FC2ブログ
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

近況

2013.07.27 23:20|かぞく・こども
ツマの千穂です。
すっかりすっかり、更新がとまってしまっていました。

もちろん、農繁期ゆえ。

今年の農園長殿、大忙しで毎日朝早くから田んぼや畑に出て、合間に会議、
そして講演会に参加したり、その帰りに相棒の軽トラが壊れてレッカー移動してもらって
夜中に電車で帰ってきたり、再起不能に近いと宣告を受けた相棒を泣く泣く手放して
新しい軽トラを買うことにしたり、家に帰ったら帰ったで子どもの世話をしてくれたり。

文字にしてみると半分以上、大半が農業ではなくて車関係になってしまいましたが、
実際は日中の勤務先の戸山の郷中王の仕事で忙殺されております。
有機農業の咲とやま農園は、半ば放置。
最近ようやく、伸び放題になっていた草刈りと、緑肥の刈りこみが終わったところ。


この間に、私のほうは、森のようちえん まめとっこが夏休みに入り、
家の仕事や咲とやま野菜の収穫に配達…と、この4月からなかなか手が回らなかった仕事をしていました。

おかげさまでとうもろこしは飛ぶように売れ、今シーズンのものは全部なくなってしまいました。
写真を撮る間もなかったー。
今年のとうもろこしは、私たちの手元から直接個人のお客さまや森のべーぐる団むすひにお嫁に行ったほか、
green bridge、大町のとれたて元気市、ゆめタウン安古市店、はうでい亭伴店にも出ました。


もうすぐ7月も終わり。
我が家の次男、ユキさんは今日で1歳になりました。
1歳の誕生日って、感慨深いものです。
あぁぁ、0歳のユキがいなくなってさびしいぃぃぃー。なんだろ、この感覚。
無条件のつながり感というのか、お腹の中から出てきました!一心同体です!って感じが
これからどんどん薄くなっていって、どんどんどんどん一人の人になっていくんだよなぁ。
うれしいけど、さびしいのも本音です。

我が家最後の赤ちゃんなのか、それともまだ赤ちゃんが来ることがあるのか!?
いずれにしても、ハルさん・ユキさんとのかけがえのない日々を、大切に紡いでいくのみです。
スポンサーサイト