05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.06.25 23:00|作業日誌
6月10日~6月16日

今週の主な作業
田植え
定植(サツマイモ)
チェーン除草(無農薬・無化学肥料の田)
小麦収穫
ボカシ肥仕込み
スイートコーン防除
水稲の苗の状態の調査
中干し前の溝切り


その他の作業
千代田高校文化祭鑑賞(神楽同好会の神楽の舞)

消防団のポンプ操法の大会も終わり、
毎週の火曜・木曜の20時から22時までのの練習も無くなった。

かなり、負担も減ると思って期待はしてみたが、
現状変わらず。

石川啄木さんの一握の砂の

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る

と、いう状態はこの事かと感じる時もある。

毎週、特に変わった作業はしていないのだが、
今週は、やっと小麦を収穫した。
(写真はとり忘れ…)

パン用の「ミナミノカオリ」と、いう品種を作っているのだが、
稲の情熱とは裏腹に、まったく興味なし。

どうも、転作作物で補助金目当ての様な感じなので、
本腰が入らない。

しかも、小麦を収穫した後に、米を作ると言うので、
かなり無理がある。

今年は空梅雨で、何とか収穫出来たが、
通常の梅雨であれば、気をもむであろうと思う。

まだ、荒起こしをしてる圃場もあれば、
中干しに入る田もある。

今年は2年越しの思いで、
乗用の溝切り機を借りることにした。

田面ライダー

目を引くこのスタイル!
田の中を疾走する。
明らかに不自然な状況に、皆が振り返る。

なんだ!?

なんなんだ?あれは!!??

その名は、

V3

丸山の「田面ラーイダーV3」


甘く見るな!
この性能!

V3の実力


皆が言う。
田に溝を切る??

圃場整備をした後の田と言う物は、
なんとも扱いにくい。

水が抜ける田でも、
何故か抜けきらず、コンバイン作業が大変で、
異物混入の原因を作る。

収穫直前まで水を当てられるという事は、
それだけ、最後まで米が太る。

明らかに、良い事ずくめで、
何故今までやらなかったのか分からないような感じだが、
見た目以上に作業がやねこい。

機械も重いし、方向変換するのも、
結構力がいる。

あと1年したら、ワシでも購入は見合わせるだろうという品だ。

と、言うより
梅雨時期に、中干しして、田を乾かすと言うこと自体が無理はある。

昔は、中干し→土用干しと言われ、
土用の頃から水を落としていた。

いつまでたっても水がひかず、
ただ、水をあてていなかったと言うだけの状態が続く。

米は穂肥で作ると思っている。
慣行栽培と有機農法では肥料の時期等も違うのだが、
中干しで、一度リセットするのは大切な作業だと思っている。
(有機栽培では、きつめの中干しはしません。)

溝切り機の欠点があるとすれば、
水がほぼ完全に無くなるので、
水がないと生きていけない生物が死ぬと言うことだ。

多くの命を犠牲にし、多くの命を頂くと言う事を忘れてはならない。

虫達からみれば、大量虐殺者のわし。
草刈り機でも植物を殺している。

のほほん生きている訳にいかないなと感じつつ、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2013.06.25 22:18|作業日誌
6月 3日~6月 9日

今週の主な作業
田植え
本代
播種(白ネギ)
除草機・追肥(無農薬・無化学肥料の田)


その他の作業
消防団ポンプ操法の大会


毎回、「今月の裕二」となりそうな状態の「今週の裕二」である。
いっそのこと、それでも良いかと思ったこともあるが、
私が狙う事は、新規の就農者が、この時期には何をしたらよいのかと言う事を
伝えるためという事もある。(役に立ちそうなことは無いのだが…)

相変わらず、毎日田植えか代かきかという感じの日々である。

今年は約11町の米の栽培なのだが、
田植えが、ゆっくり植えて1日1町程度
それに合わせて、代かきも1日で1町いける。

現在は、代かき後に除草剤を散布するので、本代あと7日間置いての田植え。

十分一人で作業が可能なのである。

米だけなら、楽勝の作業なのだが、
他にも、野菜や苗作りの作業が入るので、
思ったようにはいかない。


無農薬・無化学肥料の米の地区も、
チェーン除草だけでは間に合わなくなり、
除草機を投入することにした。

例年、近所の方に除草機なる物を借りているのだが、
今年は駄目と言うことで、詮索せずに、次の手を考える。

無農薬で米を作っている同志に、話をしてみると良いと言われ、
高速を使い、東広島まで行く。

除草機前

これ、手で取るの?石井君?
と、言われそうな状態でも、

除草機実施

除草機をかけてみると、

除草機後

あの草は何処へ行ったのだ?石井君?と、いう感じになる。

今年は、この作業を考えて、
株間30Cm、条間30Cmの正方形に田植えをしていたので、
除草機も、縦横に入れる計算となる。
(計算上は…。微妙に田植えのスタートが違う為に、完璧には行っていない)


その他は、コンニャク芋を定植してみた。

コンニャク

3年物のコンニャクが、こんなに小さなものとは知らなかった。

来年にコンニャ芋として使えるのだろうか?
一抹の不安も感じる


無農薬の圃場で、ミズカマキリなんて生物を捕まえてみた。
流石、無農薬の圃場だと感心していたのだが、
普通に農薬を使っている圃場でも発見!

地味にショックを覚えつつ、今週も始まる。
ミズカマキリ







ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.06.05 23:01|作業日誌
5月27日~6月2日

今週の主な作業
定植(ミニトマト・オカノリ・ピーマン・ナス・モロヘイヤ)
(ズッキーニ・スティックセニョール・キュウリ)
コンニャク畑の準備
播種(直播のニンジン)
除草(ハウス)
トウモロコシ除草
白ネギ予定地を太陽熱消毒
播種(エンサイ・オクラ・ホーリーバジル)
荒代


その他の作業
地域の方が亡くなられ、通夜、葬儀等のお手伝い

気がつくと、梅雨の季節に入ったそうな。
言われてみれば、最近あやしげな天気になっていた。

これを待っていましたとばかりに、
畑の作業をした。

コンニャク畑

まずは、コンニャク畑の開墾
法人には、加工部があるのだが、
折角何かやろうと思っても、原材料を他所から調達しないといけない。

ここは、コンニャクの生産地の湯木に近い。
気候的にはそんなに変わらないから、出来なくはないと思う。

そして、無農薬・無化学肥料の畑にも取りかかる。

畑?

1枚だけトマト用の黒マルチをした畝があるだけで、
他は、マルチをしないことにした。

苗が何処にあるのかわからないだろうが、
1カ月もすれば、
今度は雑草だらけで、野菜が何処にあるのかが分からないだろう…。

戸山でも、物凄く目につく場所なので
情けない事はしないようにしたい。

無農薬・無化学肥料の田は、米ぬかを散布し、
トロトロ層が田面を覆っている。

田

すこし、指で掘ってみると、

アップ

不思議な感触の土になっていた。

チェーン除草は、田植え後4日で入ったのだが、
その後7日毎にやればよいかと思っていたが、
5日後に田を見たら、冷や汗が出るほどの雑草達が…。

さて、どうするべきか…。

近所の方が、除草機を持っているので、借りることにしようと思う。


去年、何故か美味しい白ネギができ、
味をしめて、今年も作ろうと思っている。

レンゲ畑の後を耕運し、軽く米ぬかをふり、
大雨が降った後に、透明ポリマルチをしいてみた。

畝にすると、時間がかかるので、
全面に設置した。

太陽熱消毒

レンゲの後に透明ポリマルチと、景観が一気変わるので、
どうしたものかと思っている。

6月9日に、消防団のポンプ操法の大会がある
4月から毎週火・木の20時から22時まで練習してきた。

1年でも、一番忙しいであろう4月~6月に、週2回練習日があるのが、
肉体的にキツイ。

しかし、そのポンプ操法の大会も、目前と迫ってきた。

1カ月の勤務時間をざっと見たら250時間程度働いていた。
自給で働いても、最低賃金をはるかに下回る。

田植えが終わったら、1週間ほどバカンスでも…
お金が無いわ…と、現実に縛られながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。