FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

断捨離2 断捨離つづいてます

2010.08.24 11:59|かぞく・こども
断捨離、日々つづいてます。

断捨離の創始者・やましたひでこさんのブログ
(現行のじゃなくて古いほう)を全部読み切り、
「断捨離のすすめ」という本を読み、
その著者で断捨離過激派代表の川畑のぶこさんのブログを読み。

◆やましたさんの断捨離ブログ
 http://danshari.at.webry.info/
◆…は、こちらの目次から読むのが便利
 http://danshari.at.webry.info/201111/article_1.html
◆川畑のぶこさんのブログ
 http://blog.goo.ne.jp/nonsinsomnia/e/b9d13a0ef8e4b7295ce507db448d0a37
◆川端さんのご本
モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)
(2009/12/03)
川畑のぶこ 著

商品詳細を見る



それと並行して断捨離をやりつつ、断捨離とは何かを頭と体に落とし込み、
着々と私なりのペースで断捨離をつづけています。

従来の「収納術」は、今あるモノをいかに効率よく美しく機能的にしまうか。
そのために新しい収納グッズや家具を投入するのを勧めることが多いよね。

断捨離は、「今」の「自分」にとって要・適・快なものを選びとる作業。
具体的には今の自分にとって不要・不適・不快なものを取り除く、手放す。
それによってごきげんな自分になりましょ、というもので、
断捨離をすることで心身にいろーんなポジティブな影響があるんだって。

モノさまを収納するためにスペースをあけてさしあげるのが従来の収納術、
断捨離はそれとは全く違うもの。

…あ、これは断捨離のごく一面。
いろーんなメリットを知ることでウズウズが止まらなくなって、
断捨離の手もとまりませーん。

毎日毎日、不思議なことに、
今の自分にとって生きた関係じゃないものが
住まいのあちこちから発掘されるんだなぁ。

燃やせるゴミも燃やせないゴミも古布(古着)も
古紙(雑誌・書籍・雑紙)も出るわ出るわ。
家電だって出てくるし、収納グッズや収納家具も捨てたよ~。

45リットルのゴミ袋をいくつ家から出したやら。
こんなに不要・不適・不快な「ゴミ」が家の中にあったのか。
驚きつつも、気分は最高。

おとといだったかな、家族で外出から帰ってきて玄関のドアを開けたら、
家の中をどわーっと気が流れるのを感じて、夫と二人ぱちくり。

断捨離をすると気が高まるとか気の流れがよくなるとかいうけど、
それを自分の身で体感できた!

詰まりがしっかり取り除かれてるみたいですよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント