04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.05.29 06:55|作業日誌
5月19日~ 5月25日

今週の出来事

スイートコーン播種・定植
代かき
スイートコーン追肥・中耕
大豆畑の草刈り~肥料散布~耕運
(広島県有機農業研究会暮らし部のイベント)
サツマイモ圃場準備
湯木ロッジ


5月も終盤にかかってきた。
毎日同じ事の繰り返しで、
作業内容の手直しが必要ないことだけが、楽で良い。

栽培期間:農薬・化学肥料を使用しない水田は、
今年は水が少なく、取り合いになるので、
本代の次の日の田植えとなった。

雨降りの中の田植えである。

基本的に、いまの田植えは、田植え機で同時に化学肥料を施肥するので、
晴れた日しか行わない。
久しぶりに、雨の日に田植えをした。

水田

次の日に、発酵肥料を散布
還元層を作り、除草効果を期待する。

米ぬか除草という部類の仲間の様なものだ。

発酵肥料

去年もやってみたが、とろとろの層ができ、
初期抑草効果は高いと感じた。

今年はどうだろうか。

田に入る計画はしていない。
(田に入ると、とても疲れる為)


スイートコーンに関しては、
1週間毎の播種~定植を繰り返している。

苗作りに困り、
さて、どうした物かと思う時期もあった。

ウルトラスーパースイーツ系と呼ばれる品種で、
発芽率は70%程度。

1回目の発芽率:60%
2回目の発芽率:45%

1回目の播種は、みんなでワイワイ楽しく作業した。

こんな発芽率じゃいかんと思い、
2回目は、私一人で播種。

条件を統一したかった。

播種の仕方も、発芽率の良いと言われる方法をとる。
11枚作ったが、10枚がその方法、
1枚は適当に播種。

みなさんの予想通り、


適当に播種した物が、
一番良く発芽した。


何が本当かわからなくなった。


これだけ苗が安定供給出来ないと、
出荷計画も狂ってくる。
苗土も割と高価なものを使っている。
(トウモロコシの苗土は、肥料の少ない安いものでいける←今年の結論)

いかに発芽率を上げるかを
毎日考えた。

3回目の発芽率:93%

ついに、わしの時代が到来した!


光が見えた。

怪しげな物を使った訳ではない。
誰でも同じように出来る方法である。

播種の前日に、仏壇に供えるのである…
(うそ)

悪い苗は、破棄するので、
発芽率だけで言えば、95%は超えることが出来た。

今年も、おいしいスイートコーンを届けられる目処がついた

「発芽率45%の時の苗」
どうしたん?苗1

「発芽率93%の時の苗(セルトレイ)」
いいね~ 苗2

「発芽率93%の時の苗(ペーパーポット)」
すばらしい!苗3

セルトレイとペーパーポットの2種類で、
根痛みによる生育の差を検証する。

予想では、ペーパーポットの方が良いはず。
定植時の人件費も抑えられるが、
苗土の量がセルトレイに比べ、1.4倍程必要なのと、
毎回ペーパーポットの紙を買う必要がある。
あと、苗が重い。

しかし、苗作りの、水管理楽になる。

一長一短ではある。


時間をみつつ、
広島県有機農業研究会の、
大豆栽培圃場を準備した。

草刈り後、肥料を散布

肥料散布

JAS有機認証資材を使用

途中、中学生が通りかかり、
「くせっ」と、正直に言われ、
たぶんわしも、そう思う、と思いつつの作業

耕運

なんとか、2度目の耕運も終わり、
播種の1週間前に、もう一度耕運する。

近所に、小動物が住んでいるので、
足跡が凄い。

発酵肥料が好きなようである。
ヌートリアらしが、大豆も食べられたら、
大変なことになる。

息子の今年の目標であった「ひょうたん作り」

播種してから、やたらと時間がかかったが、
なんとか発芽した。

ひょうたん

一瞬、かぼちゃか?と思ったが、
播種した所全てがこれだったので、
これで合っているのであろう。

これで、かぼちゃが出来たら申しわけない。

日曜日には、湯木ロッジに神楽を見に行った

思えば、5月の休みは、
引っ越しで1日休んだだけだった。

日曜も、午前中は仕事であった。

今年、農業で満足いく成果が出なかったら、
人生考える覚悟でいる。

多少の忙しさは、自分の糧として、乗り切ろうと
いつになく前向きになりながら今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.05.20 07:25|その他お知らせ
5月12日~ 5月18日

スイートコーン播種・定植
代かき
スイートコーン追肥・中耕
田植え(あきろまん)

「毎日毎日僕は代掻きと、田植えの生活でいやになっちゃうな~」

というくらい、毎週同じような生活をしている。

5年間かける日記を書いているのだが、
あれ?ここ何年か、毎日同じことしてるぞ?
と、思う。

あれ?
今週の記事はネタがないぞ?

いよいよ、ブログまで手を抜き始めつつ今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.05.16 07:52|作業日誌
5月 6日~ 5月11日

田植え
スイートコーン播種・定植
代かき
引っ越し
こんにゃく定植
白ネギ播種

農業法人の収入の足を引っ張る野菜部門

今年のスイートコーンは去年と同様の2反
農薬、化学肥料半減の特別栽培に申請する。

去年の失敗を反省し、
播種を数回に分け、1ヶ月間は出荷が出来る体制を作る。

「ゆうパック」を活用し、
朝収穫したものを、夕方に届けられるようなサービスを検討中である。
(夕方に届けられると保証できるのは安佐南区だけらしいが…)

さっそく定植作業に取りかかる。

定植

発芽率が70パーセント程度なのだが、
さらに悪く、60パーセントを切っている。

どうしたものか…。

1100本ほど欲しいのだが、800本程度になってしまった。
苗土も無駄にし、人を雇い定植作業をしても無駄が多い。
いかに発芽率を上げるのかが、わしの課題だ。

他の作業は、白ネギの播種をした。

今年は「元蔵ネギ」を使ってみる。
今までは「ホワイトスター」と、いう品種であった。

JAS有機には適合しない資材だが、
チェーンポットを使う。
(接着剤に化学性の物が入っているから)

一昨年は、1株ごと手植えした。
腰がしびれた。

白ネギ

この、蜂の巣状のポットに種を3粒づつ播く。

白ネギ2

几帳面とは程遠いわしには、とても辛い作業である。

たまに2粒
たまに4粒
たまに3粒

コーティング種子という、播きやすくしてある種もあるが、
それなりに高い。

白ネギ程度の大きさなら
我慢できるレベルである。

引っ越しについては、
生活に必要な物は移動でき、新しい家での生活が始まった。

部屋数が多く、とても贅沢なのだが、
結局貧乏性は抜けず、
2部屋程度しか使っていない。

床がぶよぶよで、いつ抜けても可笑しくない。

農繁期に入り、自然と減量できるわしでも、
そろそろ危うい。

いろいろとやることが溜まってきて、
さらにストレスまで溜まりだしながら今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.05.15 07:56|作業日誌
4月28日~ 5月 4日

スイートコーン播種
代かき
カボチャ播種(法人)
引っ越し

5月に入り、いよいよ農業の本番の時期が来た。
あら起こし~荒代~本代~田植えをスケジュールを組み作業を行う。

11町の田を、4回に分けての作業

田植え機自体の能力が、
最大で、1日1町5反程度(つまり私の能力)

平均1日1町の田植え計算で作業を行う。

近所のおじさんにこんなことを言われた。
「いや~昔はGWは休めんかった」

そうだろうなと思う。

おかげで、わしがGWという言葉が無くなった。
(別に苦にしているわけでは無いので誤解は無いように)

自衛隊時代は9連休が基準だった事を思い出すこともある。

みんなが楽になれば本望かと思う。

農作業にはコツがあるのだが、
とくに代掻きは、ポイントがいくつもあると思う。

代掻きとは、
稲の苗を土が保持するような状態にするわけだ。

水が多すぎると、水遊びになるだけで、
土を練ることができない。
土の練りすぎは、稲の生育にも影響を与えるが、
水田ハローという、代掻き用のロータリーを使えば、
土の表面だけを練ることができ、生育に影響をあたえることはないと感じる。

代掻き

水加減が一番難しいのだが、
基本はひたひた水
あら起こしが十分できていれば、水面に水が見えなくても良いのでないかと思う。

代掻き2

代掻きの後に、うっすら水が残る程度が良いと感じる。

代掻き3

浮わらが問題と言われるが、
水が多くわらが逃げるから土に練りこめないだけだと思う。

ただ、1日に1町以上(2町程度の時もある)代をかく
水が抜けていなかったり、水がなかったりと思うようにいかない。

しかし、しっかりと代掻きができれば、
雑草も生えにくい。(経験済み)

水稲の作業の中でも、重要な工程だと感じる。

他の作業は、カボチャを播種した。

かぼちゃ播種

息子とひょうたんの種も播いた。

ひょうたん播種

よくわからないが、楽しそうである。


私ごとになるのだが、
借家を借りることが出来た。

この農繁期にむちゃくちゃだと思う事もあったのだが
なんとか引っ越しは終わった。

壁塗り1
壁塗り2

くらい雰囲気がしたので、
白ペンキを塗った。

6歳になる長男も、かなりの戦力になるようになってきた。
頼もしい事である。

ポーズ

作業終盤では、イライラしていたが、
なんとか無事に終わりポーズをとってくれた。

ひとまず、移動だけは終わったのだが、
前の家を見ると、夜逃げしたのかと思う様な状態である。

朝5時から19時までの作業も慣れてはきたが、
毎日、目の付近が痙攣し、徹夜明けの状態が続く。

わし、大丈夫か?

代掻き中の仮眠を大事にしながら今週もはじまる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.05.01 06:17|作業日誌
4月21日~ 4月27日

スイートコーン播種
脳神経外科受診(異常なし)
ミブナ定植
スイートコーン圃場準備(溝たて・マルチ張り)
授業参観



農業法人の収入の柱となる水稲の準備が着々と進む。
今年の春は、とても暖かいので、コシヒカリの苗の生育も順調に感じる。

来週から、いよいよ田植えの準備作業に入るので、
今週は、畑の作業をした。

収入の足を引っ張る、野菜部門のスイートコーンを担当している。

去年の反省を生かし、
播種日をわけ、作業が集中しないようにしている。

7月には、おいしいスイートコーンが食べられるように頑張りたいものだ。


他の野菜部門の「ミブナ」の定植をした。

苗

胚軸切断接ぎ木法での苗は、もう少し待ちたかったが、
2回に分けての定植もめんどくさいということで、
一気に定植した。

胚軸を切断し、それがまた復活するという話を信じてなかった(のだろう…)のか、
一部の方は、
「軸を切ったん?」
「それで大丈夫なん?」
と、言う感じに言われた。

病害虫に強くなり、株も大きくなるという。
苗の管理や、作業量が増えるというマイナス点もあるのだが、
徒長してしまうこの時期の苗をリセットできる面白い方法と思う。


定植風景

皆で、わいわい言いながらの作業は
とても面白い。

今手伝ってくれている方が65歳前後ということは、
あと、10年もすれば
ほとんどが別の方になってるのだろうと思うと、
少し寂しくなる。

苗を定植した感じからすると
胚軸を切断した方が、マルチの影響は少ないのだろう


≪普通の苗≫
普通の苗


≪胚軸切断の苗≫

切断苗

今の時期はそれほどでもないが、
夏の時期の定植で、
黒マルチに葉が垂れれば、半日程度で焼けてしまう。

定植する日の天気、時間帯も考慮しないといけない。

どうでも良い話ではあるが、
妻の実家の畑に、蓮華畑が出来た。

蓮華畑2

去年、サツマイモを作り、
すぐに耕運して播種した。

家の敷地なので、人に見られることもない。

種まきもしていない、
別の圃場では、

蓮華畑1

そろそろ満開となりそうである。

ヘビの多い、この地区で
蓮華畑で遊ぶには、かなりのリスクがあるのだが、
ミツバチたちが、楽しげに蜜を集める姿を見ると、
無駄ではなかったかと思えてくる。

2月の極寒の中で播種した蓮華も咲いてくれればと思うばかりである。

来週から6月下旬までの水稲作業で休めないだろう忙しさを前に、
すでにヘロヘロになりながら今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。