FC2ブログ
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

トウモロコシのひみつ

2012.06.28 18:09|作業日誌
DSC_0506.jpg

作業はほとんど(…もっぱら?)オットの裕二がやってくれているので、
聞きかじり情報ですが^^

咲とやま農園のトウモロコシは、「そんな非効率な…」と言われるハウス栽培と
一般的に行われている露地栽培の二本立てです。
今販売できているのは、露地ものより一足先にできた、ハウスのトウモロコシ。
…ハウスといっても、機械や油を使った加温はせず、
大きなトンネルの中で育てているだけなんだけど。

「非効率な…」と言われるのは、大きく立派なトウモロコシをつくるために
一株に1本しか生らさないようにするためのようで、
面積の割にちょっとの量しか採れない(面積をくう)からということだそうです。
一株1本の副産物がヤングコーンになるわけだけど、ヤングコーンも一株から1つ採れるかどうか。
実は、貴重品なんですね~。
大量に売られているイメージだったけど、つくってみてはじめて分かる、この希少さ。
(去年つくったゴマはホントに…びっくりするくらいつらい「農作業」でしたわい)


それから。
ぎっしりと実のつまったトウモロコシをつくるために、ななんと1本ずつ受粉作業をしています。
これ↓は、トウモロコシの株のてっぺんにつく雄花。

DSC_0396.jpg

これがしっかりと花粉をつけた頃、雄花を切りとって、この雌花↓のヒゲの部分に
しっかりしっか~りと花粉を振りかけるのですー。

DSC_0393.jpg

このヒゲの1本1本が実とつながっていて、受粉できたところの実が大きく甘くふくらむ
…ということになっているのだそうで。
自然にしておくと、上から降ってきた花粉を受け止めて受粉したぶんだけ実入りするんだって。

農園長の裕二さんは、花粉症だし、果物アレルギーもあったりするのだけれど、
トウモロコシの花粉を浴びながらがんばっています~。

私は特に花粉症ではない(と思っている)けど、ヤングコーンを収穫するときとかに
トウモロコシの間に入っていくと、やっぱりちょっとかゆくなるので、
ひそかにそれなりに大変な作業であるのは確か。


こういう作業を経て、送り出されるトウモロコシ。
もちろん、トウモロコシ以外の作物も、放っておけば簡単にできるものではなくて、
手をかけ時間をかけ、口に入るところまで育っている…というのが、
農家のヨメに転身してはじめて実感として分かってきました。
(いやもうホントにゴマと言ったら…!!)

これは無農薬・無化学肥料でも、慣行栽培でも同じこと。
自然食品や無農薬野菜ばかりじゃなく、本当は、
コンビニ弁当に入っている野菜も同じだけ貴重、なのかもと思います。
スポンサーサイト



茎ブロッコリー、育ってます♪

2012.06.28 17:18|販売・イベント
SBSH0031.jpg

咲とやま農園産 茎ブロッコリー、たいへん立派に育っています!

先日のチャリティーバザー みのむし小屋に今季初の茎ブロッコリーを出してから、
脇芽がどんどんどんどん成長していて、こ、これは販売も自家消費も追いつかん~!

キュウリやズッキーニも育ってきています。

一度にたくさんの量はお出しできないかもしれないけど…
個別販売もできますので、ぜひお問い合わせください☆