FC2ブログ
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.08.30 22:56|作業日誌
8月22日~28日

堆肥受領(もみ殻牛フン堆肥・竹チップ牛フン堆肥)
草刈り
広島県有機農業研究会現地研修会(安芸太田町)
イチジク・稲の防除
ソバ畑の溝上げ
秋野菜の為の畑の準備

法人の仕事は、イチジクの畑の手入れと
キャベツ・広島菜・ソバの畑の畑の準備であった。

いつもの一人農業とは違い、
地元の皆さんが来てくれる。

いつもは、一人なので、作業中会話することは無い(当たり前である)
人が多いと、キツイ作業も楽しくできる。


田の集積工事の圃場整備は、一向に始まる気配はない。

しかし、キャベツ・広島菜・ソバの畑は、徐々にではあるが、
畑らしくなってきた。



個人的な農業では、世羅町と言う片道100km程の場所にある、
「フローラ世羅」と言う所へ、もみ殻牛フン堆肥を頂きに行った。

堆肥場1

堆肥場2


堆肥場3


羨ましくなるほどの堆肥場を持っている。

これだけの施設があれば、かなり安定して堆肥を作ることができるであろう。


スコップ1本で堆肥を作ろうとしている私とは、雲泥の差である。


別の日ではあるが、「NPOさとかんサポート」の方が来られ、
竹チップ牛フン堆肥を持ってきてくれた。

今回は、これらを用い比較栽培する予定である。


堆肥

(手前がもみ殻牛フン堆肥 奥が竹チップ牛フン堆肥)



その後、広島県有機農業研究会で借りた「Dr・ソイル」を用い、
土壌分析をしてみる。

土壌分析

大人の科学の様な感じでワクワクする。


かなりアバウトな数値ではあるが、
多少、土壌の状態を知ることができた。

その結果をもとに、堆肥を入れJAS有機適用資材の苦土石灰と有機石灰とボカシ肥を入れて耕す。

たかが1畝程の畑だが、クワで畝を立てるのは結構しんどい。

これでもかと言うくらいに汗をかき、8本の畝を立てた。

秋野菜の畑


真ん中から左側が竹チップ堆肥で右側がもみ殻堆肥である。

どのような差ができるか分からないが、
とても楽しみである。


先日、我が家のゴマを多少収穫してみたが、
味は微妙であった。

妻が、炒ってくれた様なので、それを食べてみた。


 ま い~!

味音痴のワシでもわかる!



市販のゴマと食べ比べてみる。

お世辞ではないが、我が家のゴマの方が旨い。


しっかりとゴマの味がする。


これがゴマか!


栽培期間は、結構放任であったが、
妻いわく、製品にするには大変らしい。


わしはもっぱら作る方に専念し、
出荷調整は妻にさせようと悪い裕二が見え隠れしながら今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト