FC2ブログ
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.12.11 18:04|作業日誌
12月5日~12月11日


法人作業
田の耕運
小松菜の移植作業


自分の農業
大豆の乾燥調整( (農)えーのーに依頼 )
ゴマの選別
畑の手入れ

肥料を入れて耕運する作業が終わり、
とうとう、トラクターの作業も終わりとなった。

4月初め、200時間余りであったトラクター。
現在は500時間を指している。

義父のトラクターを借りて乗っているのだが、
購入して、おそらく10年は経っていた。

それを1年もたたないで、倍以上乗ってしまった。

お疲れ様の意味も込めて、洗車、グリスアップ、オイル交換を行った。


しかし、米の有機栽培を行う田は、年内にもう一度くらいは耕運したいと思っている。


ハウスでの小松菜の栽培が始まり、気になる日々である。

播種機で種を蒔いたのだが、上手に蒔けていなくて、現在移植作業をしている。

1日中、アヒル歩きである。
作業終了後には、腰が曲がってまっすぐ立てなくなる。

そういえば、アヒル歩きって体に悪いんだよな~と感じながらの作業
思えば、去年も白ネギの定植で、このような作業をしていたなと思いだす。

しかし、去年の様な寒風吹く中の作業ではない。
ハウスの中というだけで、風が来ない。

物凄く幸せを感じる。


ラジオをかけての作業「公務員のボーナス日です!」と流れる。

おお!

そういえば、そんな物もあったなと失笑する。


自分の農業では、収穫が終わり乾燥してあった大豆を「(農)えーのー」に持ってゆく。

軽トラ2台で、石井家総出の作業となる。


乾燥調整はお願いすることにした。


土曜日は、広島県有機農業研究会のくらし部会主催のイベントが西風新都ICの近くのこころで行われた。
広島県有機農業研究会のブログ→ここ


私は、地元の作業支援で少ししかいる事が出来なかったが、
昔ながらの作業を通じ、多くの方が繋がれば良いなと感じた。

私の作った白菜が、美味しかったと言われ、
お世辞でも嬉しいなと感じつつ、
来週の17日は、日本農業技術検定3級の受験ではないかと焦りつつ、今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
スポンサーサイト