FC2ブログ
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.10.23 21:44|作業日誌
10月17日~10月21日


法人作業
稲刈り
ほうれん草畑に堆肥蒔き


自分の農業
人参の初出荷!!
玉ねぎの畝のマルチ張り

22日・23日
戸山ふれあい祭り


今週は、毎日稲刈りとなった

日曜日の神輿の筋肉痛がきつい。


一人でコンバインを走らせて、モミ袋を調整しながらの作業も上手になったと思う。


コンバイン作業1


コンバインの作業風景は、こんな感じである。

で、

稲が直線になっているところの隙をつき、
コンバインを勝手に走らせて、


コンバイン作業2


コンバインの後側についている、モミの入っている袋を調整したりする。


そして、今年最後の稲刈りが水曜日にあった。


JAの広報が来て、作業風景を撮影する予定であった。


今日の作業面積は、およそ2反。
一人で1日で行うにはキツイ。

モミの袋を持つのがきついので、軽トラックを田の中に入れてみた。


ぎゅうぃ~ん…


田が柔らかく埋まってしまう…。

作業を急ぐと、ろくな事が無い。


そろそろ、JAが撮影に来るとのことで、地味に焦る。
まさか、田に軽トラがはまっている状況を撮られる訳にはいかない。


小さい脳味噌をフル回転し、なんとか脱出に成功


コンバインの作業に入る。


刈りはじめて10分後



今度は、コンバインが止まる。

何故じゃ!

ただでさえ、忙しいのに…。


そして、コンバイン作業を撮りに来たJAの広報は、
コンバインが止まってしまった原因を探す姿を撮影して帰る。

何ということだ!

情けない所を撮られたものである。

いつもの様な作業着ではなく、他所行きの、おしゃれなつなぎを着て…。


張りきっていたな~ わし…。


JAの農機に電話をして、来てもらうことにした。

その間、近所のおじさん方が心配して見に来てくれる。


そして、違うおじさんが田に居る私を見ながら軽トラに乗り近づいてくる。



「お~ぃ! コンバ」


がしゃ…。

おじさんの軽トラの前輪が、側溝にはまる。


申し訳ない…。
おじさん。
わしのせいで…。

JA農機の方が来るまで、脱輪した軽トラを引き上げる作業となった。


その後、無事引き上げる事が出来、JA農機の方に見てもらう。


原因は、ベルトの劣化であった。

ベルト


こうなっていては、動くものも動かない。


今年だけ動けばよかったコンバイン
ベルトを換えたくは無かった。


修理が終わり作業が始まったのが12時
通常なら1反5畝程が限界であった(コンバインの性能差はあります)

しかし、各ベルト類を調整した後のコンバインは絶好調で、
バリバリっといける!

スイスイッと刈り取りが出来、
何とか終了する事が出来た。

最後の稲刈りは、記憶に残るものとなった。


自分の農業については、
人参の初出荷をした。

R食材の沖横田さんに来てもらい、圃場の説明をする。

R食材


結構好評な様で、本当にうれしい。


ある日、息子が夕食の時に言った。

「一番おいしかったのは?」

「これ!」

それは、私の作った人参の天ぷら

並みいる強豪のおかずをを押しのけて、見事1番!


味音痴なわしの舌は信用ができない。

化学物質に汚染されていない子供の味覚が選んでくれた。


本当にうれしかった。


「咲とやま農園」として、今後R食材さんで定期的に出荷する予定である。

しかし、現在勤めている法人で、
私の有機農業を法人の時間でやってよいと許可を頂く。

そのような流れで、出荷して間もない状態ではあるが、
「咲とやま農園・石井ファミリー」は、長くは続かないものとなりそうである。


しかし、私の希望は、法人で有機農産物を生産できる事。

来年は、無農薬無化学肥料米を作らせて頂けることになった。


今後、どのような形になるにしても、
安心・安全な農産物を胸を張って出荷出来ることは、本当にうれしい。


濃厚な1週間を過ごし、
稲刈りも済んだし、一息つきたいと甘えた事を考えながら今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
スポンサーサイト