FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

森わら親子組、卒業

2010.07.16 16:09|かぞく・こども
えーん。昨日で森わら親子組を卒業しました。
新しい旅立ちのために。

さびしい…?
いや、さびしくない。
不思議だけど、森わらにいることが当たり前で自然すぎて、
「もう会えないんだ…」という気持ちがわいてこないんです。

最後の親子組は、夏休み前ラストの回だったのでお楽しみ野外料理で流しそうめん。
月曜のようちえんでの竹切り、水曜のようちえんでの流しそうめんに続くイベント。
炉で火をおこして湯を沸かして、そうめんを湯がいて流す。
シンプルだけど奥深い楽しみがあって、
親子組では子どもたちより大人のほうが夢中になっちゃいます。

ハルはマッチ係にチャレンジしたけど、
これまでうまくすれていたのに昨日は不調?!
マッチを短く持つので遠いところを持つように手を添えたら、
自分でやりたい時期を迎えているハルにはそれが気に入らないらしい。
こんなときもあるよね~。


100715_1.jpg

流しそうめんはめーっちゃくちゃ楽しくて、満腹。
各家庭から持ち寄った薬味がそれぞれ魅力的で。
私はミョウガとそうめんカボチャを持って行きました。

あとね、A-COOPで買った無添加のめんつゆが素晴らしくおいしかった!
かつお、こんぶ、しいたけから出汁がとられていて、
めんつゆのビンの中にはしいたけが入ってるの。
去年につづくリピート買いだったけど、そのおいしさに新鮮に驚いた。

子どもたちは、終始竹の流し台?にかじりついてる子もいれば
誰にもとられなかったそうめんが溜まる竹のしっぽに据えたざるからそうめんを食べてる子も。
1歳児ちゃんたちは半分水遊びみたいになりながら、よく食べてました。

ああ、楽しい。すばらしいよ、森わら!


最後に、一人ひとりに名刺を配りました。
前の晩、名刺をつくっておいたんだ。深夜に(^-^;
そこにはこう書きました。

 今までありがとう
これからもありがとう
いとしい森のなかまへ


一緒に森で子育てしてきたなかまへの想いは、いとしいというほかない。
バイバイという言葉も気持ちもないんだな~。

これからもよろしく、ありがとう!


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント