FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

断捨離5 すごい出逢い、旅立ち

2010.09.14 23:30|かぞく・こども
「もうこれは手放す!!」
と超強気で決断したけれども、

「ほしい人もいるかもしれないし」
とちっちゃな望みをもって携えて帰ってきたもの。

それは、
日本語のテキスト&教師用参考書。

超がつくほど貧乏だった非常勤日本語教師時代…。
専門的な知識や技術、授業外の労働も必要なのに
非常勤講師というのは時給が低く、
悪いことに一人暮らし・彼氏ナシ・日本語教師としての経験も浅い。

こういう困窮した状況にありながら、
必要に迫られて買い集めてきたテキストや参考書たちは
いうなれば相棒。
いや、戦友か。

だから、もったいなくて、誰かのもとで戦友たちの命を生かせるならと、
誰にあげるというアテもなく持って帰ってきたのですが…。


すばらしいタイミングで、
出逢うべき人と出逢ったどー!!!!




それは、引っ越しからわずか3日後の今月5日。
広島で初めての映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会に
夫婦でスタッフとして参加したときのことでした。

スタッフの一人の女の子が、もうすぐラオスへ行くという話が聞こえてきて、
何となく「何をしに行くの?」と聞いてみたら、
なんと「日本語を教えに…」という答え。
しかも、これまでは言語学を研究していたから
日本語教師としての経験はないとのこと。
だから、テキストや参考書類は持っていないし、
出発直前の現在でもまだテキスト類は買っていない!

お互いにハッピー&ハッピーで、
テキスト類の行き先があっという間に決まったのでした。


これって、断捨離をしているから?
だから必要な時に必要な出逢いがくるようになったのか???


彼女は、今日出発。
私のもとから旅立ったテキストたちを携えて。
どうかどうか、私のテキストたちが役に立ちますように。
彼女と一緒に、日本語を学びたい人たちのお手伝いができますように。

彼女の活躍と無事の帰国を祈ります!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント