03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.04.23 06:25|作業日誌
4月14日~ 4月20日

ミツバチの防寒を外す
播種(トマト・ズッキーニ・カボチャ・シシトウ・ナス・ピーマン等)
トウモロコシ中耕(ハウス)
トウモロコシ・カボチャ元肥散布~耕運
ぼかし肥仕込み
蜂蜜の採蜜
体調不良(金曜日)
蜜ろう作り
山菜祭り


今週は、いよいよ農繁期が来たなという様な
バタバタとした週となった。

胚軸を切断した「ミブナ」は、なんとか持ちこたえたようである。

15日
切断15日

17日
切断17日

18日
切断18日

本葉の展開も順調で、
これなら定植できるのかと思う。

2回目に播種したミブナは、

15日
2回目 15日

17日
2回目17日

ぬくぬくと育っている感はある。

生育差を調べてみたい。


ミツバチさんも、待ったなしで、
分蜂の時期が来ている。

戸山での、初分蜂もはじまり、
いよいよかなと感じる。

わしの蜂さんは、
箱内の空間が狭いことから、ひとつ箱を取ることにした。

採蜜

やはり、冬の餌だということで、
箱自体は軽い。

採蜜

今回は2ℓ程度採れた。
(普段は倍は採れる)

先生は、手間がおしいし、
味も落ちているから採蜜はしないという。

しかし
舐めてみると、結構うまい。

うまい

糖尿病になるんじゃないかというくらい、
舐めまくる。

しかし、糖度が低く、
若干発酵気味になってきている様な気がする。
(冷蔵庫で保存して、早めに食べようと思う)

引き続き、蜜ろうの精製もした。

蜜ろう精製

鍋で煮て、

蜜ろう精製


上澄みにあるものが、蜜ろうになる。

1Kgの巣板から、100g程度しかとれない貴重なものだ。

精製度合いがいまいちなので、
少し工夫する必要がある。

その他は
ぼかし肥料を仕込む。

今年の肥料は、基本的には購入しているのだが、
ある菌を培養して土に入れてみたいので作ってみた。

ぼかし肥仕込み

米ぬかと、オカラと、もみ殻を混ぜる

右上にある、白い容器の中に、
怪しげな培養後の菌が居る。

小学生になった息子も、
久しぶりに手伝ってくれた。

ぼかし肥仕込み

1年前はこんなだった。

ボカシ肥仕込み1

たった1年だが、だいぶお兄ちゃんになったと感じる。

彼の成長に反比例し、わしは衰えてゆくのだろうなと、
若干寂しさを覚える。

「騏驎も老いては駑馬に劣る」と、言うが
昔はパパさんもすごい時代があったんだと言うのは、
ナンセンスなんだろうな感じる。
(言うほど凄くない…)


2月過ぎに、長男と種屋に行った時、
ひょうたんを作ってみたいと言った。
結構本気の様なので、畑の一角で、
ひょうたんを作ってみようと思う。

ひょうたん作り

ひょうたん如きに、とても高価な有機肥料を使用する。

3歳から農具を持っているので、
結構上手に扱えるようになった。

ひょうたん作り

実は、1年間かけて、生育観察~ひょうたん作りまで行い、
夏の宿題に兼ねたいと思っている。

夏休みが終わって、課題を出しても、
まだ物は無い。

こんな適当な事で良いのかはわからないが、
わしが小学生の時、
夏の研究には疑問があった。

たった一か月程度でなく、
やりたいものを時間をかけて作ることも大切ではないかと感じる。

楽しんで物事に取り組む彼に期待したい。

新聞配達時に、めまいがし、
目の焦点が合わなくなる。

あれ?いよいよか?

農繁期のペースに、体がついて行かなくなりながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.04.15 05:52|作業日誌
4月 7日~ 4月13日

ジャガイモ定植
胚軸切断挿し木法(ミブナ)
消防団訓練(操法)
播種(露地直播:ニンジン、大根)
入学式
田の耕運
まめとっこ菜園の耕運
まめとっこ大塚の家の草刈り

4月もあっという間に第2週が過ぎた。
いつもの様に、
気がつけばGWという様な状況になりそうな気はする。

有機農法の畑では、
やっとジャガイモを定植した。
一般的には3月下旬には定植するのだが、
ここらは4月に入っても霜が降りるのと、
畑が寒いという、とてもわがままな理由で毎年遅い。

実は去年はもっと遅かった。

ジャガイモ定植

去年は、1畝程作ったが、
自家野菜としては多かった。(腐らせた)
今年は、秋のジャガイモも作り、
年間を通してジャガイモがある状態にしたい。

3月下旬に播種した「ミブナ」の苗
予想通り徒長した。

ミブナ

急いで2回目の播種をしてみたが、
徒長したものが短くなる訳がない。

と、言うのは一般的なことで、
無理やり短くすることは可能である。

一昨年の記事→(見てみる

胚軸切断挿し木法というのだが、
私のバイブルの現代農業に記事が載っていた。

野菜担当の方に、
「徒長した状態を改善する方法がありますよ…」と、
悪魔のささやきの様な事を言い、
実際にやってみた。

胚軸部分を切断し、1~2時間程水に浸す

ミブナ

それを挿し木するだけ。
しばらくは日陰での管理となる。

ミブナ

次の日の9日の状態

ミブナ9日

10日がなく、11日の状態

ミブナ11日

12日の状態
グロッキーな株も出ている。

ミブナ12日


13日の状態
本葉に勢いが出てきた。

ミブナ13日

ちなみに、
播種が1週間違う2回目のミブナの11日
2回目のミブナ11日

13日

2回目のミブナ13日

おそらく、胚軸を切断した苗は、
4日程で回復する。

生育は1週間程度遅れるとみている。

2回目の播種したミブナと定植は同時期になるのではないかと予想する。

ひとまず、全滅しなくて良かったなと思う。


家庭の事であるが、
長男が小学校に入学した。

入学

ダブルピースで写真に写ってくれたのだが、
未だに、写真に写る時の顔は、
眉毛が下がり、微妙な顔になる。

森のようちえんで、毎日山へ行き、野山を駆け回り、
常にお母さんと一緒であった。

良く、幼稚園バスが来て、
泣いてバスに乗らない子供を見かけたこともあるが、
そのような経験はない。

果たして、泣かずに学校に行けるのであろうか?

初登校

「親の心 子知らず」
と、言う言葉が適当かはわからないが、
泣くような事もなく、友達と学校に行った。

これだけあっさりしてると、
こちらが寂しくなる。

こりゃ、こっちが子離れできんなと感じる。

子供の成長に置いていかれ、
わしの老廃ぶりを感じながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.04.07 05:48|作業日誌
3月31日~ 4月 6日

かぼちゃ圃場の計測・耕運
水田の耕運
スイートコーン圃場に堆肥を散布
スイートコーン芽かき(ハウス)
神楽門前湯治村(長男・次男)

いよいよ、26年度が始まった。

特別何かがあったわけでもないのだが、
一般的な仕事をしていれば、
年度の締めや、年度初めの計画などと、
とても慌ただしい時期なのだろうと思う。

自分の農業に関して言えば、
農閑期に年度計画ができるので、
この時期にバタバタすることはない。

最近は、1週間のうちに1回は雨が降っているような気がする。

田が乾きそうな時に雨が降るので、
予定通りには耕運ができない。

野菜に関しても同様で、
5月定植予定の露地のスイートコーンも、
圃場に入れなくて、堆肥が散布できない状態であった。

栽培品種は、
「味来390」がメインになる。

他には、
「ゴールドラッシュ」
「恵味キュート」
「恵味ゴールド」
「ミエルコーン」
「おおもの」
「ドルチェドォーロ」
を、作る予定である。

品種を書き出したところで、

「ふ~ん それで…」

と、言う感じではある。


実際、わし自身
品種を言われてもよくわからない。

どれがこの土地に合うのかと、
どれが栽培しやすいのかという所が
重要になってくるのだろうが、
味について言えば、言うほど変わらないのでは?と、
思ったりする。

2月から始まった新聞配達も、
3か月目に入った。

特に記事を投稿していなかったが、
「スーパーカブ110プロ」も購入した。
(新聞配達の給料ローン)

当初、経費を計算したところ、
燃料代金の差額だけで、5年でペイしてしまう予定であった。

カブのカタログ燃費が60Km/ℓだったので、
そのまま計上していたが、
実際の走行で恐るべき数値が出た。

35Km/ℓ

なんと言うことでしょう…。

当初の計画の倍の期間がかかるではないか…。


その後、停車時に毎回ニュートラルのギヤに入れることで、
燃費が改善しないかと試したところ、

45Km/ℓ

なんと言うことでしょう!

停車時にニュートラルにしただけで、
1ℓあたり、10Kmも伸びた。

まだ、燃料を2回しか入れていないので、
確証は得られていない。

現在は、またギヤを入れっぱなしで、
どの程度燃費が落ちるのかを検証中である。

4月からガソリン代が試算より10円アップしている。
そのあたりも、計算をし直したほうが良いのかと思っている。

しかし、月間の燃料費が4万近くかかっているのは考えものではないかとも思う。

燃料代金に少し足しただけで、
家が建ってしまう。

早く、自分の城が欲しいなと思いつつ、
現実的には、そんな金もなく、
振り出しに戻りながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。