FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

手前味噌のお手入れ

2010.09.15 23:12|食べものをつくる
2月と4月に分けて仕込んだ手前味噌ズ。


重石も入れず、梅雨明けの天地返しも行わず、
去年はじめてつくった手前味噌と同じく
「信じて見守る」スタイルでここまできました。

その手前味噌を今年はじめてお手入れしました~。

今年の我が家の手前味噌ズは以下の通り。
1.満月農園のワークショップで仕込んだもの
2.教えてもらったやり方で米麹をおこして我が家で仕込んだもの


・ はじめての手前味噌づくり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20090316
・ 手入れ
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20090913
・ できあがり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?day=20091012

・ 今年2月…満月農園でのワークショップ
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1551483
・ 米麹づくり
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1561029
・ 米麹づくり、リベンジ編
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1565934
・ 今年4月…我が家での手前味噌仕込み作業
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1568015
 http://blog.ripplering.oops.jp/?eid=1568659


仕込み以来はじめて蓋をあけます。
ドキドキ。
…カビが景気よく生えていますー。
(コワくて写真獲れず 笑)

そのカビを取り除いて、
ホワイトリカーで消毒したボウルに味噌を出して混ぜて、
洗ってホワイトリカーで消毒した元の容器に戻す。
これで今回のお手入れは終了です。
とはいえ、楽しい。


さぁ、我が家の手前味噌。
どうぞごらんくださいな。

1.満月農園ワークショップで仕込んだもの(2月)

SBSH0221s.jpg

塩気がいい感じにまろやかになっている。完成!
大豆をもちつき器のつぶし機能でつぶしてあるから、なめらか。


2.米麹からおこして我が家で仕込んだもの(4月)

SBSH0222s.jpg

SBSH0223s.jpg

まだ塩からい。完成はもうちょっと先。
大豆を手で握りつぶしたので大豆の粒がいっぱい残っている。
米麹がうまいこと働いてくれていて、カンドー!!!


早く味噌のストックなくならないかなー。
満月農園ワークショップでつくった味噌を食べたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント