ども時代から散歩道にしている草道沿いに、大小のお茶の木があって、
朝に夕にと暇な時間を見つけてはお茶の木に通う日々。
装備も、何となく風流な竹かごから、しまいには年季の入った腰かごへとバージョンアップ。
石垣にしがみつきながら、ときには動物のうんこを踏んでしまいながらもひたすら茶摘みしました。

私をそこまで駆り立てたものはただひとつ。
茶摘みのときの、あの感触!!!
1芯2葉で摘み取るとき、何とも言えない手ごたえが指先から脳に心地よーく響いて、
わたしゃ茶摘みのトリコになっちまったのでした。


sSBSH0268.jpg

いやぁ、とにかく摘んだね。摘みに摘んだね。
でも…茶の木が豊富にあるわけではないので、一度に摘める量はたくさんじゃない。
むかーし田んぼの近くや石垣のそばに植えられたまま何十年も放置されてきた、
まさしく無農薬無施肥の天然オーガニックな茶の木たち。
それでも、摘んで摘んで、緑茶に加工してはじめて飲んだときのあの感動ったら!

sSBSH0285_20110629022244.jpg

湧きたつ香り。「芳醇」ってきっとこのこと。
色は薄いけど、香りと味がものすごい。鼻の穴の嗅細胞が全力で喜んでる感じ。


その後、長崎のお山のてっぺんに移住したケイコちゃんのまねをして紅茶づくりにもチャレンジ。
でも、忙しさにかまけて作業を延ばし延ばしにしてしまい、発酵もうまくいかず、
貴重なお茶の葉が妙なニオイになってしまい、たぶん紅茶づくりは失敗。。。

もしかして、今のうちなら茶摘みの時期にギリギリ間に合うか!?
明日雨が降ってなかったら、愛しのお茶の木の様子を見に行ってみて、できたら紅茶づくりリベンジしたひ。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:田舎暮らし日記
ジャンル:ライフ