08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2013.09.30 21:38|作業日誌
9月23日~9月29日

定植(白菜・キャベツ)
播種(大根)
コンニャク掘り
トウモロコシ防除(エスマルクDF)
トウモロコシ狸対策(電柵の調整)
稲刈り(アキロマン)


その他
日本ミツバチの採蜜


どうなる事かと思われたコンニャクイモ作り

コンニャク畑

何とか出来た様子である。

なんじゃこれ?

しれっと、オカラのボカシ肥料を使い、
農薬は良くわからず使用せず。

ラッキーな事に、栽培期間農薬・化学肥料不使用のコンニャク芋となった。
(種イモは買ったので、それ以前は不明)

近所のおばさまが方が、コンニャク作りをしているので、
何とか地元産のコンニャク芋でと思ってはいた。

日陰が好きなのに、強烈に日差しの強い場所に植えられ、
水も一切散布されぬままの収穫となった。

逐次、収穫する予定でいる。


8月に入ってから作るカボチャも順調の様である。

カボチャ

今の時点でこの状態で出来るのかという一抹の不安があるが、
1本の苗に、1個のカボチャしかならさないという、1果採りである。

大体、超放任栽培のカボチャに手間がかかっては困る所なのだが、
寒暖の差があるこの時期に太るカボチャは、味だけ言えば期待できる。

出来るのか?

トウモロコシの横の空いた土地に植えている。


横のトウモロコシは、

トウモロコシ

まあまあ良くできている。

秋は栽培期間が短いので、
1本400gの大きさになるであろうトウモロコシも
現在の所200g程度しかない。

BT剤と、補殺により、アワノメイガの被害も少ない印象である。

来年はJAS有機基準の栽培で、
特別栽培の申請を出し、1万本は生産したい。

自然は甘くないだろうから、思うようには行かないだろう…。
番頑張ってみる価値はある。

一部、カラスに食べられたトウモロコシを持ち帰り、
試食してみた。

旨すぎるやん

凄い顔をして、むしゃぶりつく次男

ありがとう


言葉にならない言葉を出して、
嬉しそうに話してくれた。

子供が美味しそうに食べてくれる時が、
1番幸せを感じる。


土曜日には、日本ミツバチの採蜜をした。

日頃から、
「だから幼稚園児なんじゃ!」と、怒られ、
「ワシは、人を褒めんから!」と、言う口の悪い先生も、
弟子の晴れ舞台が気になったのか、採蜜に駆けつけてくれた。

予想以上の準備の良さにびっくりしたらしく、
いつになく上機嫌

私が準備していた巣箱の部品を見て、
「あれ?これわしが作った物か?あれ?違うなぁ~。あんたが作ったのか?」
「これ、ワシのレベルじゃ!」

と、驚いていていた。

日本ミツバチも、とても素直な様で、
とても綺麗な状態の巣板が出てきた。

巣板

23cm×23cmの7枚の巣板である。

先生は5.4Kgの蜜を採るらしい。
(私は濾過中)


「もう、わし来んからな!」

今まで、しょっちゅう電話がかかり、
「今すぐ来い!」と、言い
「仕事を放っても来れる様な情熱が無いとミツバチなんて出来んぞ!」と、怒られ

「あんた、電話に出てくれ!おじさんに独り言わすな!」と、
言われた日々も終わってしまったのだと、少し寂しくなった。

全てにおいて、効率を言い
無駄を嫌う先生。

一時期、うつ病になり
「わし…ミツバチなんてええんや…」と、言う時期もあったらしい。

何事においても、先生の足元にも及ばない。

初めはどうなる事かと思ったが、
親より年上の、75歳の先生との出会いに感謝している。

初めての採蜜で、
先生の5.4Kgを超えてしまったらどうしようかと、
要らぬ心配をしながら今週も始まる。
垂れ蜜
垂れ蜜2


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

種まき(ダイコン)

2013.09.23 15:00|明日の為の技術
新規就農者の為の農業導入の参考になればと思い、
「今週の裕二」というタイトルで記事をアップしてきたが、
見たい技術が探し辛いと思い、「明日への技術」というカテゴリを増やしてみた。

昨日の「食の交流会」で、種まきの話がでたので思いついた。

今日大根の種を蒔いたので写真を撮ってみた。
これは、私のやり方であり、
それは違うと言う方も居るとは思うのであしからず。

まず、マルチに穴をあける。
(マルチが無い場合は、蒔き位置を決める)

穴をあける

土がふわふわの状態なので、ある程度土を押さえてやる。

土を抑える

面で押さえるので、体重を乗せてやる。

抑えた後

押さえた後は、この様な状態にある。

種を3粒蒔く
(何粒でも構わない。種の在庫が無かったので、これ以降は1粒づつ。)
どうでも良いかと思われがちだが、
種を落とす時の気持ちが大切。

頼むぞ!良いものになろうや!お願いします!と、ぶつぶつとつぶやく。
(声を出すのが嫌なら、思うだけでも良い)

種をまく

間引く事を考えて、多少の距離があった方が良い。


覆土は、別の土を準備する(畑の隅にある土で良い)

覆土

覆土を入れる

大根は嫌光性なので、種の3倍程度は土をかけてやる。
(そんなに神経を使う必要はないと思う)

覆土を抑える

覆土を押さえてやる。

力加減を伝えるのが難しいが、しゃがんで軽く押さえる程度で良い。

抑えた後

押さえた後の状態である。

その後発芽したら、間引きに入るが、
私は、見た目と、勢いがあるかをみて間引く。
双葉の状態も重要だと思う。

間引き

この場合だと、

間引き後

こいつを残してみた。

発芽させないと、初めの一歩が出ないので、
播種するときは、時間的にゆとりのある時が良いと思う。





ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.09.22 22:42|作業日誌
9月16日~9月22日

コシヒカリの圃場の耕運
トウモロコシ防除(エスマルクDF)
ボカシ肥切り返し
播種(辛み大根)
トウモロコシ除草~芽かき~電気柵の確認(草刈り等)

その他
息子と自転車の練習

VEGAN Cafeさんで食の交流会


コシヒカリの収穫が終わり、
11月上旬の強力粉「ミナミノカオリ」という品種の小麦の播種に向けて、
早速肥料を散布し、耕運をしている。

耕運

サイドリッジャーという機械をつけて、
耕運の同時に溝を切り、畝を立てると言う便利な機械をつけている。

この機械が無いと、小麦は満足に作れませんから買ってください。
これが無ければ、作業しませんと言い、法人の役員さんに懇願して買ってもらった。

私の予想以上の仕事をしてくれる。

その他は、毎日切り返したボカシ肥が完成した。
「仕込み前」
仕込み

「完成品」
ボカシ肥完成

オカラ、米ぬか、籾殻クンタンに、
種菌のEM、納豆菌、酵母菌を発酵させたものを混ぜて、
手で握ると軽く固まる程度の水加減で作った。

仕込み当初は、とても美味しそうな甘い匂いがして、
発酵が進むと、醤油の様な香ばしい匂いになる。

家庭菜園で、欲しい人が居れば、
120円のコーヒー1本でお分けします。
(量が少ないので、大した量で無いかもしれませんが…)

堆肥の欲しい方も、近所の「育土工房」さんが作られていますので、
販売も可能です。

私の野菜作りの柱にしたいトウモロコシも、
今のところ順調の様である。

「1回目の播種の畝」
トウモロコシ

「2回目の播種の畝」
トウモロコシ2

「3回目の播種の畝」
トウモロコシ3

「3.5回目の播種の畝」
トウモロコシ4

およそ、550本程のトウモロコシが出来ているが、
どの程度出荷できるような物がるのかが不安である。

肥料は、私が作った有機肥料とカキガラ、苦土石灰のみである。
雄花が見え始めた時から、「BT剤」を週に1回散布している。
BT剤の説明」(ウィキペディアより)

しかし、結局は目で見て、アワノメイガを補殺しているのが現状である。

しかし、彼らも頑張ってくれているようである。
(待ち伏せするカエル)
良い所に居るカエル

去年のトウモロコシは、7割ほど狸に食べられてしまったので、
しっかりと、電気柵の下の草刈りをした。

電柵

暑い中、手塩にかけて育てた、
栽培期間 農薬・化学肥料不使用の特別栽培米も、
やっと販売できる状態になった。
米


直近の楽しみと言えば、
日本ミツバチの採蜜の時期が迫っていると言う事である。

ミツバチ現状

普段から、ほったらかしだが、
15日に1度掃除をする。

掃除

右の方にある白い物が、巣のカス
日本ミツバチの天敵のスムシが発生しないように、
掃除をするようだ。

毎日、花粉をせっせと集めてくれるミツバチさんに感謝だけはしている。


西洋ミツバチだと、結構手間がかかるらしい。
私には、日本ミツバチくらい気ままな蜂が合っている。


日曜には、市内にあるVEGANCafeさんで、
食の交流会があった。

食の意識の高い方が来られていた。

普段、植物に話かけるか、虫に愚痴をこぼす程度なので、
人と話す機会が少ない。

特に、消費者さんと話す事は、
生産者として楽しみでもあるし、勉強になる。

とても楽しい時間を過ごさせてもらった。
皆さんの顔を思い浮かべ、野菜作りに励みたい。


話は変わるが、
長男が自転車に乗りたいと言いだし、
近所の公園に行く事にした。

補助輪を始めて外すと言う、父親としての初めての大仕事である。

よしよしと思い、補助輪を外してやると、
何処からともなく

「ふふ~ん」

長男の得意げな声が聞こえる。

ふと見ると、自由自在に乗っているではないか!


子供はほかっておいても育つと良く言うが、
まさにその通りである。
駄目な父親には、良い子が育つ!

自転車


一つの大仕事が空振りに終わり、
次男は不器用であってくれと、良くわからない事を祈りながら、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.09.16 22:10|作業日誌
9月 9日~9月15日

ボカシ肥仕込み
辛み大根畝作り~播種
稲刈り
トウモロコシ防除(エスマルクDF)
栽培期間農薬・化学肥料不使用の稲刈り~乾燥~籾すり
米ぬか取り
白ネギ耕運~肥料散布~土寄せ


その他
息子と神楽門前湯治村へ行く


今週で、法人のコシヒカリは全て刈り取りが終了した。

慣行栽培区の倒伏は、ある程度予想出来ていたが、
有機肥料の栽培区が倒伏していたのは驚きである。

コケタ

情けないの一言である。

隙をみて、
稲刈りも実施

玄米


乾燥も行い、早速玄米になる。


色彩選別という高価な機械がある。
ワシの新古車の軽トラが3代台程買える。

無農薬で米を作ると、
慣行栽培よりは品質的に悪くなるはずである。
(カメムシの被害米が増える可能性がある)

しかし、今回は
慣行栽培で作られた米より品質が良いのである。

何故だろうか?

稲本来の力や土壌の菌の力が最大限に発揮されているのではない。
多少はあるだろうが、他に必ず理由があると思っている。

いつも思うのだが、有機栽培を難しい物にしてしまっているのは、
そのような、漠然とした回答によるものだと思う。

その他は、ソバ用の薬味にする大根の
「辛み大根」を播種

辛み大根播種


普段から、機械力に頼り
畝作りをクワで行ったのは久しぶりだが、
10m×5本の畝を作るのに、2時間ほどかかってしまった。

あと、白ネギも着々と育っている。

白ネギ土寄せ


焼きネギが楽しみである。


トウモロコシ

トウモロコシも、今のところ順調である。

1週間に一度、BT剤を使用してる。

夏にできたトウモロコシをお中元に贈りたい方が多かったと聞いた。
味は抜群で、各方面から「もう無いのか?」と、言われた。
アワノメイガの被害を抑える事が出来ず皮付きのまま出荷できず、
カットして販売した。

県の基準では9回ほどの農薬を使用できるが、
私のこだわりとして、農薬は使いたくない。

しかし、他の手段を用いても、
虫のいないトウモロコシを作るのは難しい。

BT剤という生物農薬(生物由来の成分)を使うのは、
今のところ仕方ない。

使うからには、しっかりと効かせたい。
(去年は意識しなくても綺麗な物が出来ていたが…)

周りの期待も大きい分、私も勉強したい。


巷は3連休の様なので、
わしも半日程子供と遊ぼうと思い、
神楽門前湯治村へ行く。

鬼


何回撮ったであろうか…
このパネルの記念撮影

鬼の顔は怖い顔をしてくれる。


正義の味方の顔をしてと言ったら、

シン


なんだ?この脱力感…


いつまでもこの様な時を過ごす事が出来たらなと思いつつ、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.09.08 23:47|作業日誌
9月2日~9月8日

コシヒカリ籾すり
米ぬか取り
籾殻クンタン作り
広島菜定植
トウモロコシ防除(トアロー水和剤)
稲刈り(コシヒカリ)
無農薬無化学肥料の稲起こし


その他
吉和有機農園の有機農業講座卒業生の立ちあげた
「ボカシ塾」の現地研修会(神石高原町)

安佐南区防災訓練


平成25年産コシヒカリの籾すりをした。


籾すり


ちょっと収穫が早かったので、青い米が多かったのと、
高温障害の米が目立った。

田面ライダーで、水田に溝切りをしたのだが、
それが十分に生かせていないと言うのが正直な印象である。

特別栽培米

「栽培期間、農薬・化学肥料未使用」の特別栽培米の地区は、
見事にこけた。

実りすぎというより、ケイ酸や微量要素が不足しているのではないかと思う。

こけた


慣行栽培の米とひけを取らないほどの稲なので、
有機農法の米にしては出来過ぎたのであろうと思う。

しかし、今年は食味国際大会での入選を狙っている。

思うような米作りが出来ただけに、
最後にこけたと言うのは痛い話である。


土曜日には、吉和有機農園の有機農業塾の塾生が立ち上げた
「ボカシ塾」に参加。

広島県有機農業研究会の現会長の「伊勢村」さんの圃場を見させてもらう。


ワシのバイブルの「現代農業」にも取り上げられ、
生き方、考え方も尊敬している。

伊勢村氏

伊勢村さんの代表的な「混植」の技術をみた。

混植1

小松菜と人参を蒔き、
ニンジンが出来るまでには、小松菜を集荷して、
種代を稼いでしまう。

混植2

こちらの圃場に至っては、
エゴマの畝間にニンジンを蒔く。

放任栽培のワシにとっては、
この技術は、良いとわかっても出来ない農法である。

基本的には、栽培している所には、他の草は少ない方が良いと思っている。
(現実に出来ていると言うことは別にして…)

一般的には、他の草に負けてしまい、
さらに雑草まみれになり、何処に行ったか分からなくなるのがオチである。


多くの農法があるのだが
サルまね農法では無く、
自分のポリシーで行う農法を確立できたらと思う。

今年の夏も、いつの間にか出来てしまっている農法なので、
秋野菜は、しっかりと管理してみたいなと思いながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.09.08 23:00|作業日誌
8月26日~9月1日

播種(キャベツ・レタス・白菜・茎ブロッコリー)
トウモロコシ防除(トアロー水和剤)
稲刈り(コシヒカリ)
広島菜(マルチ張り)


その他
長男と森林公園へ行く


今年初めての4連休も終わり、
広島に無事に帰ってきた。

朝にコシヒカリの圃場を巡回したが、胃が痛くなった。


予想以上に倒伏している。


かなりの雨量だったらしく、
稲以外に作業に追われている広島菜の圃場準備~定植まで影響が出ている。

畑のくせに、水が溜まりすぎて、
代かき前の水田の様な状態になっている。

また週末に雨が降ると言うので、急遽1町程の面積のコシヒカリを刈り取りした。

今時の機械は、性能が良く、
べったりとコケテいても、上手に刈れる。
(オペの腕もかなりある)

コケた稲の刈り方は、去年練習したので、
今年はスムーズに刈り取りが出来た。

やっと、思うように雨が降ってくれたので、
長男とカブトムシ・クワガタ展に連れてゆくことにした。

標本が展示してあるのだろうと思っていたが、
世界の生きているカブトムシ・クワガタがいて、
否応なしに興奮する。

息子は、ヘラクレルオオカブトムシを触らせてもらった。

初めは緊張していたが、

ヘラクレス1

直ぐに慣れたようである。

ヘラクレス2

笑うと眉毛がハの字になる所が、とても好きな所である。


お決まりの、

芋虫

チョウ


パネルの記念撮影も、喜んでやってくれる。


しっかりと記憶にとどめておけよ!わし!
と、思いながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2013.09.08 22:57|研修・勉強会
8月19日~8月25日

播種機調整
水稲の防除機のデモ
有機栽培ハウスの太陽熱消毒
播種(ニンジン)
広島菜肥料散布
トウモロコシ(追肥・土寄せ・土削り)


その他

兄の17回忌の為に実家に帰省


コシヒカリの稲刈り間近だが、仕事的には少し息が抜けるようになった。
しかし、昼からの灼熱の時間帯は仕事は控えている。

あんな時間帯に、外で仕事をしようものなら、
秋まで体が持たなくなるのはわかりきっている。

休むのも仕事

その分、5時から仕事となるのだが、
植物と向き合うには、結構その頃の時間帯が心地よい。

どれだけ雨が降らないのかと思っていたが、
やっと天気予報にも雨マークが出てきた。

トウモロコシの追肥やニンジンの種まきをした。

ニンジン


助手が播種を手伝ってくれた。
わしはニンジンはコーティング種子を使う場合が多い。

マルチに3粒落とす。

助手に言い聞かせ、播種をお願いした。

助手逃げる


颯爽と仕事を終わらせて、白ネギの圃場に移動し、
土で遊び始めた。

その後、ニンジンに水を散水するために、
家から水を引いた。

灌水

発芽さえすれば、後は放任になる。

今週末は雨が降ると言うので雨に期待した。

広島の事はわからないが、
岐阜では23日の帰省の移動中が一番雨が降った。

広島の防災情報をメールで入るようにしていたのだが、
ひっきりなしにメールが来るので、
さぞかし大雨だったのだろうと想像は出来た。

イネもさぞかしコケテいる事でしょう。

今までの苦労を、一瞬でぶち壊してしまう自然の酷さ。
お金が入るまで、農家は気が抜けない。

時間をみて、息子と交通科学館へ行く。

交通科学館2


一人で写る時は笑顔だが、


交通科学館1


なんで、パパさんと写る時は、死んだ顔の様になっているのだ?


1日が終わり、寝たら起きる。
当たり前のことだが人生は何が起こるか分からない。
忙しい忙しいと言わずに、
一瞬一瞬を大切にしたいと思いながら今週も始まる。





ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。