01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.02.26 23:55|作業日誌
2月18日~2月24日

今週の主な作業

籾殻発酵の切り返し・以後管理
タラの芽の栽培管理・初出荷
野菜出荷(greenbridge)(吉木椎茸農園)(らぁめん紺屋

とれたて元気市に初出荷!
JA直販初出荷!


その他

吉木椎茸農園さんにて、飲み会


発酵籾殻の切り返しをした。
あっ!そういえば、その記事を書いていことに今気がつく…
(近々こちらにアップする予定でいます⇒こちら

順調に発酵して、ムラなくすための今回撹拌するとのこと。
いつでも畑で使ってもよいとのお墨付きを頂いたので、
・有機栽培の米の地区
・露地のニンジン
・ハウスの小松菜
に投入量を変えて、比較栽培をしてみようと思う。

データ取りの為に、糖度計と、硝酸イオンメーターの準備もしたい。
(JA持ってるかな?貸してもらえたらラッキーだが…)

その他は、ひたすら野菜の出荷となった。

まずは、JA直販
これは、イオンやイズミなど?に並ぶらしいです。
(余りわかっていないです)

JA直販

今年も何とか農薬を使わずに出荷できそうである。


次は、
とれたて元気市

こちらは、無農薬、無化学肥料で育てた作物が
「咲とやま農園」ブランドで初出荷!

ニンジン
白ネギ

出せど出せど売り切れるために、追加で出荷する始末。
(嬉しい悲鳴だが…)
(実際ブログのカウントも多くなり、反響はあるのかと思っている)

一部、「咲とやま農園」ブランドに乗らない物も作っている為、
これは、しれっと値札シールのみで販売する。

タラの芽

若干大きいのだが、山菜の王様の「タラの芽」


そして、白ネギを市内のこだわりのラーメン屋さんの
らぁめん紺屋」さんに買って頂けた。

らぁめん紺屋

後味がとても良く、ギラギラとした感じが無い。
恐らく、化学調味料を使わないラーメン屋は少ないであろうと思う。
その中で、化学調味料を使わないと言うこだわりが凄いなと感じる。
また、味もしっかりとした物を確率している訳で、
こんな値段で良いのか?と思ったりする。

他は、いつも通り「greenbridge」さんと「吉木椎茸農園」さんである。


先週は、体調不良でぐったりとして寝込んでいたが、
何とか復活したようで、慌ただしい1週間となった。

金曜日に、吉木椎茸農園さんで飲み会があったのだが、
実は私の誕生日で、年齢がわからなくなる始末。

今年37歳になったであろうと思って、
やたらと年だけはとって行くなと傷心していたところ、
36歳になったことに皆さんに言われて気がつき、
おお!1年若くなったじゃないかとラッキーな出来事もあった。

寒い寒いと言っていた冬も、そろそろ終わりそうである。

「石井君。あの畑は何も出来ていないじゃないか?」と、
言われそうな畑も、やっとレンゲ畑として産声を上げる予定である。


レンゲ畑?
(一応何かしら生えているレンゲ畑)

いや、そうでなくちゃ困るんです。

こんな事を私はしたいのです。

無駄と言われる農業もしてみませんかと言うのが私の持論。


無駄の中にも、楽しい事ありで、
養蜂をやろうと思っているが、なかなか準備が出来ず。


このまま、楽しい事を経験出来ずに
今年も始まってしまうのではないかと畏怖しながら、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2013.02.19 23:13|作業日誌
2月11日~2月17日

今週の主な作業

籾殻発酵の管理
タラの芽の栽培管理
野菜出荷(greenbridge)
有機栽培地区畑の耕運・米ぬか、堆肥散布
フォークリフト講習(コベルコ)


その他

体調不良にて休養


先週仕込んだ籾殻は順調に発酵しているようだ。
(細部はこちら⇒「農事組合法人 戸山の郷 通信」)

気温が一桁台なのに、平気で60度超えてしまう菌の力は凄い。
作業に来た方達が、
「酵素風呂みたいだな~
この中に入れば体の調子が良くなるのでは?」と、
いうほどである。

いつでも土に返す事が出来るとのことで楽しみである。
有機栽培の米の地区と、
有機栽培露地畑・ハウスにて比較栽培を予定している。

しっかりと、作物の育ち具合を考察したい。


2月に入り、ハウス野菜が出荷できる状態になった。

ほうれん草
(2月11日の写真なので、今はこれの半分くらいです)

生育が揃わないので、収穫もバラバラである。
プロの方は(私はアマ)冬場には、
ハウス内でも不織布という物をかけている。
一人作業になると、何かと面倒な作業なのでやらなかったが、
来年は検討してみたい。

畑に入れそうな時を選び、
私の進化の問われる有機栽培畑の耕運を行う。

その前に、
春~夏用の区画に籾殻クンタンと堆肥と米ぬかを散布する。
籾殻クンタン散布

大体、大雑把な性格で、散布の仕方も適当ときている。
『適当』とは、的を得ているということなので、
不適当とでも言おうか?

本来なら、太陽熱消毒をしようと思っているのだが、
透明マルチをかける前に春が来てしまいそうな予感もする。

今年は、野菜の苗用に温度をかけるための温床も作っていない。

自然の気温の流れにまかそうということだが、
それにより、周りの農家との差が開くであろう。
それは仕方ないので、しっかりと土を作っておきたい。


その他は、フォークリフトの講習に行く。

久しぶりの講習で、
やたらと真面目にやりすぎたなという印象はある。

学科では、眠い目を擦りながら、完全に講義を受ける。
(隣の人は、寝ている時間の方が多かったが、学科は受かっていた)

実技では、すでに習得済みの技能であるので、特に問題ないのだが、
初めてフォークリフトに乗る子もいた。
初めての左折で、
一周したり(タイヤの切れ角が大きいので、ほぼその場で回転する)
台にぶつかったり…。

そのような子でも、試験までには上手になる。

恐らく若いからだろうが、
レバーの操作だけでも、慣れるのにはかなりの時間はかかる。
(教官が、40才を超えると難しいと言っていた)

人間は、やれば出来ると言うが、
丁度この事を指すのであろう。

フォークリフトの講習ごときに、
人間の可能性を垣間見る事ができた。

そんな楽しい時間も終わり、
いつも行かないハウスを見てみると、

JA出荷用小松菜

完全に収穫適期の小松菜達が、
首を揃えて待っていた。

こちらは、JA出荷用で作っている物である。
去年と同様に、
化学肥料を使用し、無農薬で栽培している。

(別のハウスでは、無農薬・無化学肥料の小松菜も作っています。)

別に、無農薬で作ったから高くなったりするわけでもないのだが、
食べてもらう人に、少しでも安全な野菜を提供できたらと思う。

中国から、怪しげな物が飛んで来ていているが、
いよいよ、花粉症も始まるのではないかと感じつつ、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.02.11 22:44|作業日誌
2月 4日~2月10日

今週の主な作業

籾殻発酵の為の仕込み
タラの芽の栽培管理
野菜出荷(greenbridge)
ボカシ肥の仕込み
JAの野菜市への野菜出荷


その他

長男と釣り

建国記念の日奉祝式典 建国を祝う集い
(広島国際会議場フェニックスホール)に参加

長男の5歳の誕生日


冬場の農家は、とても暇だと言われるのだが、
わしの2月の予定はビッシリと埋まっている。

農閑期にこれだけ働いてしまうと、どうなるのだと不安になる。

まずは、籾殻を発酵させるための仕込みをした。
詳しくはこちら(戸山の郷 通信

籾殻仕込み1

籾殻仕込み2

籾殻仕込み3

籾殻仕込み4

ずらっと写真のみ載せたのだが、
籾殻に米ぬかと発酵液を混ぜただけである。

同時期に、今年使うボカシ肥料を仕込む。

おから

おからに米ぬかと

綿実油粕

川合肥料で購入した「綿実油粕」と竹パウダーと籾殻クンタンを混ぜる。

竹パウダー

うんちくは凄い監督と作業をする。

ボカシ肥仕込み1

4歳なのに、イセキの帽子をかぶる子供は、そうは居ないだろう…。
9割以上は邪魔をするのだが、これっと言う時に頼りになる。

混ぜた後の様子

これを好気発酵させる。
無駄に高温にすると、ただの燃えカスになるので、せいぜい60度以下に管理したい。

土曜日には、農協の戸山支店の前で朝市?(一日中外に出しっぱなし)をやると言うので、
野菜を出荷させてもらう。

白ネギ
水菜
ほうれん草

お客さんは、全て地元の方であったとのこと。

野菜の揃う春までには、認知されるし、
出荷する農家もなれるであろうとのこと。

出した野菜は、義理で買って頂き、
全て完売した。

無農薬・無化学肥料でもちゃんとした野菜が作れると言う事を
アピールしたいし、今後は勉強会なども出来れば良いなと夢を見る。

ほうれん草

水菜

素人でも、これだけの野菜が出来るので、
近所のお母さん方は、コツをつかめば、楽勝で出来るだろうと思う。

土曜夜には、私の白ネギをつかってくださる「やまとら」さんへ食事に行く。
やまとら

やまとら3
やまとら2
やまとら1

これでもかと、ご馳走になった。

美味しいのは言うまでもないが、店員さんの気がきく所や、
価格もリーズナブルで、近所にあれば毎日行くのだろうと思う。
(毎日は嘘です…。毎週くらいです。)

やまとら


日曜日には、また長男と釣りへ行く。

今回は、投げるとビンビン当たりが来るので、
何かと思いきや、

フグ

フグであった…。

それから、何か所か場所を変えてみたが釣れず…。

戦意喪失

完全に意気消沈し、戦意を失った息子

良く見ると、

ひょっとこ

ひょっとこの顔をしていた。


この長男も、11日で5歳となった。

人の寂しさのわかる、とても優し子で、
少し調子に乗る所があるが、いつも可笑しげな事をして人を笑わそうとしてくれる。

勉強より、もっと大切な事があると思う。

そういう意味で、妻がやってくれている
森のようちえんという活動が、
とても良い経験になっているのだろうと思う。
森のようちえん まめとっこ

今は、畑にいると寄って来てくれるが、
そのうち、部活とかで忙しくなり、
わしの事は見向きもしなくなるんだろうなと現実に戻りながら、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.02.04 21:45|作業日誌
1月28日~2月 3日

今週の主な作業

トウモロコシの圃場の候補地の計測
JA米栽培の農談会(JA戸山支店)
米ぬか取り
イチジク苗の受領・圃場見学
籾殻受領
畑の堆肥散布
柿の剪定


その他

長男と釣り
長男・次男急病にて病院通い


月曜日は、久しぶりに大雪が降った。

雪景色

愛知から引っ越してきて初めての年は、
記録的な大雪の年だったようで、どんだけ雪の降る所だとビックリしていた。

今年は、多少は雪が降るが、こりゃ積もったという感じの時は少ない印象である。


しかし、ハウス野菜は気温の変化を微妙に感じていて、
なかなか成長しない。

ほうれん草

水菜

無化学肥料無農薬のほうれん草と水菜は、やっと収穫出来そうな大きさになった。

この時期しかハウスで野菜を作らないのだが、この時期だから病害虫の心配が少なくて、
野菜が出来ているということは良くわかる。

春先になると、やはりアブラムシが何処からともなくやってくる。

こちらの小松菜は、収穫出来るのかと不安になる。

小松菜

大して量を作っていないので、一気に勝負は出来るのだが、
ここ最近、寒いと思っていたら、一気に春先の様な天気になる。

季節が極端に変化してゆく印象を受ける。


白ネギしか植わっていない露地の畑の耕作放棄地部分に、
やっと、堆肥を散布した。

堆肥散布


今年こそ、単品目しかない畑ではなく、
色々な野菜たちが居る、賑わしい畑にしたい。

石の上にも3年と言われるが、
とうとう農業を始めて3年目に入る。

今年は、今までやってきた実験を結果として出そうと思う。

「農業は毎年1年生」と、言われるので、
自然を甘く見ずに、データをしっかりと取ってゆきたいと思う。

土曜日は、農業全般の監督の長男と釣りへ行く。
急に釣りがしたいと言いだした。

神楽ばかりではなく、色んな経験をしてもらいたいので、
やりたいと言うことは、基本的にやらせてあげたい。

釣り

わしの親父の釣り竿(アポロ3.3という怪しげな釣り竿)を、
小さな体で使っていた。
(わしが子供の頃からあるので、たぶん30年は経っている)

成果

成果としては、キス1匹、コチ1匹であったが、
成果以上に満足げな印象を受けた。


日曜日には、玉ねぎの畑に籾殻クンタンをまいていた。

私が畑に居ると、監督はいつの間にかやってくる。
あれやこれやと知ったことを言うのだが、
なかなか理にかなっている事を言うので、
案外、私より上手に作物を育てられるのでは?と、思う。

作業中に、
どこからともなく声が聞こえる。

「堆肥要りませんか?」「堆肥要りませんか?」

ガラガラ言わせながら、ダンプで搬入してくる。

堆肥運び

「堆肥くださ~い」「ここに置いてください」

ちょっとめんどくさいなと感じる時もあるが、付き合ってやる。

堆肥運び2

「はい!ここですね~」
「ぅうぃぃいい~ん」

堆肥運び3

「はい!1円です」
「ありがとうございます!」


いつまでこの様に、わしに付き合ってくれるのかわからないが、
「ぱぱさん、一人で寂しいでしょ…」と、言って
作業をしてると寄って来てくれる。

一転、長男が車で遊ぶ時、
一緒に遊ぼうよと言われても遊んであげてないなと感じる時もある。

子育て、親育てという言葉があるのだが、
長男を通じ、自分の器の狭さを感じつつ今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。