04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.05.29 09:09|作業日誌
5月20日~5月26日

今週の主な作業
代かき(ヒノヒカリ)
田植え(アキロマン)
無農薬・無化学肥料田植え(5月22日)
無農薬・無化学肥料米ぬか散布(5月23日)
無農薬・無化学肥料チェーン除草(5月26日)
草刈り


その他の作業
ミツバチの巣箱の清掃

法人のアキロマンの田植えが始まり、
同時にヒノヒカリの本代も始まった。

ヒノヒカリの1回目の面積は、2町7反程度である。

今年は、全ての田の工程表で管理している。
予定も実施も逐次修正してゆくので、
作業が終わって確認したいときも直ぐにできる。

今年の結果を反省する時も、良い資料となるので、
面倒な作業ではあるが、およそ100枚の田んぼの管理を
する必要はあると思う。

ついに、無農薬・無化学肥料の田の田植えとなる。
代かき後3日で、6条の田植え機を使い田植えをした。

無農薬田植え1

施肥機が付いていて、田植えをした際に、土の表面を回転するローラーでならしてくれる。
この1回は、除草機を使った事と同じになるので、
除草剤を使わない田では、効果が高いと思う。

無農薬田植え2

6畝の田が2枚で1反2畝程の面積である。


その後水をあて、1日後に米ぬかを散布した。
米ぬか散布
1反2畝で
ボカシ肥:105Kg
米ぬか:45Kgほどまいている。

ペレット状になっていないので、
中央部分は届かないので、田に入る。

米ぬか2
米ぬか3

出来るだけ均等にまいている。


田植え後4日でチェーン除草に入る。

チェーン除草1
チェーン除草2

去年は、稲の苗の活着が気になり、
7日後にチェーン除草をしたのだが、
若干遅かった印象である。

チェーン除草も、本代から計算した方が良いのかもしれない。

本代後3日で田植えで、4日後にチェーン除草をしてみた。
田の状態を見ると、
本代後7日目安でチェーン除草に入るのがベストだと感じている。

泳ぐ雑草2
泳ぐ雑草1

去年も感じたのだが、チェーンを引っ張るだけなのに、
恐ろしい程の雑草が浮き上がる。

今年は水が少ないので、かけ流しに出来ないので、
網ですくおうと思っている。

あぜ付けをしたおかげか、
田植え後に水を当ててその後一切水を入れなくても、
4日後であっても殆ど水位が変わらない。

深水にしているので、一部苗が水没しているので、
余りにも水もてが良いのも考え物である。

7日ごとにチェーン除草をする予定でいるが、
田の様子を見て決めてゆきたい。


ハウス野菜

ハウスでは、ぬくぬくと成長し、どうするん?これ?と、いう感じになりつつある。


農作業に追われつつも、日本ミツバチの掃除をした。
ミツバチ掃除1

ミツバチ掃除2

ミツバチの先生が掃除をうるさく言うのがわかる。

結構カスの様なゴミが溜まっていた。
20日に1回掃除をした方が良いらしい。

早朝に5分程度の作業で終わるので、
これは大した作業では無い。

11月に採蜜が出来るようだが、それまでの道のりは長い。

慣行栽培している田に、結構昆虫が居る事に気がつく。
ゲンゴロウらしき昆虫を見かけたり、
カブトエビも見つけた。

私が管理している無農薬の田は、山際の場所で、
案外昆虫が少ない。

無農薬・無化学肥料の田より、
農薬を使用している慣行の田の方が昆虫が多いと言うのは、
本末転倒ではないかと思いつつ今週も始まる。

カブトエビ2
カブトエビ1



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2013.05.29 07:55|作業日誌
5月13日~5月19日

今週の主な作業
代かき
田植え(コシヒカリ)
ボカシ肥切り返し・完成
米ヌカ取り
米とトウモロコシの特別栽培の申請
ハウス野菜中耕
無農薬のコシヒカリの苗を受領
田植え(アキロマン)
無農薬・無化学肥料田の本代

その他の作業
特になし

4月に戸山連絡所と言う場所に引っ越し、
新しい生活を始めているが、
妻の実家の畑が、完全に放任栽培となっている。

勝手に出来ている野菜たち
タマネギ

玉ねぎと種取り用の白菜

ミクイエンドウ

広島では「ブンドウマメ」と、呼ばれることの多いうすいエンドウ
豆ごはんとして使うのだ、一般的にはグリーンピースを使うと思うが、
味が全然違う。

近所にいる消防団の先輩にだまされて作っているが、
だまされて良かったと思うほど、グリーンピースと味が違う。

ジャガイモ

追肥のボカシ肥と土に居る菌や微生物達に米ぬかを散布して、土寄せする。
品種は「とうや」
去年作った物の残りである。


ハウス野菜も、この暑さで一気に大きくなる。

ハウス野菜1

ハウス野菜2

やっぱり、わしはこの時期の葉物野菜は無理だと感じる。


水稲は、コシヒカリの田植えが終わり、
アキロマン用の本代をして、田植えも始まる。
アキロマンは2町3反程と少ない。

その合間をぬい、スイートコーンの定植もした。

今年は、
1:無農薬・無化学肥料栽培区
2:BT剤使用・無化学肥料栽培区
3:慣行栽培区
と、栽培方法を変えている。

1・2は特別栽培に申請する予定でいる。

「イズミ」さんという大手のスーパーと組み、
「朝取れ新鮮トウモロコシ」として
取り組みをする予定である。

朝5時過ぎから収穫し、朝の10時の販売に間に合わせる。
特にトウモロコシは鮮度が命
朝収穫したものが、昼に消費者の方の手元に届くと言うのは、
生産者冥利に尽きる話である。

去年の様に、タヌキ様の餌にならぬように、対策をしたいと思う。

トウモロコシ定植


トウモロコシの定植には、クボタさんの定植機を借りることにした。
ある程度の機械力は仕方ないのかなと感じながらの作業である。

2反程の面積を、4時間程で作業が終わる。

さらに作業の合間をぬい、無農薬のコシヒカリの苗を頂きに、
吉田町の「佐々木ファーム」さんにお邪魔した。

佐々木ファーム1

佐々木ファーム2

丁度、「広島なずなの会」のメンバーさんの田植え日であった。
この方達は、仲の良い兄弟さんで、物凄く楽しく、エネルギーに満ちた方である。

1年前に作業した田植え機も上手に扱い、田植えしていました。
暑い中お疲れ様でした。


去年のデータを生かし、
法人の水稲や野菜も遅滞なく進んでいる(はずである)

6月末までの、ヒノヒカリの田植えが終わるまでは、
何としてでも頑張ろうと思っている。

ハウスの外では、

アナグマ1
アナグマ2

アナグマという動物が歩いていた。

ビビる程動物園だなと感じつつ、今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.05.29 06:50|作業日誌
5月 6日~5月12日

今週の主な作業
播種(ズッキーニ)
ボカシ肥切り返し
荒代・本代
田植え(コシヒカリ)


その他の作業
家族で釣りに出かける(光市)


4月中旬から休めぬ日々が続き、
曜日の感覚がわからぬまま、危うく今月も、
「先月の裕二」と、記事を一緒にしてしまおうと思っていたが、
仕方無いので、週ごと書いてみようと思う。

仕事は、ひたすら代かき。
コシヒカリは、3町4反程ある。
今年購入した、34馬力のトラクターでスイスイといくも、
機械の性能はアップしているが、
乗る人の性能が日に日にダウンしているので、
結構きつい。

5月5日に田植えを予定していたが、
苗の根の周りが悪いので、5月9日からの田植えとなった。

自然相手の仕事は、流動的になりやすく、
常に予定が変動してしまう。

作業の合間に、思い切り休みを取り、
山口県の光市と言う所へ釣りに行くことにした。

キスが釣れると期待するも、
釣れた魚が、全て「草フグ」と、いう結果に。

何のために行ったのかと思うような結果であったが、
長男は結構喜んでいた。

フグ

次男は、私に抱っこされ、
ひたすら現実逃避をしていた。

幸斗さん

休みを取ったのに、仕事をする異常に疲れ、
何だ?この疲労感と思いながら今週も始まる。

私の畑に、種取り用に置いてある赤ネギのネギ坊主に、

赤ネギの坊主に群がる者1
赤ネギの坊主に群がる者2

花粉の好きな者たちが群がってます。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.05.10 10:36|作業日誌
5月 1日~5月 5日

今週の主な作業
播種(キュウリ、バジル、ホーリーバジル、オカノリ、モロヘイヤ)
田植えの準備(荒代・本代)
米ぬか回収行脚
無農薬・無化学肥料の田の畔塗り
ボカシ肥の切り返し
トウモロコシの畝たて・マルチ張り

その他の作業
加計の鍛冶屋さんへ行き、三角ホーの受けとり


巷は、GW(ゴールデンウィーク)と呼ばれる連休シーズンの様だが、
農業をやり始め、過去3年の日記を見ると、
殆ど休みをとっていない事が判明した。
(わかりきった事ではある)

GW:「がんばるウィーク」、と位置づけている。

家族の時間を大切にと言いながら、
家族の時間どころか、朝から晩まで外で作業をしている。

それも、わかりきった事なのだが、非常に申し訳ないと感じる。

以前の職場の自衛隊では、
「忙しいと言っている者程、仕事はしていない」、と言われていた。

どうも、今でもその影響があるのか、忙しいと言うのには抵抗がある。

つまりは、優先順位を決めて、時間を有効に使えば仕事は早く終わると言うことだろう。
しかし、農業は、仕事が片付くと、降って沸いたかのように仕事が発生する。

そこは、割り切って休まないと続かないよ!

同業者の意見である。


愚痴はその程度にして、
仕事と言えば、水稲の準備作業の代かきが主である。

無農薬・無化学肥料の田の準備も着々と進む。

今年は、同じ水系で多くの田で米作りをする為に、
水が大切なので、昔ながらの知恵を借りることにした。

畔塗り1
畔塗り2
田の全体写真

田のほとりを、溝切りで土を寄せて、
じょれんでの手作業
盛った土をトラクターで踏みつけて、
代をかいてから、泥を練り込んでみた。

思った以上の効果で、外側から確認できる所で、
水が漏れているところは無い。

これだけ、水持ちが良ければ、
米ぬか除草をするにも効果的だし、
深水にも出来るし、言う事は無い。

田植えが楽しみである。

ハウスでは、トウモロコシとほうれん草、水菜を栽培中である。

ハウス野菜

左の緑の濃い所は、トウモロコシで
右側の畝が、発酵籾殻の栽培比較試験中の場所である。

右側がやたらと綺麗なのは、草取りと中耕をしたからである。

去年はスイカとトマトをやったハウスであるが、
そういえば、びっしりと草が生えていたなと思いだす。

今年は、除草対策に
生の米ぬかを表層にまいてみようと思っている。

野菜を作っているのか、雑草を作っているのか分からなくなりながら、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

先月の裕二

2013.05.05 13:03|作業日誌
4月 1日~4月30日

先月の主な作業
ボカシ肥切り返し
水稲のモミの水かし
小麦中耕・土寄せ・溝掘り(一部の圃場で追肥を実施)
トウモロコシの準備(堆肥・肥料・耕運)
ジャガイモ定植4月9日
トウモロコシ直播(ハウス)4月11日
コシヒカリ播種4月12日
ほうれん草・水菜播種4月18日
モミ蒔きの手伝い(佐々木ファーム)
トウモロコシ播種(4月20日・21日・22日)
水稲の田の準備(荒起こし~代かき)
無農薬・無化学肥料の水田のあぜ付け・畔塗り


その他の作業
転居
ミツバチ巣箱作り
ミツバチ確保4月25日

「ぼ~っとしていると、置いてかれるよ!」
いつの間にか4月も終わったようである。

4月の初旬に、戸山の1等地に引っ越し、
新しい生活が始まった。

テレビもネットも無い状態が1カ月続き、
久しぶりに、情報の隔離された生活を送っていた。

それは、それで心地よい感じではあるが、
仙人生活をしている訳ではないので、
テレビは無くとも良いが、ネットが無いのは不便を感じていた。

農家の忙しい時期となり、
朝6時から夜の7時までの作業時間となり、
「は~や~くぅ~ 春よこい~」、と思っていたが、

「ちょっと~待ってよ~はるぅ~」と、いう感じになっている。

そうは言っても、作業はやらないといけないので、
着々とこなす。

新しい相棒のイセキの34馬力のトラクター

相棒

今までの20馬力でも凄いなと感じていたが、
これはもっと仕事が早い。

1日あれば、代かきは1町5反程いける。
しかし、体がついてこないという課題があり。

1日1町くらいが、良いペースかと感じている。


コシヒカリの苗作りでは、
通常の「グリーンソイル」(水稲用の土)と
「発酵籾殻」(以前作った籾殻)と比較している。

「グリーンソイルの播種」
コシヒカリモミ蒔き1


「発酵籾殻の播種」
コシヒカリモミ蒔き2

播種までは、大差ないが
上に掛ける土が問題で、籾殻では綺麗な覆土が出来なかった。

その後の生育では、

「グリーンソイル」
グリーンソイルの苗

「発酵籾殻」
籾殻の苗

3日目くらいまでは、大差が無かったが、
やはり、無肥料の発酵籾殻の苗は、
みうみる差が出てきた。

「手前2枚が発酵籾殻」
苗の比較1

覆土が上手く行かなかったので、
発芽状態にばらつきがあるのは仕方ないが、
葉色にあきらかな差が出てきた。

ボカシ肥の追肥をしたが追いつかず、
直接ボカシ肥をまいてみた。

根の張りは、結構良い印象は受けた。

その後2日したら、

ハトにやられる

何故かハウス内にハトがやってきて、
発酵籾殻の苗だけ、無茶苦茶にしていった。

葉色の比較

覆土の改善と、肥料の検討をして、
ヒノヒカリの播種では、しっかりとした結果を出したい。

実際の所、
グリーンソイルの苗→6Kg
発酵籾殻→2Kg

この違いは大きい。
発酵籾殻であれば、片手で楽に持つ事が出来る。

次回に期待したい。

その他は、やっと念願のレンゲ畑もどきができた。

一部だけのレンゲ

おお!
これは、凄いじゃないかと思いきや、

残念なレンゲ畑

予想通りの、一部だけレンゲ畑になった。


しかし、意地でもミツバチをと思い、
近くの元巣が分蜂しないかを観察していた。

たまたま、その近くで代かきをしていたら、
何やら蜂が騒がしいではないか!
良く見てみたら、分蜂して、集合しているではないか!

分蜂


大急ぎで、先生を呼び、何とか確保した。

蜂

なんとも愛らしい動きを見せてくれる。

楽しみと共に、これから蜜を採らせてもらうためには、
かなりの課題がある。

先は長いなと感じる。

私の焦りとは裏腹に、
この2人は、マイペースに生きている。

幸斗とトラクター
晴希とトラクター

農的な暮らし。
いや、
能天気な暮らしが出来るのはいつの事やら…。

1カ月が過ぎるのは早いなと感じつつ、今月も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。