FC2ブログ
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.08.07 22:28|作業日誌
8月 1日~ 5日

農業経営者学校「淡路島研修」(パソナ)
草刈り
大豆畑の耕運・土寄せ・水あて
イチジクの支柱準備
ライスセンターの整理

6日
有機農業講座(吉和有機農園)
自分の畑の手入れ

7日
秋野菜用の土の準備
息子とデート


コシヒカリの田は、徐々にではあるが穂が出てきた。

この様な目で田を見たことがなかったが、
他の地区の田も気になるようになってきている。

法人の仕事と言えば、
カメムシ対策の為の草刈り、ライスセンターの整理、
いもち病やカメムシ等の対策用の防除(農薬を撒くこと)
である。

毎日の炎天下での作業で、毎日頭が痛くなる。
軽い熱中症なのだろう。

暑い時間帯の作業は、考えてしなさいと言われても、
事務作業はしていないので、野外での作業になる。
現実的に、日が昇り日か暮れるまで作業しているので、
考える余地もない。

夏が過ぎたら、体調が戻らなくなるから、気をつけろと言われているので、
一応、頭には入れておこうと思ってはいる。

自分の畑については、やっと食用ホオズキの苗を全て定植し、
出荷用のニンジンも芽が出てきている。

次は、秋野菜のハクサイの為の準備をすることにした。


ここは、両親がソバを蒔くと言うことで準備していた畑だが、
急遽、変更になり好きに使って良いということになった。

セスバニアと言う作物を蒔いていたのだが、土づくりの実験の為に、
少し刈っておいた。

そこに、中熟馬糞堆肥、米ぬかが主成分のボカシ肥、廃菌床を入れて耕運してみる。

耕運前


思えば、トラクターには去年の10月ごろに初めて乗った。
ビクビクとしながら、良くわからないで作業をしていた事を思い出す。
今では、大体思ったように土を耕運出来るようになった。
別に大したことではないが、妙にうれしい。

その後、黒いマルチと、透明のマルチを張る。

理由については、どちらがどのような効果があるか知りたい為である。

耕運後



黒いマルチは、雑草抑制効果があり、夏の地温上昇を防ぐ効果があるらしい。
透明のマルチは、黒いマルチより地温が上がり、病原菌を殺菌する土壌消毒の効果が高いらしい。
その代わり、雑草抑制の効果はないようだ。


「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」


オットー・フォン・ビスマルクの言葉であるが、
この言葉からも分かるように、私はもちろん「愚者」である。

今や、ネットや書籍で調べれば、ある程度の事が分かる。
人の失敗を生かせば、成功への道は近いと思われる。

しかし、私は回り道をしたいのである。


人の失敗と、自分の失敗は同じではないと思う。
失敗を恐れ、良さそうな道を進むと言う生き方自体が好きではない。
経験を蓄積し、勘と言う物がさえてくるのではないかと思う。

農業と言う分野は、その勘と言うものが難しさを感じさせるのかもしれない。

農業者も職人である。

慣行栽培は、職人であった農家を、素人でも農業が出来るようにした事においては、
功績であると思う。

そうでなければ、戦後の食糧需給は賄うことはできなかっただろう。


話が偏り始めたので、こりゃいかんと反省しながら、
我が畑のゴマに、怪しげな蚕(カイコ)のようないも虫がついて、
あまりにでかくてビビりながら今週も始まる。

蚕?




ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト