05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.06.23 06:41|作業日誌
6月16日~ 6月22日

今週の出来事

田植え(今年最後です)
大豆畑の管理(溝上げ・マリーゴールド定植)
スイートコーン防除・追肥・中耕
水田の溝切り

戸山小・中学校運動会


先週の小麦刈りから、
荒起こし~荒代~本代~田植えと、
1週間程度で、一気に景色が変わる。

近所の方からも、
「こないだ小麦を刈ったと思ったら、はぁ、田植えがすんどる…」と、
言われる。

機械作業とは恐ろしいもので、
土壌に住む生物や植物のペースは関係ない。

昔は、麦を作り、牛と協力して土を起こし、
代掻き~田植えをしていたようだ。

60代の方もそのような経験をしている。
一世代の間に、大きく変移したものだ。

大量生産が良いのか悪いのかを議論出来るような、
材料を持ち合わせていないのだが、
若干ペースが速いなぁと感じる時はある。

ひとつ転べば、取り返しのつかない状態になる。

今年の田植えが、やっと終わったかと思えば、
今度はスイートコーンと、水田の中干し後の溝切り作業が始まる。

溝切り作業も、去年よりは上手になった様で、
きれいに溝を立てられる。

せっかく、収穫直前まで水を充てられるようにと、
溝を立てるのに、水の入れっぱなしで、
溝が無くなることがある。

溝切り

[広告] VPS


秋まで持ってもらいたいものである。


先週の日曜日に播種した大豆は、
今のところ順調である。

<播種2日目>
大豆1


<播種4日目>
大豆2

<播種5日目>
大豆3

このあたりの時期が、ハトが食べるには持ってこいの時期で、
3年前に直播した時は、どこからともなくハトが来ていた。

完璧な播種作業により、
100%に近い発芽

これからの作業にも力が入りそうである。


土曜日は、戸山小中学校の運動会
わしの母も、孫の勇姿を見るために、わざわざ駆けつけてくれた。

運動会当日、
「学校行きたくない…」

長男のこのような言葉に、若干ビビったが、
運動会に参加して、頑張っている姿を見ると、
すこし、頑張りすぎではないだろうか?と、思った。

わし譲り!?の頑張り屋と真面目さ(自分を褒めている訳ではない)が、
裏目に出なければ良いのだが…、と、心配になる。

(運動会中、ビデオ撮影ばかりして、写真を取り忘れた…)


日曜には、息子二人とサッカーをする。

戸山代表1

日本代表という言葉に弱い様で、
妙に嬉しそうにほほ笑む。

一昨日、わしの母に買ってもらったサッカーボールと、
運動会お疲れ様で買ったサッカーの服

サッカー部でもなんでもないが、
恰好だけは日本代表である。

戸山代表2

雨上がりで、グランドコンディションの悪い中、
へとへとになるまでサッカーをした。

戸山代表3

思えば、4月後半から、
まともに休んでいなかったが、
6月も後半に差しかかり、やっと家族の時間を持てるようになった。

それにしても、次男坊のこのポーズは何だろう?

良くわからんが、楽しかったんだろうか?

農業でへとへとになってからの、
子供との遊びは、かなり体に応えるが、
今しかない、この時期を大切にしたいと言い聞かせながら、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.06.18 06:59|作業日誌
6月 9日~ 6月15日

今週の出来事

サツマイモ定植
自然栽培の勉強会(すみおファーム
小麦収穫(RCCラジオ中継あり)
大豆の苗作り
スイートコーン追肥・防除
代掻き(今年最後!)
大豆種まきイベントの圃場準備
ひとつぶから味噌づくりの会2014 by ひろゆうけん(1回目:大豆播種)

天候の予測のつかない梅雨らしい時期となってきた。
小麦の収穫も待ったなしの状況になっている。

そんな中、自然栽培の果樹の剪定の勉強会に参加した。

安芸高田市のすみおファームさんで行われた。

講師は、道法さんという果樹の専門家
前職は、広島果実連で、
農家に慣行栽培の果樹の栽培を指導してきた方だ。

指導通りにやってもうまくいかないことに疑問をもたれたようだ。

植物ホルモンを活用する剪定、誘引方法は、
とても理にかなっている。

私が、自然栽培(無肥料・無農薬)を捨てられないのは、
この方との出会いがあるからである。

机上の理論と、現場が違うのはよくある話だが、
栽培に関して、一番知っているであろう農家が、
机上の理論を勉強した専門家に教えを請うというのは、
変わった職業だなと思う。

ぶどう3

手つきに無駄がなく、
大胆に剪定、誘引をする。

ブドウがどのような栽培をするのか知らないが、
とてもすっきりして、気持が良くなった。

野菜についても、同じ理論が使えるのだが、
一部野菜でも試験をしてみようと思う。

トマト

左側が通常で、右側が試験株である。
苗が小さいのは気にしないで欲しい。

ただ、播種が遅いだけである。

気になる小麦は、天気予報が変わり、
1町7反を1日で刈り取りしないといけない状況に置かれた。

小麦収穫1

しかもRCCラジオのラジオカー中継も入り、
焦りつつの作業

小麦2

ラジオを聴いていると、場馴れしている出演者がいるのだが、
わしは、何にも面白いことも言えず、
「ちーん」と、言う感じで中継も終わる。

日曜日は、
「ひとつぶから味噌づくりの会2014 by ひろゆうけん」の
第1回目の播種の作業となった。

大豆播種1

前日に1時間程かけて準備して良かったと思う。

これだけ多くの方に手伝ってもらって、
播種作業だけで1時間程度かかった。

その後、食事作り。

食事

こちらがメインかと思う程である。

食事2


食事3

食事作りに時間がかかり、13時くらいに昼食が始まる。

雨でなくて良かったなと思う。

小麦収穫も、稲の代掻きの作業も終わり、
否応なしに、日々は過ぎる。

また、気がついたら雪の降る時期になっているのだろうなぁ~
若干記憶喪失気味になりながら、今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.06.12 07:40|作業日誌
6月 2日~ 6月 8日

今週の出来事

田植え
スイートコーン定植
サツマイモ圃場準備
枝豆土寄せ
白オクラ播種
荒代
トマト・ナス・バジル・エゴマ(定植)
小麦刈り取り準備

近所の方の葬儀の手伝い

消防団(ポンプ操法)

いよいよ、6月入った。
梅雨に入り、小麦の刈り取りに気をもむ時期となった。

この時期になると、
水田には稲が植わり、あら起こしの圃場があったり、
小麦の畑があったりする。

小麦と稲とあら起こし

消防団のポンプ操法の大会も、
この時期にあるので、
5月からのハイペースな仕事の疲れがピークになる。

1番体重減少の顕著な月となる。

人に会うたびに、
「やせたな…」
「やつれたな…」
と、言われる。

無農薬・無化学肥料の畑は、
定植する時しかいけなくなる。

いつの間にか、育っている状態である。

妻に言われて、初めてわかる。

情けない状態ではある。

しかし、そんな中、
手間をかけていたハウス物のスイートコーンは順調に育つ。

スイートコーン

ハウスの肥料抜きがメインなので、無肥料ではあるのだが、
きちんと育つ。

肥料の塊があるのだろうか?
一部だが、どうしたん?と、言うほどの
生育をしている株もある。

今年は7月中旬から8月上旬と、
10月の出荷予定だが、
今年だけで、スイートコーン栽培に関し、
かなりの成果を修めることが出来ている。

これで、赤字で来年はやめようとなったらどうしようかと、
すでに弱気になりながら、今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.06.11 07:08|作業日誌
5月26日~ 6月 1日

今週の出来事

代かき
スイートコーン直播・追肥・中耕
ミブナ収穫
田植え

今年のわしのメインのスイートコーン作り
苗の不出来が影響し、株の成長は揃っていない。

スイートコーン

去年は、大草になり、小言を言われたので、
管理機中耕する。

除草剤を使えば楽なのだが、
妙なこだわりで、農薬の使用は限りなく抑えたい。

草と言えば、
栽培期間農薬・化学肥料を使用しない水田では、
米ぬか除草が失敗した模様で、
仕方なく田に入ることにした。

チェーン除草

今年は、代掻き翌日に田植えを強行した。
田植えの次の日に発酵肥料を施した。
これ以上ない完璧な作業であったはず…。

今年は、水が充分にない。

あてる時に充てないと、
水の取り合いになる。

結果、一度に貯める水が多く
濃度が薄くなり、草を抑えきれていない。
その後も、常に深水には出来ない。
今年は厳しい年になりそうである。

今年初めての「ミブナ」作り

ミブナ

見た事も、食べたこともない物を作るという、
おかしな事もする。

癖のないミズナの様な感じである。

こちらも、ネオニコチノイド系農薬は使用しないで作る。
二言目には、ネオニコの農薬使用を勧められる。

ミブナ収穫

収穫は女性の得意とするところだと感じる。
細かな心遣いができる。

小麦1

小麦についても、今のところ農薬を使用しないで出来ている。

最後の米に影響するので、
気の抜けない時期が来た。

咲とやま農園「養蜂部」は、順調と思われていたが、
今年の蜂の勢いが足りないようで、
少し、手助けをしてやった。

ミツバチ手術

蜂の勢いがあれば、
自分達で、女王蜂の王台の巣板を壊すことが出来る。

それを、わしが壊してやる。


やりすぎた


壊しすぎたようである。
蜜蜂の子供まで殺してしまっている。

代のムラが出来るので、
出来るだけ、子供は殺さない方が良い
(あたりまえ…)

これで、回復するかどうかは、
観察してみないとわからない。

今年も頑張ってもらたい。

私生活では、1年間住んだ「戸山連絡所」の
清掃が終わり、点検してもらった。

さよなら連絡所

6畳と4畳半の狭い部屋だったが、
住みなれた場所を離れるのは、結構寂しいものである


米も、スイートコーンも、小麦も、自給菜園も、ミツバチも…

ちょっと待って!

一時停止を押したい気分になりながら、
今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。