10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の裕二

2014.11.26 06:50|作業日誌
11月10日~11月16日

今週の出来事

ハウス野菜播種(小松菜・ホウレンソウ・春菊・ふだん草)
小麦播種
スイートコーン(葉面散布)
大豆収穫

11月も半ばに入り、
スイートコーンも限界点に来ている。

スイートコーン1

2年作ってきて、10月いっぱいの出荷が限界だなと感じていたので、
まだ出荷できるというのは、成果ではある。

スイートコーン2

やはり、多少太りと熟れが悪い。

箱での出荷は最後となった。

最後のセット

農家として売るものがなくなるというのは、
とても寂しいものではある。

まだ、多少残ってはいるので、
どこまでいけるのかを見極めたい。

今年は雨が少ない秋となっているので、
小麦の播種もすんなりとできた。

小麦
小麦播種

10月後半の稲刈り後の11月中旬小麦播種というのは、
通常の気候であれば不可能と感じる。

今年は、天気に助けられた。

そして、必ず来るのがコイツ!

奴ら

覆土ができていない状態の小麦を綺麗に食べてくれる。
どこから見てるのかわからないが、耕運した時も来る。

シシの様に、
くちゃくちゃにしないので、
まぁ、よいかと感じる。

シシ

この時期のニンジンが大好きなのだが、
わしが食べるニンジンがすべてひっくり返された。
いつかお礼をしたい。

広島県有機農業研究会の暮らし部主催のイベントの大豆栽培の部も、
ついに最後となった。

大豆畑
大豆

おかげさまで、味噌を作ることができる量は確保できた。

スラッシャー

「ソバ・豆スラッシャ」にて、脱粒させる。

歩留まり悪し
悪し…

歩留まり悪し…。

イベント中も、拾えるだけは皆さんに拾ってもらう。
あまりにも、落ちている粒が多いので、
次男と拾う。

拾う

基本的には、邪魔が多いのだが、
日々、一人で作業する事が多いので、
案外楽しい。

大豆の残渣をひとまとめにして、
来年の肥料にする。

にんまり

妙にうれしげに写真に写ってくれる。

さっそくハウスにて乾燥に入る。

乾燥1
乾燥2

今年の大豆は、とても綺麗である。
これから選別作業に入るが、
かなりの量が確保できるのではと思う。

徐々に、気温も低下して、
私のやる気も低下しつつ今週もはじまる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

スポンサーサイト

今週の裕二

2014.11.13 06:39|作業日誌
11月 3日~11月 9日

今週の出来事

実は前回の記事のさつまイモ掘りは3日でした。
BROF勉強会(邑南町)
スイートコーン葉面散布
小麦圃場の準備

長男文化祭

仕事はひたすら小麦圃場の準備

稲を作った後の荒起こしをやりたいなと思いつつ、
手がつかない状態にある。
(心が付いていっていないということもある)

小麦の播種が終わるまでは、待ってもらおうと思う。

咲とやま農園の「養蜂部」(←正式にそんな部は無い)は、
ミツバチの越冬用の蜜を採りすぎ、正直越冬できないかもしれない。

先生が言ったから採ったと言えども、
自分の群なので、管理を怠っただけである。
(管理といっても2週間に一度掃除するだけ)

先日、先生に
「あれは、もう蜜を頂いた方が良い!」と、言われた。

先生は、今年27群飼って、
越冬できる群が1群のみ(らしい)

どんだけ歩留まりが悪いんじゃと、のど元まで来ていたが、
言葉を発するのはやめた。

1群しかないので、今手放すと、
来年の5月辺りの分蜂まで待たないといけない。

さらに、来年の5月を想像すると、
コシヒカリ田植え、スイートコーン植え付け、あきろまん代掻き…

また2か月ほどの休みの無い、12時間労働が待っている。

うへぇ~

お金をかけても維持できる方法を考えると、
餌を与えるしか方法はない。

ミツバチ 餌1

巣箱の一番下に、砂糖:水:蜂蜜 1:1:0.5位の砂糖水を設置した。

毎朝代えているが、結構減ってきている。

今の時期の朝は寒いので、
本来なら、夕方の餌交換が良いのだろうが、
結構ビビりで、蜂に刺されるのが嫌なために、
蜂が寒くて動いていない朝に掃除と交換を同時にする。

朝を食べなくなる12月上旬まで、
この作業は続く。

何としても、維持する覚悟でいる。

ミツバチ 餌2

ミツバチ 餌3

越冬用の蜜は、
もうひと箱必要であった。

砂糖水だけでは、タンパク源が無いということで、
代用花粉も購入(←子供が食べる)

この時期は花が少ないので、
効果は高いと感じる。

代用花粉

今まで、奇跡的に維持できていた(←先生の言葉)
約1ヵ月間、しっかりとお世話をしたいと思う。


そんな、危機に瀕した日本ミツバチの巣箱の近くに、
また奴が現れた。

シシ

イノシシ

シシ


小中学校の通学路に、わしの畑はある。

子供が発見し通報してくれたので、
学校からお達しがきた。

私の畑にイノシシが出ているので、
教育委員会・区役所・警察に連絡したと…。

また、大ごとになるではないか!

わしの畑の、サツマイモの残りを食べている姿を目撃する。

故)大山倍達率いる地上最強と言われた空手軍団の、
極真会館の「熊殺しのウィリー・ウィリアムス」

高校時代に一瞬だけ極真会館に入門したわし…
なれるのか!

シシ殺しのユゥリー・イスィー(←わしのこと:石井裕二)

いやいや、
体が資本じゃけぇ~

シシにあっただけで、
脈拍が早くなるビビりのわしに、
何事もないことを祈りつつ今週もはじまる。

自衛隊、鉄砲を貸してくれんかな…。
距離も近いので、
たぶん仕留められるはず。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

先週の裕二

2014.11.12 07:15|作業日誌
10月27日~11月 2日

先週の出来事

引き続き 風邪
スイートコーン(収穫・アミノ酸散布・電柵補強)
小麦圃場の準備

サツマイモ堀り(咲とやま農園イベント)

海田市駐屯地創立記念行事


日記を見てびっくり
ほとんど書くことがない。

毎日肥料散布して、毎日耕運して、
ときどきスイートコーンという感じ。

この時期になると、朝も6時過ぎくらいからしか明るくならないし、
17時を過ぎれば暗くなる。

朝5時から夜の19時過ぎまで動けていた夏が懐かしい。

これからの時期は、活動量も減るし、
毎年太る。

太るから春から夏の体力が持つのだろうかと思ったりする。

ある意味、人間らしい生活をしているということだろうか?

自給ベースの赤字部門の「咲とやま農園」
屋号だけが独り歩きして、特に野菜を出荷しているという事もない。

昨年に行った「イモ掘り」イベントが好評だったらしく、
今年は無いのかと連絡が来たようで、
急きょ、広報部長に計画をしてもらう。

ベニハルカ・ベニアズマ・鳴門金時の3種類
10m×10mの1畝という、面積で作っていたが、
一人で収穫するのはしわい。

収穫イベントは、もの凄い助かる。

イモ掘り

総勢40名を超えているので、
あっという間に掘り終わる。

その後

跡地には、耕運して「レンゲ草」の種を蒔く。

スイートコーンあり
スイートコーン

焼き芋あり
焼き芋

味噌汁ありで、とても充実したイベントとなった。
味噌汁

来年は、植え付けからやってもらおうかな?なんて思ったりする。

日曜日には、陸上自衛隊の創立記念行事があった。

戦車と

わしが、自衛隊だったころを思い出す。
戦車部隊の検閲支援で、ところ構わず走り回る戦車にジープで付いて行っていたら、
いつの間にか砲をこちらに向けられていて、撃たれた事もあった(空砲です)

えげつないヘリも飛び回る。

ヘリ

攻撃ヘリのコブラの様なものは、操縦員の目に、スカウターみたいなものが付いていて、
機関銃と連動して動く。
つまり、見たものを追っかけて、機関銃で撃ちまくるという残忍なシステムになっている。

いつか、落としてやろうと思っていたが、
それは現実のものなっていない。

一時の非日常を感じ、
家族でホームセンターに行く。

ナフコ1

最近の椅子は、とても進化していて面白い。

楽しげ

ただ、椅子に座っているだけなのに楽しげである。

楽しげ2

親冥利に尽きる一時を感じ、
戦争のような、多くの悲しみを生む様な事を
二度と起こしてはならないなと思いながら今週が始まる。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

先々週の裕二

2014.11.11 06:34|作業日誌
10月20日~10月26日

先々週の出来事

BROF勉強会(邑南町)
風邪…
スイートコーン(収穫・アミノ酸散布・電柵補強)
ふれあい祭り(戸山公民館)

先々週の体調不良から、
パソコンまで不調

おそらく、負のエネルギーとはこう言ったことかと感じる週となった。

10月24日に最後のヒノヒカリの収穫も無事に終えた。
そのヒノヒカリの収穫した圃場に、収穫の次の日に肥料を散布
そして、隙も与えず耕運する。

次の小麦の播種の圃場つくりに入る。

11月中旬の播種に向けて圃場を作る。

水の貯まる構造になっている水田
稲を作ることは当然適しているが、
小麦は水が嫌い。

排水対策が必要だが、機械もないので
それらしく圃場を作るしかない。

これだけ近接な作付は初めてで、
稲株がごろごろある圃場で、
麦ができるのかは不安である。

10月は祭りが多いが、とても気分がそちらに向かない。

この時期は、太陽の熱エネルギーも弱いので、
雨が降ると、乾くことは難しい。(雨が降らなくても乾かない)

いかに、早く乾かして、田の状態から畑に近くするのか…。

今年は2町4反ほどの、小麦の作付面積となるが、
気が焦るばかりである。

小麦の播種までは、もってくれ、わし…と、思いながら、
マスクをしつつ耕運作業をする。

写真も色気もない文字ばかりの記事で、
いかにも負のエネルギーに取りつかれながら先週が始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。