12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.01.28 23:06|作業日誌
1月21日~1月27日

今週の主な作業

田の耕運(とんど行事後の田)
もみ殻の活用方法の説明を聞く(株式会社 アイナ)
今年の米栽培の検討資料作り
大豆の選別
白ネギの土寄せ


その他

今後の人生について考える


先週、広島県有機農業研究会の総会があった。
そこで、もみ殻を発酵させる液を製造されている
「株式会社 アイナ」さんにお会いすることが出来た。

たまたま、戸山の方に来られるとのことで、
詳しく話を聞いてみた。

もみ殻というのは、玄米を覆う殻の部分である。

分解されにくいために、
これという活用法がない。

もみ殻を焼いてクンタンと呼ばれるような物にしたり、
もみ殻を燃料にしたりして工夫はしている。

個人的には、もみ殻の可能性を信じていて、
籾殻牛フン堆肥を、遠く世羅から購入している。
植物の細胞を強くするケイ酸を多く含む為に、
病害虫に強い体を作る為の重要な養分だと思っている。

無農薬栽培には、必要不可欠だと思っている。

事実、土壌分析をして見ると、
全ての田でケイ酸が足りない。

昔は、柴を刈り田に入れて有機物を補給していたのだが、
今はそんな手間のかかることをしない。
戦後、日本は外貨を稼ぐために自動車産業に力を注いだ。
大量に出た産業廃棄物を処理するのに、
化学肥料として売り出し、安く農家の手に入ることになった。

一石3鳥の様な図式になったのだが、
その国策により、化学肥料を多用し、
土の力は急速に衰えているのだろうと感じる。

稲を作った後の耕運時に散布する土づくり肥料と称する化学肥料も、
どうも違和感を感じる。

文句ばかり言っていても仕方ないのだが、
とにかく、もみ殻を活用したいと思っていた。

実際に近所で試験的に作っていた様で、
見学させてもらうことにした。

籾殻1

籾殻2

かなり、菌が回っているようで、白いコロニーが出来ていた。

籾殻3


特にアブラナ科の植物に発生しやすい「根こぶ病」にも効果があるとのことで、
非常に興味深い。

たちまち、今集められるもみ殻が少ないので、
少量の実験になると思うのだが、
今年の無農薬無化学肥料の米の圃場には、
春までに仕込み、使ってみたいと思っている。



早いもので、もう1月が過ぎようとしている。
農閑期と言われ、農家にとっては一番暇な時期である。

暇がゆえに、自分の人生についても考える時間があり、
このままぬるま湯につかっているのか、独立してみるのかと、
出口の見えない状態に自分で落とし込んでいる。

さながら、蟻地獄に落ちた蟻の様に、もがいている。
悶々とした日々を過ごしていたのだが、
しっかりと考える事が出来たのが良かったのか、
少しずつではあるが、前に進んでいるのではないかと思っている。

水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」ではないが、
一日一歩 三日で三歩、三歩進んで二歩さがるというように、
一進一退だとしても、前に進む事が大切なんだなと、
わかりきったことを確認しつつ今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2013.01.21 23:15|研修・勉強会
1月14日~1月20日

今週の主な作業

去年の農作業のデータの落とし込み
ほうれん草、小松菜、水菜の間引き



その他

竹パウダー製造見学(江田島市)
広島市内の市場見学
島根ふるさとフェア
広島県有機農業研究会の総会(東広島市)


今年で3回目の稲作りとなるのだが、
今までは、私としても経験値をあげると言うのがメインとなった。

今週は、そのデータの落とし込みに時間を使った。

今年は、いよいよ挑戦の年

自分の農業のスタイルを確立させるためにも、
今年はとても重要な年になると感じている。

毎年勉強で、答えは出にくいであろうが、
去年の失敗を生かせるようにしてゆきたい。


月曜日には、「広島なずなの会」の主催の、竹パウダー製造見学に家族で参加した。

竹パウダー1
竹パウダー2

荒れてゆく里山の維持管理の為にも、竹林の整備は課題である。

良い活用方法を考えてみたい。


土曜日は、市場調査という名目で、広島市内に行く。

仕事場も住み家も同じ地区にあるので、
市内など、月に1回も出ない。

市内に行き、店や客を見て、何が売れているのか、
客層は?ディスプレイの方法は?と、視点を変えると、
勉強できる事は多い。

green bridge」のおっき~さんの御縁で、
私が去年手塩にかけて育てたお米を扱ってくださるとのことで、
VEGAN CAFE」さんにお邪魔した。

ビーガンカフェ3
ビーガンカフェ

つくづく、写真のセンスが無い事に気がつく。

その後、島根ふるさとフェア2013に行ってみることにした。

神楽好きの息子も持っていない
「御幣(ごへい)作りワークショップ」があり、
体験する。

ご幣1
ご幣2

右手に持っているのが、「御幣」という神楽の道具である。

ワークショップ中、
殆ど固まっていたのだが、
帰りの車の中では、
自分が全て作ったと、言い聞かしていた。

島根ふるさとフェア

左下に鬼が舞っているのだが、お客さんが凄くて、
全然迫力のない神楽鑑賞となった。

日曜には、近所の炭焼き同好会のメンバーに呼ばれ、
薪を運ぶ手伝いをする。

炭焼き小屋


広島県有機農業研究会の総会があるので、30分程度しか手伝わず…。

おお?
わし、いつの間に炭焼き同好会のメンバーに?と、
思ったが、興味があるので、まあ良しとしよう。

夜は、横川の「グランタロー」さんにて、
green bridgeのおっき~さんの主催の新年会。

グランタロー


私の野菜も、このような素晴らしい料理人に生かされて本望だと感じる。

普段は戸山からでないので、このような会はとてもありがたい。

2月には、中区の「VEGAN CAFEさん」にて行うと言う事なので、
時間が合えば参加したい。

今年も、4月になればゴングが鳴るので、
それまでの農閑期に出来る事をしたい。

無農薬・無化学肥料の野菜を、普通の価格で食べていただきたいという
信念を持ちながら、今年もやっていきたい。

「なになにしたい!」ばかりが目立ちながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.01.16 22:15|作業日誌
1月 7日~1月13日

今週の主な作業
堆肥散布(有機栽培地区)
耕運(有機栽培地区)
ハウス野菜の間引き
タラの芽の水耕栽培
麦踏み

その他
ほっこりやさしい暮らしのマルシェvol. 3
(広島県有機農業研究会主催)

とんど


今年こそ、米の食味コンクールで入賞と意気込みながら、
早速、有機栽培地区の堆肥まきと、米ぬかをまいた。
(既に遅い)

近所の育土工房さんが、こだわって作ってくださる馬糞堆肥を頂く。

育土工房
育土工房2
馬糞堆肥

運搬車の後ろに乗せて、勝手に走らせて散布する。

幾度となく一人作業をしているので、この作業もかなり慣れてきた。

堆肥まき
堆肥まき

この田の向こう側は、落ちると5mほどあるので、
結構油断できない。

ハウス野菜については、野菜高騰でご存知の通り、
かなり生育は遅い。

ハウス野菜

去年なら、1月下旬には出荷できていたが、
恐らく2月下旬になるだろう。


1町5反程の麦踏みについては、試行錯誤中である。

大規模に行う所は、
トラクターの後ろに麦踏みローラーをつけてやるようだが、
前作が米なので、とてもじゅるくて、トラクターは入れない。

小さな耕運機でやったり、自分が歩いてみたりした。

しかし、結果的に、

麦踏み1
麦踏み2

小さな運搬車でやってみることにした。

これがうまい具合に丁度良い感じに踏んでくれる。

人間の足で麦踏みをするより、
踏みすぎず(キャタピラの幅が広いので埋まらない)
土を綺麗に圧力をかけてくれる。

しかし、結構時間がかかるので、
もうひとサイズでかい運搬車で試してみようと思う。


土曜には、
広島県有機農業研究会主催のイベントに出展。

ワッフルを出してみたが、
やっぱり、このような店は面白いなと感じた。
(初めは、出店を見送ろうと思っていた。)

日曜は、地元のとんど。

とんど1
とんど2
とんど3
とんど5

おじさん方が、ヒーヒ言いながら組み立てる。

この様な地元のイベントは、一家で一人と言わずに、
特に若い者は出るべきだと感じた。


咲とやま農園として、去年の作付のデータを落とし込み、
今年こそ、まともに野菜を収穫しようと皮算用中である。

去年は、いっひっひと皮算用したトウモロコシ

取らぬ狸の皮算用と言うが、
狸にトウモロコシを7割方食べられたわしは何もんだろうか?

わしの進化も問われるなと感じながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週末は牛田へ! ほっこりやさしい暮らしのマルシェ番外編

2013.01.09 16:59|販売・イベント
咲とやま農園、ツマです。
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

咲とやま農園農園長の裕二さんは、しばらくのお正月休みが明けて今週からお仕事をされています。
ハウスで育てているミズナの間引きに畑の整理にと、寒い中いそいそと。
ツマのわたくしも、今週から森のようちえん まめとっこの活動が始まりましたが、
その合間にマルシェを迎える準備に取り組んでいます。

…そう!咲とやま農園、今年も元気にマルシェに出店いたしますよ~。
広島県有機農業研究会(広有研)主催のオーガニックマルシェ、
「ほっこりやさしい暮らしのマルシェ」今回は会場の「アスタ」さんのご厚意でスペシャル版。
1月12日(土)~14日(月)の3日間連続の開催ですー!

わが咲とやま農園は12日(土)に出店します。
戸山の郷中王の圃場で無農薬・無化学肥料で育てた小麦を生地に使ったワッフル。
そこに咲とやま農園の畑でとれた季節の恵みをトッピングしてお出しする予定です。
そのほか、「甘い!」と好評いただいている長ねぎ、かぼちゃ、にんじんなどの新鮮野菜と
季節のジャム、そして愛用者の輪が広がりつづけているひろりんたわしも販売します。
ぜひぜひお運びくださいね~!

以下、広有研の暮らし部仲間、ゆきこちゃんからの告知です♪

     ***

広有研主催の美味しい楽しいイベント、
ほっこりやさしい暮らしのマルシェ番外編をお正月1月12日~14日の3日間開催します。
会場はvol.1、2と同じ、広島市西区の牛田住宅情報スクエア「アスタ」。
ハウスメーカーのモデルハウスをご見学の方には、
出店者の特選お野菜やお米が当たるスピードくじもあります。
ぜひ遊びに来てくださいね☆


ほっこりやさしい暮らしのマルシェ 番外編

日時:1月12日(土)~14日(月) 11:00~15:00
場所:牛田住宅情報スクエア「アスタ」 センターハウス
   (広島市東区牛田新町2丁目2-10-23、TEL.082-511-6755)
   http://asta2001.net/
   無料駐車場(200台)あります☆

◎12日(土)
・咲とやま農園(広島市)
  季節の野菜を使った美味しいもん
・森のべーぐる団(広島市)
  植物性素材のみで旬の美味しさをお届けする、おいしいたのしいベジベーグル
・豆の木(安芸高田市)
  季節の新鮮野菜
・green bridge(広島市)
  元気な野菜売りオッキーによる広島の美味しい野菜と加工品
・mamanico(広島市)
  あったか豚汁と特選!!昆布&醤油など
・大朝たんぼゼミナール(北広島町)
  もちつきワークショップ
   11:30~12:30、13:30~14:30 定員各回お申込み先着10名様
   お子さま対象(保護者様がご同伴ください)
 
   参加費 お一人に付き500円
  ※お申込みはアスタセンターハウスへお電話で(082-511-6755)

◎13日(日)
・むささび農園(東広島市)
  ほかほかぜんざい
・森のべーぐる団(広島市)
  植物性素材のみで旬の美味しさをお届けする、おいしいたのしいベジベーグル
・豆の木(安芸高田市)
  季節の新鮮野菜

◎14日(月祝)
・よしわ有機農園(廿日市市)
  自慢の杵つきもち入りほかほかぜんぜいと季節の新鮮野菜
・知足庵(東広島)
  天然酵母・国産小麦・手ごね・焼き方にまでひと手間かけた、薪の石窯でつくった絶品パン
・こもれみkitchen(広島市)
  カレーライス

今週の裕二

2013.01.07 21:35|作業日誌
12月24日~1月 6日

今週の主な作業
小麦受領
ハウス野菜雑草取り、中耕、土寄せ
麦踏み
堆肥散布(有機栽培地区)

仕事治め28日~(4日から仕事)

4日:ハウス巡回
有機栽培地区の堆肥散布準備(米ぬかまき)

その他
実家に帰省


2013年も無事にやってきました。
今年も宜しくお願いします。

楽しい時間は早く過ぎると言いますが、
あっという間の休日でした。

リフレッシュできたのかと申しますと、微妙な所があり、
やりたい事はあるけど、雪が降るし…と、思うようにならない事が多く、
雑念ばかりの年越しとなった。


新年そうそう、こんな気持ちで良いのかと思いつつ、
今年は、なんとか自分の生き方や、やりたい農の形を作りたいなと思いつつ、
今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。