FC2ブログ
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2012.05.13 23:09|作業日誌
5月 7日~5月13日
 

今週の主な作業

水稲の苗の管理
有機農法の田の耕運
慣行農法の栽培区のしろかき
チェーン除草の資材の見積もり・購入
枝豆の高性能緑化強化苗作り


その他
消防団初任研修
ゆるい飲み会

思えば、もう5月も半ばに入ろうとしている。

今は田植えの前の代かきと言う作業に入っている。

この調子だと6月半ばまでの田植えまでは、
この調子で行きそうな予感がする。

昔から、頑張りすぎて無理をしてしまう性格なのは良くわかっているのだが、
やる事ばかりで、割り切って休む事が出来ないのが現状である。

体を壊してしまうと、その影響は計り知れないので、
少しずつ休まないといけないのは良くわかっている。

水稲の苗の水やりだけでも1時間30分程かかる。
今は1日1回だが、暑くなると1日2回水やりをしないといけない。

水やりだけで3時間…。

まぁ、それは仕方ないとして、良い出会いもある。
小学校の目の前で苗を作っているので、先生と会話することが出来た。

先生:「ここの子供たちは、田植え体験が出来ていないのですよ。校長も不思議がっていました。」

わし:「そうなのです。法人が絡んでいるので、自由に使える農地が無いのが問題なのです。」
   「役員の方に、子供達が参加できる農地を作りましょうと意見を言いたいと思っているのです。」
   「学校の選択授業みたいなので、農業を科目に出来ないでしょうか?」

先生:「出来ると思いますよ!」
   「いつでも子供たちに、話に来てください」
 
日本人の心を作ってきた田の文化を小さいころに経験させることは、
とても重要な事だと思っている。

キツイ、汚い、汚れると言う事を経験させるのではなく、
田の土の感触、土や空気の匂い、水や太陽の温かさ、当たり前にいる動物たちと触れる。

五感をフルに使った体験をさせてあげたい。

そのために、無農薬無化学肥料の農地を増やしてゆきたい。

独り言を言いながらの、苗の水やりの時に、色々と夢が広がる。


夢ばかり広がり、現実を直視できないまま今週が始まる。


チェーン除草機


作成途中のチェーン除草機

田植え3日後を目安に、田に入れて引っ張ります。

これで、除草出来れば良いのですが…。






※現在販売できるもの

「無農薬無化学肥料の作物」

そろそろ小松菜がいけそうですが、水稲が忙しくて出せません…。
大丈夫か?わし…。

トウモロコシは、販売したいと思っています。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
スポンサーサイト