FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

私の進む道

2010.07.24 02:41|かぞく・こども
たぶん、9月2日に春日井の家を引き払います。
3日から、広島市安佐南区の私の実家で、私たち3人の新しい生活が始まる…予定。

夫もうつの薬や睡眠薬を楽しみながらやめているみたい。
離脱症状なのか、ふらふらするそうだけど、本人は意欲的な様子。
てんつくマン、ホ・オポノポノ、薬を使わない精神科医・みやじっち、
安保先生、ヒダ耳鼻科の先生…などなど、
夫にとって意味のある出逢いがた~くさんあって、
そのひとつひとつが夫にとってすごく価値のあるものなのでしょう。

かっこちゃんが言ってるよね。
なにもかもが、いつかのいい日のためにあるって。
今の夫は「うつになってよかった!」って思ってるようです。うんうん。


ところで、私と息子のハルは。
お世話になってきた森のようちえん「森のわらべ多治見園」の親子組を卒業して、
ボランティアスタッフとして関わる7月までのお仕事が全部終わり、
あとは8月のお泊まり会を残すのみになっています。

ま、畑の様子を見に行ったり、親子組やようちえんの親子と
定期的&自主的にお散歩したりするから、この期に及んでもまだまだ実感がないのが現実。

こんなんだから、引っ越しの準備…要らないものの整理もま~ったく進んでおりません。
いばることじゃないけど。

でも、森のわらべの活動が残り少なくなる中で、
広島に帰ってからのハルの育つ環境・私の育つ環境のことを考えるようになりました。

今までは考えられなかったり、
考えたくない気持ちになってたりしていたハルの今後のこと。。。

単刀直入に言えば、森のようちえんで育てたいかどうか、なんだけど。

7ヶ月の頃から森で過ごしながら成長してきたハルの様子を見ていると、
春日井にいればこのまま森のようちえんで育てていくはずなのに
広島に帰ったらそれがなくなるかも…というのが切なくなってくるんだよね。
森が大好きなのに、かわいそうというかね~。

今、考えているのは、
広島で森のようちえんか野外自主保育を立ち上げようかな、ということ。
(あ~、言っちゃった^^;)

広島の幼馴染み夫婦が森のようちえんを始めているけど、
聞いたところによると保育料がけっこうするようで
これから農家の嫁になる私には手が出ない…。
ほうれんそうをいくつ売ったらいいんだろう!?みたいな。
だからといって経済的な部分だけであきらめるのは悲しいから。

ハルが5ヶ月の頃、森のようちえんを知ってすぐに「これだ!」と思って、
いつか広島に帰ったときには森のようちえんを始めようと
経験をかねて親子散歩の会に通ったり森のようちえん関連の講座を受けたりしてきたこと。
森のわらべのボランティアスタッフをしてきたこと。
「広島で森のようちえんをやれそうなところは…」とネットで検索して
ノートに書き留めてワクワクと妄想の羽を広げていたあの頃に戻るだけ。
そう、それだけなんだ。

いろんなことがあって、自分の想いに蓋をするようにしてきたけど、
本当の気持ちは、きっと、森のようちえんに向かっている。
実際のところまだ迷っているけど、あきらめよう、やめよう、という気持ちじゃなくて
「どうしたらできるだろうか」という方向に考えが向かっている。

あとは、自分の決意次第だ。

7月30日の1日お母さん大学が終わってからダッシュで考えよ。
今、春日井にいる間なら、森のようちえん関係のお友達にいろいろ話を聞きに行くことができるし。

そうしよう。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント