06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートコーンの注文方法です

2014.07.31 07:49|トップ
今年の夏のスイートコーンは出荷終了しました。
食べた感想や、激励のお言葉を多数頂きました。

もっと良い品を出せるように、もっと勉強しようと思います。

10月に出荷できるスイートコーンも栽培中です。

今後ともよろしくお願いします。


農事組合法人 戸山の郷 中王では、
去年から、スイートコーンを栽培しています。
(私が勤務する農業法人の事です)

今年も、栽培を任されています。

去年は初めてのことで、
全くわかりませんでしたが、
今年は、なんとか皮つきのまま販売できそうです。

詳しくはチラシを参考にしてください。

チラシ


郵便局の備え付け振り込み用紙(青色)に、
必要事項を記入の上、お振り込みください。

写真の様な物は、広島市の伴郵便局、戸山郵便局しかありません。
依頼人と、届け先が違う場合は、わかるように書いていただければ結構です。
お届け時間帯も、希望があれば、記入してください。

振込票


発送準備が出来次第、入金の先着順に発送いたします。

不明なこと、調整したいことがございましたら、
連絡ください。

可能な限り対応をしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.07.29 08:33|作業日誌
7月21日~ 7月27日

今週の出来事

神楽門前湯治村(長男・次男)
スイートコーン(防除・芽欠き・出荷)
田の溝切り
大豆土寄せ(今回が最後合計4回の培土をした)
広島菜圃場耕運
水稲(イモチ防除)
家族で海へ行く
次男の2歳の誕生日

スイートコーンが収穫最盛期となり、
週3回の法人の出荷と、個人的な販路への出荷を合わせると、
結局毎日収穫~出荷をするような日々が続く。

これだけ稼働が多いと、
来年は、ちょっとこらえてくれてと言われそうな予感もする。

70数名居るはずの組合員も、
結局農作業をしてるのは、両手で数える程度。

普段の作業は片手で数える程度である。

これが農業法人の現状である。
農地を所有していると言うだけで、
農民ではない。

いままで、休みの日は農業をしていた組合員さんは、
法人が農業を肩代わりし、自分が今までやってきた事を忘れているのだろう。

自分で働いている労賃はボランティア
収量は出来ただけ
メインの収入に頼り、農業は赤字
だから、農業なんて息子にさせないし、
農業なんて儲からないし、きついだけ。

私が農業法人にお世話になっているので、
こんな毒を吐くのは良くない事だろうと思うのだが、
わしが居ることで、曲がりなりにも農作業が進んでくれているので、
危機感が無いのだろうと思う。

わしが居なければ、逆にちゃんと考えるのかなと思う事もある。
(わしは困るのだが…)

農業法人は、農地を維持する組織なので、
完全な営利団体とは言い切れない所もあるが、
ちゃんと生活が出来、やりがいもあり、夢のある仕事にしたい。

大豆の畑については、
最後の中耕・培土をした。

大豆中耕

これ以上後になると、
根を切りすぎる。

畝間

しっかりと土寄せも出来ている。

こんなもんか

有機農業やっとるんか?草ぼうぼうの農業かと言われた事もある。
それが、とても悔しい。
以前、三重の有機農家の見学に行ったが、

「草が生えるのは、手を抜いているだけ。
篤農家は、だいたい草を生やさなかった。」と、言われた。

草を敵とせず、生き物を生かす農法を有機農業とするならば、
わしの農業は、有機農業ではない。

理念の伴わない、形だけの有機農業である。

今のわしのレベルは、そんな所である。
あと10年やれば、多少はわかってくるのかと思う。

緑肥を播いた畑は、いつの間にか生えていた。

ソルゴー

葉の色が違う所があるので、肥料の溜まっている所があるのだろうなと感じる。

息子のひょうたんも、
ひょうたん

ひょうたんの花

案外、綺麗な花が咲き

出来とるやないか

いつの間にか、ひょうたんの子供が出来ていた。

今週は、わりと家族と過ごす事が出来た。

工作

神楽門前湯治村では、工作ができるようになった。

2歳になりそうな次男は、
やっと神楽の怖さを知った様で、

恐れ1

キツネが出てきたときに、
なんだ?あの動物は?と、



キツネ

こうなる。

だめか…

長男は、3歳の時に初めて見たヤマタノオロチで、お泣きした。
そりゃそうだろうなと思う。

記念写真

記念写真を撮るときには、
ニヒルな笑みを見せる。


別の日には、
家族で海へ行く。

毎年1匹も釣れない釣りも、

魚釣り

今回は釣れる。

海にて

何だかとても楽しそうである。

長男が、
「家族でお出かけしたい…」

その一言で、急きょ海へ行ったのだが、
そのような言葉を言わせてしまうほど、
家族の時間を作っていないと痛感する。

次男は、
まだ良く分からないのだろう。

ブルース・リー

ブルース・リーに見えてくる。
なんで2歳児が、このポーズなのか気になる。

久しぶりの家族サービス中なのだが、
あるものが気になる。

長男に取ってきてとお願いする。

海藻とり

海藻取り

海藻を採ってきてもらう。

それを入れて、ぼかし肥を仕込む。

ぼかし肥仕込み

休みの日くらい、頭を切り替えようや…。
365日農業漬で、脳みそのバランスをかきながら、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.07.26 06:48|その他お知らせ
7月14日~ 7月20日

今週の出来事

白ネギ定植
水田の溝切り
スイートコーンの管理(雄花切除・防除・芽欠き)
特別栽培の圃場点検
スイートコーン初出荷!(7月18日)
日本蜜蜂継箱(8月10日採蜜予定)
大豆土寄せ
白ネギ土寄せ
ひとつぶから味噌づくりの会2014 (芽欠き)

今年も、1畝程度白ネギを作る。
思えば、5月22日に播種をした。
苗作りに2カ月かかると言うのはとても非効率だと感じる。

畑に直播も出来るようだが、
除草剤のお世話にはなる。
こまめに草を抜く時間などない。

白ネギ

今年もチェーンポットという資材を使う。

接着剤に化学性の物質を使っているので、
JAS有機適合資材ではない。

一株ごと定植する時間がないので、
ここらは、仕方ない選択と言い聞かせる。

白ネギ アップ

いつもお世話になっている「もみ殻発酵(株)アイナ」の発酵もみ殻を大量に投入
(HPが出来たらしいですのでリンクりました↑)

発酵もみ殻の土壌改良効果は実証済みで、
反あたり300Kg(畑)で最大の効果が得られる。
入れすぎてもさほど効果の差は無い。

しかし、排水不良の畑においては、
大量にいれることが、良い作物を作る近道かと思う。

農事組合法人「戸山の郷 中王」のスイートコーンがやっと初出荷ができた。
4月末から、手塩にかけて育てたスイートコーン。
今年は、皮つきでお中元で出せる品物を目標に、
少ない農薬で、いかに効かせるかを勉強した。
有機農業をするつもりだったわしが、
農薬の勉強をするとは夢にも思わなかった。

スイートコーン
初出荷
虫の点検

一つ一つ、虫の点検をして、
一つ一つ丁寧に拭き、
一つ一つ丁寧に段ボールに入れる。

スイートコーン圃場

3500本程の本数しか収穫できない。
来年は、もっと効率的に、大きい圃場で規模拡大しようかと言われる。

元気市用

広島市の大町にある「とれたて元気市」の出荷も逐次している。

基本的に月水金の収穫で、
不定期にも大口があれば対応している。
しばらくは、ほぼ毎日5時過ぎにはスイートコーンを収穫している

わしは、毎日5時過ぎから仕事しているので、
特に変わった生活リズムではないが、
手伝ってくれる農業法人の方は、
連日になれば、疲労の色も見え始める。

なんだか、申し訳なくなる。

しかし、米以外で光るもののない、農業法人で、
これだけ短期間に、ブランド化出来る商品が出来た事は嬉しい。

夢が叶っている。

次の一手も討っている。
栽培試験中である。

広島県有機農業研究会の「ひとつぶから味噌づくりの会2014 」
の芽欠き作業をした。

わし自身、芽欠きの効果はどの程度の物か知らない。

1週間前に芽かきをしたものと、していないものとを比較してみた。

<芽欠きあり>
芽欠あり
<芽欠きなし>
芽欠きなし

確かに、芽かきをした方が、側枝が良く出ている。


芽かきをした方が、株の丈も低い。
(芽を切っているので、根が止まって成長しない)

株の比較

当初、半分の畝だけ芽かきをする予定だったが、
案外効果のある事に気がつき、
何もしない所を3株だけ残し、
全て芽欠きをしてもらう。

大豆芽欠き

右から3つだけ何もしていない。
良く観察したい。
畝の比較

これで、大豆栽培は収穫まで、大きな作業は無い。
みなさんのおかげで、ここまで来れたので、とても満足している。

昼飯は、1品持ちより。
とても楽しい食事タイムとなった。

この人は、他の人の分のスイートコーンまで横取りして食べていた。

食べすぎの人

去年のこの時期も、止まらないほど食べていたことを思い出す。

去年

1年たっても、あまり変わらない。

時間がる時に、
水田の生き物を調査してみた。

去年と同様に、
黒ゲンゴロウを発見!

写真を撮ろうと手に取るが、
動きまくる!

くろげん1
くろげん2
くろげん3

もぞもぞと動きまわる黒ゲンゴロウに、
ぞぞ毛をもよおしながら、今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.07.20 07:05|作業日誌
7月 7日~ 7月13日

今週の出来事

自然栽培勉強会(すみおファーム)
スイートコーン管理(雄穂の切除・防除・芽欠き)
特別栽培の申請・圃場点検(スイートコーン)
白ネギ畑の準備

月に1度の自然栽培の勉強会
安芸高田市の「すみおファーム」さんの好意でよんで頂いている。

剪定中

ぶどう

ブドウは作った事がないので、当然全くわからない。
種なしブドウのジベレリン処理といわれても、
ちんぷんかんぷんである。

この後、袋をかける作業があるらしいが、
何のためにするのかさえ知らない

しかし、植物は同じ理屈で成長してゆくので、
理論を上手に活用すれば、野菜や水稲でも応用できる(はず)
基礎も理解できていないので、応用は出来ないとは感じる。
まだまだ、先生に基本的な所での質問をしているような状態である。

(自然栽培の先生:道法 正徳さん グリーングラス代表)

同じ理論に基づいた誘引を、
トマト、ピーマン、ナスで実施中

トマト
ナス

近所の野菜おじさんに、
「あんた、大変なことしちょるのぅ」と、言われる。

今年の有機栽培地区は
何だか手が入っているような見た目ではある。

有機栽培圃場

手前の秋作~春作までの圃場は、
耕運して、「ソルゴー」と、いう緑肥を播いている。

大きく育てば、
「石井君は、見た事もない大雑草をガンバって作るのぅ」と、言われている事だろ。

いつの日か!と、思いながらの作業は続く。

大豆
大豆の畑も、良好な状態ではある。

完璧な作業などないだろが、
自分的には、やりすぎているなと感じる事もある。

全体

全体写真を見ると、
あ~、畑っぽいなと感じる。

毎年、耕作放棄地に毛が生えた程度の圃場だったので、
これだけ畑の様な状態を維持出来れば満足である。

今年も、申し訳なさ程度に
白ネギを作る。

白ネギ

圃場準備も万全である。

農事組合法人「戸山の郷 中王」の
スイートコーンも、出荷直前まで来る事が出来た。

ミツバチも頑張っている。

雄穂と蜜蜂

息子のひょうたんは、何もしてないので、
大変な事になってきた。
ひょうたん

早く棚を作ろうと思いつつ、
作業が間に合っていない。

最近までは、新聞配達から始まり、
5時から19時くらいまでの作業だが、
そろそろ、昼間の時間帯が危険な時間帯になる。

昼休憩をしっかりと取って、
法人のHPやブログも更新しようとは思う。

微笑ましい毎朝の子供たちの寝姿が、
心の支えではある。

なかよし

水稲もスイートコーンもかなりの手ごたえを感じつつ、
こんな無茶苦茶な働き方は、今年で最後にしようと思いつつ、
今週も始まる。






ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.07.10 06:40|作業日誌
6月30日~ 7月 6日

今週の出来事

機械の手入れ(コンバイン・田植え機)
スイートコーン(芽かき・防除・草刈り)
水稲(溝切り)
白ネギ畑の準備
大豆畑の追肥・中耕・培土
広島市内で講演会のおまけに参加

思えば、農業を始めて4年目となり、
やっと何かがつかめそうな感じとなった。

慣行栽培・有機栽培・自然栽培を全てやっている
珍しい人間だと思う。

それぞれが、素晴らしい理論で、
とても楽しい。

広島県有機農業研究会の
「ひとつぶから味噌づくりの会2014 」の圃場は、
自分が管理しているとは思えないほど順調である。

ぼかし

自家製ぼかし肥料を追肥した。

追肥1

大豆に追肥かと思われるだろうが、収量を多く取ろうと欲を出せば、
追肥が必要になる。
やったところで、大豆自体は根粒菌から得る窒素で大半は育つ。

半分以上は無駄な作業で、無駄な出費となる。

カキガラを砕いた、有機石灰も追肥をした。

元肥として入れる予定が、
完全に忘れてた。

PHの調節もあるのだが、
ミネラルや、微量要素は必要なのかなと感じる。

培土

台風が来ると言うので、早めの中耕・培土となる。

先手先手の、よい作業が出来る。

自己満足度は凄い。
道を通るたびに、にんまりする。

戸山の本通の、郵便局のある隣の
一番都会にある?畑である。

無様なことはできない。

反対に、自分の畑は
植えっぱなしで何もしていない。

トマト、ピーマン、ナスの誘引をした。

とまと

こちらは、勉強中の自然栽培の栽培方法をする。

植物の呼吸のサイクルを生かし、
植物が自分自身でホルモンを活性化させる栽培方法である。

地味に肥料を入れているのだが、
肥料を入れると、虫がついたり病気になりやすかったり、
味も悪くなるらしい。

慣行栽培ベースの考え方で、
有機資材を使う農業をするわしは、
どうしても、3大要素(窒素・リン酸・カリ)がとか、ミネラルが
マグネシウムがとか知ったげな事を言ってしまう。

環境の事を考えれば、
土壌汚染の原因の肥料と言うものを減らすことが出来る事は
ありがたいし、余分なお金も必要ないし、散布する手間も省ける。

良く観察したい。

栽培期間:化学肥料不使用・農薬は除草剤2カウントの圃場は、

米1
米2


これ以上、分けつを待てないので、
軽く中干しをすることにした。

田植えしてから、株が増えていない所もある。

除草剤の薬害の可能性も考えられる。

出穂が7月28日辺りかなと思う。
だいぶ色も良く、丈も低いので、
去年の様に、倒れることは無いかなと思う。

日曜日には、広島市内で講演会に参加

講演

テレビにも出られる「鉄穴森 陽子」先生の
「知って得する アレルギーの話」の後に、
20分ほどの時間をいただき、

「知って後悔するかもしれない野菜の話」をさせてもらう。

とても良い経験をさせてもらう。

イベント主催
工匠 くつろぎ

もっと場馴れをしたいので
みんなの前で話す機会がもっと欲しい。
(何を目指すのか!?)

家の近所では、
わしの畑に出ていたイノシシが威風堂々闊歩していた。
(早朝5時過ぎ)

広島市駆除班が、散々寝床に来て嫌がらせをするので、
住む場所を変えたようである。

家の庭が荒らされたりという被害を聞き、
地味にわしの家の付近に来ている。

あれ?
こいつ、わしのお気に入りの畑で
野菜を作ってくれている奴じゃないか!

こんな所に住んでたのか!

いつか、わしの家にまで上がりこんでくるのではないかと
ビクつきながら、今週も始まる。

イノシシ


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

今週の裕二

2014.07.08 08:14|作業日誌
6月23日~ 6月29日

今週の出来事

スイートコーン関係(電柵設置・防除)
大豆の間引き・補植・中耕・土寄せ

風邪で撃沈

あれ?
今週の記事を書いてみると、
「石井君、今週は何をしていたのか?」
と、言われそうな感じである。

別に、サボっていた訳ではない。
軽くサボっていただけである。

わしの担当のスイートコーンは、
今のところ順調である。

トウモロコシ


畝間の草刈りも行う。
除草剤を使えば楽だなぁと感じるが、
農薬は出来るだけ使いたくないという
妙なこだわりもあるので、これで良いのかと思う。

トウモロコシ草刈り

わしの有機栽培の畑は、
依然としてイノシシがかっ歩し、
あちらこちらと土をひっくり返す。

広島市駆除班も頑張ってくれてる。

駆除班

↑写真の真ん中の白っぽい所はサツマイモだが、
その隣にジャガイモさんが土に眠る。

いつ発見されるのかと、ドキドキしていたが、
無事に収穫が出来た。

木村さんの「奇跡のリンゴ」に匹敵するほどの、
裏側にイノシシが住む、ネット等の対策もない入り放題の畑で出来た
「奇跡のジャガイモ」

味は特別美味しいという訳ではない。
至って普通のジャガイモである。

<栽培期間中に3本に間引きたジャガイモ>
ジャガイモ間引き

<定植して、それ以降何にもしないで出来たジャガイモ>
ジャガイモ放任

普通に考えれば、
間引きした方が、サイズが良くなると思っていた。
定植後に何もしていないジャガイモの方が、
サイズが良く、揃いが良い。

何が影響しているのかわからない。
ただ、結果は見た通りである。

何が良いのかわからなくなる。

その後、
白ネギの畑の準備をする。

白ネギ準備

たっぷりの発酵もみ殻を入れる。
堆肥は、散布するのが面倒で入れていない。
(重いし手作業だと疲れる)

だんだんと、手抜き農業になってきた。

広島県有機農業研究会の大豆畑については、
間引き・補植・中耕・土寄せをする。

大豆中耕・土寄せ

草が生えようとするころに、耕運してしまう。
草を大事にする有機農業とは正反対の管理である。

全ては、わしが蛇嫌いという理由である。
草まみれで、足元から蛇が出るのが怖いからだ。
特にマムシが居るので、怖い。


<ハトが居たことが推測される畑>
大豆1

<土寄せ後の状態>
大豆

<全体写真>
大豆

今のところ、完璧な作業が出来て、
自己満足度は、はんぱない。

通過する際に、思わずニンマリする。

反して、
今年の栽培期間:化学肥料不使用・農薬は除草剤2カウントの圃場では、

無農薬米
無農薬米1

分けつが確保できずに、茎数が少ないという
とてもすねた状態なっている。

わしらなんて、ほっとかれとる~

中干し直前の田とは思えない状態である。

今年は米は駄目か…。
食味の国際大会に出すまでもない米が出来るかもしれない。

トンボ1
トンボ2

わしの救いは、
今年もトンボが羽化して来たなと感じる時である。

ネオニコチノイド系農薬の影響で、
赤とんぼが激減したのかは言いきれないが、
今年も、良く観察したいと思う。

田植えがすべて終わり、
緊張感が無くなり、風邪をひき、
1日中布団にこもり、
現実逃避しながら今週も始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。