02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.03.31 05:59|作業日誌
3月24日~ 3月30日


水田の耕運
トラクター・コンバイン・田植え機のオイルとエレメント交換
トウモロコシ播種(ハウス)(3月27日)
小麦追肥
ミブナ播種(3月28日)
有機栽培地区のシルバーマルチ張り
ジャガイモの圃場の準備


「1月行く、2月逃げる、3月去る」と、言うが
気がつくと3月も終わろうとしている。


仕事といえば、ひたすら田の耕運である。
今年から11町ほどの面積の田を法人がすべて作業を行う。
(昨年は、4町程は荒代までは他の方にしてもらった)

やはり、春の時期は雨が多く、
なかなか田に入れない。
全ての圃場を溝きりをして、排水性を高めておいて良かったと感じる。

ハウスでは、一足先に春が到来

ハウス

匂いにつられて、ミツバチが来るが、
一度入ると出られなくなるのがハウスの特徴。

1日中入口を開けておいたが、
出られたのだろうか?

ハウスミツバチ

そして、わしの畑に蓮華が開花

蓮華開花

若干早いような気がするが、
5月下旬まで楽しめるのだると思う。

2月に遅れて播種した蓮華は、発芽はしているが、
生育はおもわしくない。
開花は難しいかなと感じる。


去年、実家でサツマイモ畑のあとに播いた蓮華は、
見事に咲くだろうと思う。

実家

わざわざ畝を立てて、播種機で蓮華を播くアホもそうは居ないであろう。


圃場の巡回中に、
思わぬ圃場を発見!

図らずも蓮華畑

なんと、見事に蓮華が成長しているのである。

ここは、安佐南区の市民参加型の農業交流事業の
「楽農塾」のソバの圃場である。

誰も蓮華の種を播かないに、このような状態になるのが、
地味に悔しくは感じる。

ここは、わしのミツバチさんの実家のすぐ近くである。

蜂の実家

去年の4月下旬に、この家の軒下から分蜂を捕まえ、
現在飼育しているのである。

ここは、戸山の中でも好きな場所で、
眺めがとても良い。

気持良い風景

県道を走ると、
この蓮華畑の存在には気がつかないのだが、
地元の方くらいには、気がついてもらいたいものである。


お隣の駐在さんが、
急きょ異動になった。

同じ広島市管内であるが、
良く配達に行くところに近いので、
何かできたら持って行こうと思う。

長男がとても憧れる警察官
何やら、道端に出て道路の案内をする。
たぶん、それは駐車場の警備員さんだろうと思うのだが、
彼の中では、かっこいい仕事なのだろう。

一期一会

出会いと別れを経験して、
大きくなってゆくのだろうと思う。

別れの季節
(駐在さんとのお別れを前に)

今になって、小中学校の卒業式の時に
親が涙ぐんでいたことを思い出し、
親になってみて、親の気持がわかるようになるんだなと、
わかったような事を言いながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.03.24 06:23|作業日誌
3月17日~ 3月23日

水田の耕運
息子の森のようちえんに参加
息子の卒園式
ミブナ播種
特別栽培申請資料の作成
パソコンがぽしゃる(復旧作業)
湯来ロッジ(神楽)

三寒四温というが、
恐ろしく寒暖の差が増してきた。

朝方雪が降ったと思えば、
昼間はとてもポカポカ陽気。

私の心も、三寒四温で農繁期を迎えようとしている。

6歳になった、長男の幼稚園での姿を見ておこうと、
ようちえんに参加した。

見学

年上のお兄ちゃん達についてゆくだけの3歳頃の記憶しかないが、
遊びもダイナミックになり、年下の子供達と一緒になり楽しんでいた。

山登りのできるようになったとのことであったが、
一緒に登ることはできなかった。

そして、卒園式にも参加した。

卒園式

卒園式4

卒園式3

ビデオ撮影に追われ、卒園式の途中の写真がないのだが、
手作り感のある、とても温かみのある卒園式をして頂くことができた。

長男も、よき仲間に出会えたようである。

卒園式2

卒園の始まるまで、友達が寂しがってくれた。

仲間の支えがあっての妻の「森のようちえん まめとっこ

とても良い仲間が支えてくれているのだなと感じた。

何かを行うときは、何かを犠牲にすることが多い。
森のようちえんを広島で立ちあげ、
自分の息子をしっかりと卒園させた妻の苦労もあったことと思う。

私が農業で、朝早くから夜遅くまで仕事する中で、
家事との両立は大変なことだっただろうと思う。
(実際深夜までパソコンで作業していた)

息子が卒園したことで、多少見方も変わるのかなと思ったりする。

これからも、楽しんでやってもらいたい。


日曜日には、
近所の湯来ロッジで神楽があった。

ロッジ

結構ゆったりと見られるし、
太鼓の震動がとても感じられるので、
とても好きな場所である。

ロッジ2

行くのが遅く、
ひとつしか見られなかった。

次男は、八岐大蛇が少し怖かったようである。

ロッジ3

しかし、ひょうきんな顔で写真撮影に応じてくれた。

ロッジ4

団員さんに、「この中にお兄ちゃんが居るよ」と、説明する。

ロッジ7

しかし、相当怖かったようで、
しばらくすると、わしのそばでうろうろとした。

ロッジ6

神楽の道具は、とても高価な物であるが、
触らせてもらえることは、とてもありがたい。

良い思い出になったろうと思う。

今年も、そろそろ忙しくなるので、
あまり、一緒に遊べないだろうが、
久しぶりにゆっくりと遊ばせてもらった。

3月20日を過ぎ、
そろそろオオスズメバチが動き出す

わしの日本ミツバチの巣の付近にも仕掛けを置く。

はち1

ふと、隣にあるものに気がつく。

師

師2

わしの分蜂を狙って、
師匠が準備を始めている様子である。

ここも、待ったなしで動いているなと感じ、
何とか、師匠につかまらないように分蜂しないものかと、
あくどい事を考えつつ、今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.03.17 06:16|作業日誌
3月 10~ 3月16日

ミブナ圃場のマルチ張り
耕運
トラクター洗車
スイートコーン播種(3月13日・14日)

仕事的に書き出すと、余り仕事をしていないように見えるが、
今週は雑用の多い週となった。

6月出荷用のミブナを試験的に栽培する。
その圃場の準備をした。

前日からやけに雪が降り、
雪の残る中でのマルチ張り~マルチの穴あけとなった。

大規模農家の頭を悩ますのが、
マルチの穴あけ作業。

マルチカッターなる物で、
植える場所のビニールを切るのだが、
案外時間がかかる。

しかし、「あけるンジャー」と、いう機械は違う。

ころころと転がすだけで、
穴あけはもちろん、ゴミまで回収する。(はず…)

マルチ穴あけ

恐らく、展示会などのサラサラの土で、マルチも綺麗に張れている条件ならば、
かなりの確率で行くのだろうと思う。

しかし、ここの土は粘りが強く、畝の状態もでこぼこ。
雨が降り、マルチの上は水浸し。

メーカーに言わせれば、
「こんな条件では効率は落ちますよ」と、言うのだろうと思う。

しかし、好条件で出来る様な事は稀で、
殆どが、時間と天気との相談で、
いけいけでやったりする。

悪天候でも出来る様な作業機を考えてもらいたいと思う。


その他は、ハウスの肥料抜きにスイートコーンを播種した。
毎年の作業で、ある程度慣れてきた。
去年は、ハウス内が多草になり、除草に困ったので、
小さいうちからこまめに対処をしようと思い、
早めに除草した。

スイートコーン播種
スイートコーン播種

残りの葉物野菜は、自給用と種取り用である。


週の後半には、とても暖かくなり、
久しぶりにミツバチの様子を見て、掃除をした。

ミツバチ清掃

ひと冬分のゴミであるが、
かなりの量がある。

日本ミツバチは、居心地が悪いと出ていってしまう。
冬の分の蜜を残していないと、
一群が全滅することもある。

まず、冬が越せそうで良かったなと思う。

いま居るミツバチは、秋のミツバチなのだが、
普通は1カ月そこそこで死んでしまう。

つまり、わしが去年の5月に分蜂をゲットして、
蜜を採った蜂たちはもう居ない事になる。

なんと切ない事であろうか…。

ほうきゅう

しかし、今年も蜜のおこぼれを頂きたいとは思っている。


偵察蜂

まだ、霜の降りる様な朝方に掃除したのだが、
誰かが来たぞと偵察蜂も出てくる。

今年こそ満開のレンゲ畑でお返しするぞと思ったが、
今年もやっぱり駄目(レンゲ畑を早急に耕運する為)で、
自分の畑に2月下旬に蒔いた種は、ぼちぼち発芽はしている。

何とか間に合ってほしい。

畑のほぼ全域にレンゲを蒔いている。
何とも生産性の無い畑なのかと思う。

「石井君。あれじゃいけんよ」と、
畑の使い方で駄目出しをされることも多い。

言いわけをせず、
「確かに回転率も悪いし良くないですね」と、会話は合す。

自分の人生
やりたい事を思う存分やりたいものである。

少し時間が出来たので、
子供と広島城に行った。

広島城

わしには2歳上の兄が居たのだが、
この様に面倒をみて、可愛がってくれてたのだろうなと思う。

得意げ

次男は、兄の森のようちえんと同行し森に行く。
低木に隙間に遊びの空間を見つけ、
得意げに通ってくれた。

まだ、1歳8カ月だが
妙に表情が豊かである。

良くわからんが、何度も説明してくれた。


3月14日に、大きな地震があった。
地震の起きる前に、ふと目が覚め、
おお~地震かと思ったら、
わしと妻の携帯の「緊急地震警報」がけたたましく鳴り、
縦揺れの激しい地震となった。

広島市は震度4だった様だが、
とても怖かった。

単発での地震でさえこんなに怖いのに、
東北の方は、余震で当たり前の様に体感している事を思うと、
何だか申し訳ない。

伊方原発がいったら、いよいよ考える時期に来るな。

南海トラフ大地震が3月中に来るという情報に、
異常なほど怯えながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.03.10 05:59|作業日誌
3月 1日~ 3月 9日


有機栽培地区の畑の改造(ニンジン播種)
広島菜圃場の排水処置
小麦に追肥
ベジタファーム東城さん見学
水稲作業計画・スイートコーン作業計画作成
有機栽培地区夏野菜地区の完成


1月と2月の農閑期が過ぎ、
ついに3月が来た。

梅のつぼみも春を待ちきれない様子である。

去年より暖かな冬だったかと思えば、
梅の開花が、去年より遅いので、
全体的には、寒かったんだろうなと感じる。

法人の仕事は、今月中に全ての圃場の耕運をもう一度する。
圃場面積は11町程で、東京ドーム2個と少しくらいの面積である。

恐らく、1日8時間一人で耕運して5日程度で耕運は終わるだろうと思う。

法人の田の面積としてはとても小さい規模である。
広島で大きい規模になれば、80町くらいは普通にある。


農閑期には、あちこちと農園の見学に行ったり、
農業の勉強の時間を確保したりしているが、
今週は、「ベジタファーム東城」さんの所に見学に行った。
東城ベジタファーム


ハウス・露地を含め15町の面積で、全て野菜を作っている。
農業で、しっかりと利益を出している会社なので、
割り切った農業をしていると感じた。

色々な農業の形があるなと感じ、とても勉強になった。


咲とやま農園の畑は、1から出直そうと思い、
排水からやり直している。

畑2

畑3

いうほど何もしていないのだが、
ただ、溝掘りしただけである。

もともと、田の構造であるので、
しっかりと下の土が見えるまでクワで掘る。

畑2

上部に見えるのが、夏野菜の栽培地区だが、
肥料計算が簡単にいくように、分かりやすい面積にした。

これで、肥料計算で悩むことは無いだろう。


隣の日本ミツバチのいる畑を見ると、

ヌートリア

ヌートリアが居た。
(写真中央)

しかも4匹くらい…。

野菜は食べても良いが、ミツバチは襲わないでくれよと願う。


夜になると、
息子たちの漫才始まる。

漫才1

漫才2

140309_203433.jpg


テレビの無いこの家で、
娯楽と言えば、長男の神楽。

最近、次男も加わり楽しそうにしている。

生きていて良かったなと息子たちに教えられ夢うつつで床に入り、
アイスバーンの危険な路面で寒い中の新聞配達で現実に戻されながら
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

先月の裕二

2014.03.08 06:07|作業日誌
2月 1日~2月28日

「先月の裕二」をやっと投稿する事が出来、
「今週の裕二」の連載へ近づいてホッとしている。

一時は、「今期の裕二」まで落ちぶれるのかと思ったが、
2月から始めた新聞配達の仕事にも慣れ、
配達終了の5時から時間が持てるようになれたのが大きい。

通勤の無いわしは、8時の始業まで3時間のフリーの時間が持てる。
(農繁期の始業は5時過ぎとなるが…)

一日24時間は平等に与えられるが、
何とか体と相談しながらあれやこれやとやってみたい。

余談はさておき、本題に入るとする。

2月1日~2月9日
新聞配達開始
献血(祝!100回目)
荒起こし
IWAD環境福祉専門学校での講演(Iターンと有機農業)
発酵籾殻管理(切り返し)
水稲・野菜の肥料等の検討


2月1日から、近所の新聞配達をすることにした。
70件程度で少ない。
思えば20年前も新聞配達をしていたが、
当時は自転車で、100件以上配達していた。
およそ2時間ほどかけて配っていたが、
今は車で1時間ほどで配り終えてしまう。

20年前のわしに申し訳ないなと思う。


今年の冬は、雪が多いだろうと勝手に予想していたが、
予想以上に雪が少なく、暖かくなってきた。

このまま春になるのではと思うほどである。

葉物野菜が春を感じてトウ立ちしてしまうのじゃないかと思ったが、
まだ、何とか耐えている様子である。

野菜2

左下の色の淡い物は、
固定種の種である。

味や食感だけで言えば、F1の種の方が良い気がする。
固定種が全て良いと思っている訳でないので、
冷静に淡々と種を残してゆこうと思っている。

野菜


発酵籾殻は、2回目の切り返しをした。

切り返し

籾殻

外気温は、マイナスなのに、
発酵している場所は、最高73.6度なっている。

菌の力は凄いなと感じる。


2月10日~2月16日

野菜出荷
長男誕生日(神楽門前湯治村へ行く)
耕運
土壌診断用の土の採取
トウモロコシ栽培計画作成
むすひ(ピラティス・九星気学講座)

長男が6歳を迎える事となった。
わしが自衛隊に居れば、こんなに貧乏でなかったろうし、
もっと一緒に遊んでやれる時間もあったのだろうなと感じる。

時々、休みの日に畑仕事をしていると、
近くに寄ってきて、お手伝いすると言ってくれる。

楽しそうに土と戯れている姿を見ると、
わしも、救われる。

結構、物知りでアドバイスをしてくれる。

小学校に行く様になれば、
今の様にわしと遊ぶ事が少なくなるだろうなと思うが、
今のこの時間を大事にしたいと思う。

6歳


2月17日~2月23日

田畑の作付計画作成
野菜出荷
籾殻散布
有機栽培区の畑の改造
わしの誕生日(37歳)

とうとう、発酵籾殻も完成し
田畑に散布することにした。

散布

この写真は田だが、100Kg/反散布する。

畑については、300Kg/反散布する。
たかが3倍の量だが、案外散布時間がかかる。

これさえ入れれば、作物がとても良く出来ると言う
夢の資材は無いと思っているが、
信念と真心を持って栽培したいと思っている。

有機栽培地区の畑は、分かりやすい面積に出来るように
改造中である。

もう一度、基本からやり直しをしようと思い、
毎日1時間程度手入れをしている。

完成したら、写真でも撮ろうと思っている。


そういえば、わしも無事に37歳となった。
きっちりと歳だけはとってゆく。

一緒に仕事している方が75歳なので、
あ~、まだ折り返し地点に来ただけなのだと思う。

定年の無いこの仕事は、案外面白いのかもしれない。


小麦は、順調に生育している様子である。

小麦



2月24日~2月28日

有機栽培畑の改造
畑に発酵籾殻散布
野菜出荷
農薬の勉強

去年の10月に、
2個所レンゲの種を蒔いた。

無事に発芽し、今年は大事になるな~とワクワクしていたが、
レンゲの咲くころには、畑の準備で耕運することになり、
急遽、自分の畑にレンゲを蒔いた。

レンゲ播種

こんな、くそ寒いのに発芽するのか心配であるし、
花は咲かないのかなと思ったりする。

去年種を蒔いた所から移植しようとも思うが、
暫く様子を見ようと思う。

去年のレンゲ

去年の10月に蒔いたレンゲは、この様な状態になっている。

一昨年の10月に蒔き、種が落ちた分については、

一昨年のレンゲ

明らかに、勢いが違う。

今年こそ

白ネギを作った圃場にも、種を蒔いてみた。

何年、こんな無駄な事をするのだろうと思ったりもするが、
わしの夢の中の一つであるし、比較的叶いやすい夢なので、
何とかしたい。

恐らく、わしより彼女らの方がレンゲ畑を望んでいるのかと思う。

ミツバチ


わしの飼っている、日本ミツバチの一群であるが、
この寒い冬も、何とか耐え抜いてくれたようである。

暖かい日には、結構飛んでいる


この時期は機嫌が悪いので、これ以上は近づかないが、
早く、はちみつ舐めたいなとよだれを垂らす。

3月からは、元の「今週の裕二」に戻りたいなと思いつつ、
また醜態をさらしそうな気がしながら今月も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

先々月の裕二

2014.03.02 06:14|作業日誌
1月 7日~1月31日


「1月行く、2月逃げる、3月去る」と言いますが、
気が付いたらもう3月になっていた…。

今年こそ毎週記事を投稿しようと思っていた「今週の裕二」が
「先々月の裕二」と、いう何とも言いわけの立たない事態へとなってしまった。

1月7日~1月12日

有機肥料栽培水田に堆肥散布
野菜出荷(小松菜・ほうれん草・ミズナ・白ネギ)
発酵籾殻仕込み
とんど

昨年と同様に、余った籾殻を活用し、
発酵籾殻の作成を始めた。

籾殻は、大切な種を残す為に非常に硬く分解しづらい。
そのまま土に入れても、なかなか分解しないし、
発芽抑制物質を出すようで、
生のまま大量に入れるのは気をつけた方が良いらしい。

しかし、一度菌で分解させれば話は変わる。
他の資材より、軽いし散布も楽だし、
よい土壌改良剤となる。

籾殻の処理は、課題が残るのだが、
暑いさなか、この作業はしんどいし、
都合の良い場所も無く、水稲の収穫も忙しく、
なかなか出来ない。
今年出来た水稲の籾殻は、逐次処理をしたいものだと思う。

今作成している物は、主に野菜に使う予定でいる。

発酵籾殻仕込み

毎年の恒例行事の「とんど」も無事に終了

とんど

愛知に居た時は、この様な行事も無く、
「とんど」と、聞くと、
駄菓子の「どんどん焼き」を思い出す程度であった。

毎年の行事であるが、参加者がだんだんと高齢化し、
団塊の世代の皆さんが居なくなったら、
この行事も危うくなるのではと思う。


1月13日~1月19日

神楽門前湯治村(長男と)
体調不良でひたすら寝る
野菜出荷(小松菜・ミズナ・ほうれん草・白ネギ)
島根ふるさとフェア

先週の「とんど」の火の番の時に食べた「牡蠣」があたったのか、
吐き気と腹痛により、体調不良となる。

牡蠣にあたると酷い事になると聞いていたが、
私の場合、弱ーい吐き気と腹痛が2週間ほど続く。

体が弱っているのだろうか?

毒素を出す元気も無い。

言われてみれば、毎年この時期に調子が悪くなる。


体調と様子を見つつ、
今年も「島根ふるさと祭り」に行くことにした。

御幣という、神楽の道具を作るワークショップに行く事がメインである。

島根ふるさと祭り

名前を忘れたが、戦隊ものも来ていた。

島根ふるさと祭り

良くわからないゆるきゃらも居た

島根ふるさと祭り

こんな物で喜んでくれる時期もあっという間に過ぎるんだうなと思う。


1月20日~1月26日

野菜出荷(小松菜・ミズナ・ほうれん草・白ネギ)
広島県有機農業研究会総会
神楽門前湯治村(長男・次男)

見事にグロッキー状態が続き寝る。
寝るのも体力がいることに気が付く。
腹も痛いが、体も痛くなるので、おちおち寝られない。

思えば、うつ病になった時は3ヶ月間程寝たきりであったが、
良く寝られたなと思う。

子供とゆっくり遊べるのも、この時期だけの事なので、
子供2人連れて、神楽門前湯治村へ行く。

1歳の息子を連れての神楽は大変だろうと思ったが、
結構大人しく見てくれて、楽であった。

神楽好きの長男でさえ、3歳過ぎてから神楽を見たのに、
次男は、長男の影響で、既に長男と一緒に神楽を舞う。

なんだか、申し訳なくなってくる。


1月27日~1月31日

発酵籾殻切り返し
大和肥料見学
白ネギ、葉物野菜追肥


発酵籾殻の1回目の切り返しをした。

仕込みをした空間が狭く、
一度半分の量を出さないと切り返しが出来なかった。

発酵籾殻

綺麗に米ぬかが混ざっていないのと、
水分量が十分でなかったので、適宜追加した。

発酵籾殻

既に、菌が回り、
籾殻の色も変わってきた。

発酵籾殻

こんなに出来てどうしようかという量はある。


葉物野菜も順調に出来ている。

葉物野菜

去年は、秋に一気に冷え込んだので、
予想していたより、出荷する日が伸びている。

農家なので、野菜はだけは食べ放題である。

自有機栽培が自給ベースとはいえ、種代と肥料代くらいは稼ぎたいと思っている。

今年の野菜栽培は、もうちょっとまともにやろうと計画している。


計画倒れになりながら、あっという間に2月も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。