08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2011.09.28 22:54|作業日誌
9月20日~9月25日

法人作業
葉イモチ対策・防除(稲)
稲刈り
草刈り

自分の農業
ゴマの収穫(出荷用)
ダイコンの種まき
炭素循環農法の交流会(安芸太田町)
有機農業講座(吉和有機農園)

最近の法人の仕事は、もっぱら草刈りとなっていた。

稲刈りについては、コシヒカリの刈り取りが全て終わった。
次は、ヒノヒカリの収穫になるが、10月中旬になる模様である。

急激に気温が下がり、葉イモチが発生した。

米につく病気であるが、モミが枯れてしまい、
収穫量が激減する。

今から、病気を治すことは出来ないが、
少しでも症状を抑えるために、防除をする。


自分の農業については、
ついにゴマを収穫。
乾燥の為にハウス内に入れる。

量的には大してなさそうであるが、
初めての商品になりそうである。


少しでも多くに人に、まともなゴマを食べてもらいたい。

(収穫中のゴマ)(2度の台風に見事に耐えてくれた!)
収穫中のゴマ



23日には、炭素循環農法の交流会
炭素循環農法を広めている林さんがブラジルから来られた。
静岡に在住の、城さんも来られ、とても面白い話を聞く事が出来た。

来年には、炭素循環農法で、無肥料・無防除の稲作りをしてみたい。

法人としては、難しいかもしれないので、
自分で農地を借りてという形になるかもしれない。

25日には、地元の防災訓練。

警察・消防・自衛隊と地域の方の合同訓練。

この訓練をメインで企画実行した義父は、本当に凄いと感じる。


高速隊のパトカー


軽装甲機動車


久しぶりに、自衛隊の方と交流し、
「こんな時代もあ~ったねと!」と、感傷に浸りながら今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今週の裕二

2011.09.22 22:45|作業日誌
9月12日~9月19日

法人作業
モミすり
稲刈り
草刈り

自分の農業
スティックセニョールの補植(出荷用)
ハクサイの苗作り・定植(出荷用)
ニンニクの定植(出荷用)
ダイコンの種まき
玉ねぎの苗作り
ニンジンの種まき

ついに、米の収穫時期が来た。
法人のライスセンターでの作業も多くなる。

ついに、わしにもこの日が来た。

稲刈りである。


私の車の前に置いてあったコンバイン。
物置にするのに好都合で、しばらくコンバインと気がつかなかった。

コンバイン

いかにもハイテクそうな気がしていた。


機械に載り、米を収穫できる。


夢のような機械である。


前年から整備はしていないようであったので、手入れしてみる。


コンバインの心臓部を開けて見てみる。


心臓部


なんじゃこれ~


以前、麦を脱穀した時に使った


脱穀機


ミノル式の脱穀機と同じじゃないか!


コンバインと言うから、脱穀するところにハイテクな何かがあると思っていた。


なんとローテク。


実際に、稲を刈ってみると、
稲を起こす先端の部分が、良い仕事をする。


コンバインでの稲刈りは、結構面白い。

しかし、稲には細かいとげが付いているらしく、
それが、結構シカシカとする。


自分の農業では、もっぱら秋野菜の植え付けや苗作り。


時期を外してしまった、食用ホオズキは、放任している為に早急に手入れが必要である。
ゴマも収穫適期に入り、あれやこれやと作業も入り、あたふたしている。

そんな中、家族サービスも大切だと言うことで、
今度は、家族で神楽を見にいく。


私と息子、
すっかり神楽にはまり、
七五三の写真撮りに、神楽の衣装があればなと馬鹿な事を考えながら、今週もはじまる。


神楽








ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

今週の裕二

2011.09.11 22:29|作業日誌
9月 5日~9月 11日

法人作業
ブロッコリー・広島菜の定植
草刈り
稲起こし

自分の農業
草刈り・草削り
スティックセニョールの定植(出荷用)
ハクサイの苗作り(出荷用)
ほうれん草播種(出荷用)
ジャガイモの播種(出荷用)
ゴマの選別(出荷用)
ニンニクの畝作り


盆は過ぎたが、昼間は暑い。
森林組合並みに、毎日草刈りが続く。

今週、ブロッコリーと広島菜の定植が終わる。
約2反分だが、暑い時期の定植なので、注意深く観察したい。

約2町のソバについては、芽が出ているところと、出ていないところがある。
正直理由がわからない。
トラクターの設定は一切触っていないし、播種機もずっと動いていたと思う。

種が、深く入っているところがあるようで、
なんらかの理由で、覆土が多かったのだろうと思う。

自分の畑については、秋野菜の播種が始まる。

去年はどうだったろうと、ブログを確認してみたら、
去年の今日、初めてトラクターを乗ったようである。
去年の記事

去年は稲刈りが終わっていて、
稲わらが多く、鋤き込んでどうなるんだろうと思っていたが、
今は、綺麗になくなっている。


そして、去年は全滅であった野菜たち。

今年はどうだろうか?

記事を読んでいくと、去年を思い出す。


そういえば、畝の立て方から、水管理、何も知らなくて、
母さんに指導を受けたなとしみじみ思いだす。

1年でどの程度成長したか分からないが、
秋野菜が全滅し、
あれ?去年と同じじゃん…と、ならないようにしたい。


約1反程の大豆については、
体ばかりが育ち、実の方に栄養が行っていないと指摘され、
伸びすぎている部分を、草刈り機でカットする。


大豆畑

分かりにくいが、左が伸びている状態
右がカットした状態。

その後、酢と唐辛子エキス抽出後の木酢液と、牡蠣がらを溶かした液を、500倍程に薄めて葉面散布する。


酢は生育転換を促す目的でまいてみた。
(体を大きくするのではなく、実の方へ栄養を行かせるため)

実は、花が咲くころにやりたかったのだが、
作業が後手に回り、出来なかった。

この様な作業も、実験も兼ねているので、
カットしていない畝や、葉面散布していない畝を作り、
実がどのようになるのかを確認するつもりである。

炭素循環農法の家の畑では、ゴマを刈り取り、
全て収穫した。

ゴマ

大した量ではないが、興味がある人に食べてもらいたくて、
選別作業をしている(妻がメインでやってくれている)
(販売予定です)


ゴマをすった時の、香りの立ち方が、全然違う。


そのゴマについていたカメムシ

今まで、見たことはない。


インデアンカメムシ(裕二命名)


中央辺りに居るのだが、カラフルで面白い。
「インディアンカメムシ」と命名した。


今まで生きてきて、これほど多くのカメムシを見た事は無い。
しかも、多くの種類が居るらしい。

恐るべしカメムシ一族


今週から、稲刈りが始まり、
1番忙しい時期が来たぞと覚悟しつつ、今週が始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

今週の裕二

2011.09.04 22:28|作業日誌
8月29日~9月2日

ソバの播種(約2町)
キャベツ・広島菜のマルチはり


9月2日~3日
自分の畑の台風対策
草刈り

法人の作業は、もっぱらソバとキャベツと広島菜関係の仕事である。

ソバの播種は、トラクターの後ろに付ける機械にがあり、
基本的に一人で出来る。

しかし、ソバ畑の周りの溝あげが適当だったので、法人の組合員さんに(近所の方々です)
クワによる手作業をさせてしまった。(時間も限られていたので仕方ないと思ってはいる)

思えば、4月の田起こしから始まった法人での作業であるが、
今の思いをしっかりと記録し、誰が作業しても同じレベルになるような教育システムを作りたいと思う。

しかし、農業と言う物はやってみないとコツも分からない。

そのあたりも加味して、後継者を育成できる態勢も確立したいと思う。
(後継者がいつ来るのかは疑問だが…)


多少、愚痴も入ってしまった。


申し訳ない。



皆さんもご存じの事だと思うが、
今週は、台風がきた。

当初、東海地方の方に進路があったのが、
日に日に、西寄りに修正された。

うっそ~と、思ったが、
準備不足の私の畑は、もろに被害を受けた。


ゴマ

エゴマ

ゴマは、なんとか立っていると言う感じ。
エゴマは、脇芽がボキボキと折れてしまっていた。

なんとも情けない。


週末には、今借りている畑の草刈りをした。

畑の風景1

この家は、現在空き家になっている。
いつからかは、私は知らない。

今年、ここに住んでいたお婆さんが亡くなられた。

草刈りをしている途中、ふと作業が止まる。

おや?

一角に、白くて可憐な花が咲く。

綺麗な花だ

花の事は、まったく知らない。

もしかしたら雑草なのかもしれない。


しかし、一角だけあるこの花は、
お婆さんが好きな花で、種を蒔いていたのかもしれない。

そう思うと、思わず刈らずに残しておいた。


花が綺麗だと思える人間は、心にゆとりがあり、
とても高貴な存在だと思う。

遥か昔、人が亡くなった時に、花を手向けたのはネアンデルタール人が最初と言われている事を思い出した。

ホモ・サピエンスとは、直系ではないようであるが、いつまでも花を綺麗で思える人でありたいと思う。


その後、息子とデート。

また、神楽を見に行く。


威風堂々たる後ろ姿。
すでに、風格がにじみ出る。

姿勢が良い!

周りを見ても、正座をして見ているのは、我が息子しかいない。



まだ3歳であるが、神楽が好きで毎日舞っている。
この息子に何をしてやれるか分からないが、
毎日を、楽しく過ごすことだけを考えてゆきたい。

8月31日で、自衛隊を退職して1年が過ぎた。
1年間、支えていただけた皆様と、私自身に感謝しつつ今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。