12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2012.01.29 19:35|作業日誌
1月23日~1月29日


今週の主な作業
小松菜の出荷
タラの芽の水耕栽培
大豆の選別
温床作りの為の落ち葉集め

その他
将来の自分の家と山の打ち合わせ
神楽門前湯治村(息子と2人で行く)
バイト登録
献血
古道具や巡り


今週は、久しぶりに雪の降る週となった。

おかげで大豆の選別も進み、A品(粒の大きい物)が残り30Kg程となった。

B品を使い、我が家も味噌作りをしないといけない。


今年は、有機栽培のコメを作るため、野菜の栽培は制限をしようと思っていたが、
将来自分たちが住む家が決まりそうで、自給自足の生活の為にも、およそ50種類程の作物を作ってみようかと思っている。(不定期ではあると思うが、野菜セットの様な形にできたらと思っている)

結構、荒れ地があるので、家が購入できそうな段階で、
土地の持ち主にお願いし、開拓したいと思っている。

すでに、木が生えているので、簡単にはいかないが、結構な広さがあるので楽しみである。

予定しているところが借りられれば、無農薬・無化学肥料栽培の区画は、およそ3反程あるのではないかと思われる。

本当に大忙しの予感がする。


あまりにもやる事があり、その激流に飲み込まれるのでは?と
やってもないのに不安になりながら今週も始まる。


※現在収穫できるもの

「無農薬無化学肥料」
大豆
小松菜
白ゴマ(少々)


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
スポンサーサイト

タラの芽の栽培(水耕栽培)

2012.01.24 16:20|作業日誌
私がタラの芽と出会ったのは広島に来てからである。

それ以前からも、知っていたのかもしれないが記憶には無い。

しかし、一般的に春の山菜と言えば、真っ先に「タラの芽」が思い浮かぶのであろう。


そのタラの芽、てっきり天然ものしかないと思っていたが、
何と、栽培できるようである。

今回は、水耕栽培にチャレンジする。

この記事のカテゴリが「有機農業」になってはいるが微妙な所である。
(気にしないでほしい。)

まずは、土に生えているタラを切ります。

タラの芽2

切る位置については、生えている方に芽を残す事が大事だそうだ。
(そうじゃないと、今年伸びてこない?)

切断風景


大体15cmくらいに斜めにカットします。

発泡スチロールの中に、苗を作るセルトレイを切って入れます。
(128穴が基本です。他にも太さにより使い分けてください)

これが面白いように丁度良いサイズになる。

本当は、全ての発泡スチロールをつないで、水位を調節する穴を付けて、
蛇口をひねれば、すべていきわたるようにしたかったが、
あまりに面倒で、一つ一つに水位を調節する穴を加工した。
(穴は、セルトレイの上部が浸るくらいに加工)

ビニール内1


後は、ビニールでトンネルして終わりです。


完成写真

去年は、水を換えるのを忘れてしまい散々であったとのこと。

今回は、しっかりと管理したいと思います。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2012.01.22 18:22|作業日誌
1月16日~1月22日


今週の主な作業
大豆の選別
大豆の出荷
田の耕運(トラクター)
温床作り

その他
リフォームの見学
広島県有機農業研究会の総会(家庭の事情により途中退席)


今週は、この時期にしてはとても暖かく、久しぶりに雨が降った。

農家の皆さんは、冬場は何をしているのだろうか?と疑問に思うところではあるが、
案外、ごそごそと忙しい。

現在、ハウスで小松菜とほうれん草を作っているが、化学肥料を使っているハウスと、
無化学肥料のハウスに分けている。

てっきり、化学肥料の方が早く育つと思っていたが、
無化学肥料栽培をしているハウスの方が生育が2倍ほど良く、そろそろ出荷できる状態にある。

2月中旬以降の出荷だと言われていたので、少しのんびりしていたが、
おそらく、暖かいのであろう。

他のハウスの方も、そろそろ出荷が出来るのでないかと思う。


家の方にも野菜を作っていたが、白菜、人参が無くなり、
春の準備の為に耕運した。

家の畑1

今、畑にあるものは、大根、茎ブロッコリー、玉ねぎ、ニンニク、小麦である。

この畑は、次はトウモロコシをする予定でいる。


この畑は、比較栽培をしていた。


家の畑2
黄色い線より左が竹チップ牛フン堆肥
右がもみ殻牛フン堆肥

赤の枠内が米ぬかによる太陽消毒をした区域(黒マルチ)
緑の枠内も米ぬかによる太陽消毒をした区域(透明マルチ)

青い枠は、セスバニアという緑肥を生育させた区域

まず、堆肥については差がなかった。
(玉ねぎは未収穫の為結論は出てません)

白菜、大根、春菊、人参、茎ブロッコリー、いずれもはっきり違いが出ていない。

赤色と緑色の枠内の太陽消毒をした区域は、虫に食われる率が高い。

青い枠のセスバニアを植えていた所は、虫に食われることのない見事な野菜が育った。

マルチの賛否は分かれるところだが、
今回の作付で感じたのは、悲しいかな効果は大だということである。

土の団粒化、成長度合、雑草抑制、どれをとっても勝っている。

上手にはがし、また次に使う予定である。


太陽消毒をした区間については、肥料が多かった。
白菜にボカシ肥を追肥したあくる日、アブラムシが大発生した。


堆肥による窒素の量と、ミネラル分のバランスが悪く、
窒素優先の生育になったと、勝手に分析している。

この反省を生かし、今年の肥料を決めていきたいと思う。
(作付前に土壌診断をする予定)

聞こえない野菜の声が聞こえるのじゃないかと、畑でぼけ~と立っている事が多くなり、
石井君いよいよかと思われながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

温床作り(枠組み)

2012.01.20 21:53|作業日誌
春野菜の準備の為に温床を作る事にしました。
(去年、冷床で苗作りが遅くなったため)
冷床:ビニールなどでおおい、太陽熱を利用して保温するだけで、人工的には熱を加えない苗床

温床とは、苗を早く育てるために床土を暖かくした苗床の事ですが、
熱源には、堆肥などの発酵熱や電熱を利用します。

循環型の有機農業の世界では、堆肥を用いた床を作ります。
(知ったような事を言いますが、本を見ながら初めて作ります)

まずは、枠を作ります。

枠組み1

何分、不器用でかつ一人で作業を行いますので、時間はかかります。

その後、稲わらを立てかけて固定します。


枠組み2


その後、こうなります。


枠組み3


上から見るとこんな感じです。


ななめ上から

まだ、補強をしないといけない個所がありますが、時間が遅くなる為に今日はここまで。


材料の準備やら、枠の組み立てだけで4時間かかってます。

ここからは、落ち葉や堆肥を積み重ねてゆくのですが、
それは、次回のお楽しみにしましょう。

これからが、地獄の様な作業が待っていると思われます。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

小松菜

2012.01.20 19:08|作業日誌
1月20日現在の小松菜の状況です。
無農薬・無化学肥料栽培です。

全体写真

左側が小松菜。
右側はほうれん草です。

どうしたんほうれん草と言う感じですが、播種が失敗したからです。
気持ちが伝わるのでしょう。

播種は焦って行うと後悔します。

元気に育て!と楽しく種を蒔くと、気持ちが伝わるらしい…。(でもそうだと感じます)

小松菜アップ

小松菜も散々だったのですが、
一つ一つ移植作業をした甲斐がありました。

元気に育っているではありませんか!

本当に嬉しいです。

1月23日の月曜日に、R食材さんに出荷する予定でいます。


このハウスは、5年間ほど放置してありました。
持ち主さんに、ハウスがあるけど使ってみる?と言われ使う準備をしていました。

2011年6月に、土壌消毒を兼ねて米ぬかによる太陽消毒を実施しました。

米ぬかとEMのボカシ肥をまき、水をしみ込ませて、全体にマルチをかけました。
こめぬか2

ハウス内は、高温になり、多くの菌が繁殖しました。
広がる菌

実施後の様子です。
ハウス1

その後、地元の方が作ってくれている馬糞堆肥と、シイタケを栽培した後にでる廃菌床と言う物を適量まきました。

その時の記事
6月12日
6月20日
7月11日

結局、夏の間は米作りが忙しく(草刈りですが…)、ハウスに手が回らないままに11月後半にやっと小松菜を作ることにしました。

12月19日


播種前に、自家製のボカシ肥(米ぬか・油カス・もみ殻・EM培養液)を施し、
ミネラル肥料に、みのり有機石灰を使用しています。(みのり有機石灰:有機JAS適合肥料です。)

時期が良かったので、無農薬で出来ましたが、周年栽培されているプロの方は、
もっと厳しい思いをされているのだと思います。

土壌消毒の効果も出ているのでしょう。
ネキリ虫という茎をかじって折ってしまう虫が居るのですが、
このハウスには1匹も見かけません。

もう一か所、化学肥料を使い栽培していますが、そこはネキリ虫が居て、
悪さをしています。

どちらにしても、まともに育ってくれて感謝しています。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2012.01.16 21:59|作業日誌
1月 9日~1月15日


今週の主な作業
米ぬか取り
ボカシ肥作り
ゴマの選別
大豆の選別
草刈り(ハンマーナイフ)
田の耕運(トラクター)
イベント出店

その他
安佐南区の大とんど
リフォームの見学


今週のメインイベントは出店でした。

妻のつながりから、「森のベーぐる団」さんに出店の依頼を受けまして、私個人としては初めての出店をした。


初出店

助手と


小雪の舞う中、息子が助手となり店を見てくれた。

お客さんは、基本的にベーグルを目当てに来る。
入口に店を出されては無視もできない。

100%義理で買って頂いたような状態の我が農園

なんだか申し訳ないような気がした。

その中でも、やはりゴマには興味を持って頂けた。

国産無農薬のゴマの自給率は0.1%らしい。

選別は大変だが、やはり今年も作ってみたい作物の一つである。


さて、森のベーぐる団さんの店内を見てみると、

店内1

店内2

流石にセンスが良い。

種類も豊富で、思わずいっぱい買ってしまう。

皆さんに気を使って頂きながら、楽しい出店となった。
ありがとうございました。


その他は、ボカシ肥を仕込む

ボカシ肥作り

寒い時期は、手が冷えてジンジンしてくる。
今年は、栽培面積が増えるので、大量に必要になる。

肥料も自分で作るのが良い。
今後は堆肥も自分で作ってみたいと思っている。


土曜日には、安佐南区の大とんどを見に行く。
今年で10年目だそうだ。

とんど

とんどの火で焼いて食べる鏡餅が最高に上手い。

田舎では、各地区でやっているので、一度は味わってほしい。

私の記事は、「今週の裕二」という感じでやっているが、
今年からは、どのような資材を使いどのように有機農業をしているのかを明確にしてゆきたいと思っている。

カテゴリを増やし、今何が出来ているのか?を明確にしていこうと思う。
収穫を体験したい方は、連絡を頂ければ対応したいと思う。

収穫したてでしか味わえない野菜もある。

作物がどのように出来ているのか見てもらいたい。

自分の口に入るものだからこそ、知ってもらいたいと思う。


妙に偉そうな口ぶりになりながら、地味にプレッシャーを感じつつ今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2012.01.13 17:31|作業日誌
皆様、明けましておめでとうございます…。

すでに1月も半ばに入ろうとしています。
早いものです。


正月は、おかげさまで家族で集まり、ゆっくりと過ごす事が出来ました。


今年は、挑戦の年にしたいと思っています。

本業の農業や家族の事、将来住む家も探してゆこうと思います。

忙しくなりそうです。


1月4日~1月6日

法人作業
小松菜とほうれん草のハウスの雑草取り・中耕
有機大豆の受領
米ぬか取り

8日
広島なずなの会の作業の手伝い


1月4日が今年の仕事はじめとなった。

ラジオを聞くと、神社に参拝に行ったりという感じであるが、
私はそのような感じではない。

黙々と、雑草を抜く。

いくらハウスが暖かいと言えども、朝方は-5℃くらいになっている。

いっそのことストーブでも焚いてやろうかとも思う。


5日には、大豆を乾燥・選別に出していたので、それを取りに行くことにした。

90キロ程の収穫があったとのこと。
(現在売り出し中!)

今年は、苗作りをして、狭い面積で効率よく作ってみようと思う。


日曜日には、広島なずなの会の漬物をつける作業の手伝いに行く。

広島なずなの会の圃場は高宮にあるのだが、
1年前は、この辺りに通勤して仕事に行っていた事を思い出す。
それにしても、相変わらず雪深い。

1月から怒涛の様なスピードダッシュで毎日が進み、
こりゃ、あっという間に今年も終わるんじゃないかと思いながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。