FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

田んぼから畑に

2010.09.23 23:42|作業日誌
9月11日、土曜日。
家の前の小さな田んぼを畑に転換する作業をしました。(あ、夫が。)

この田んぼは私たちが引っ越してくる直前に稲刈りが終わった田んぼ。
祖父の跡を継いで私の母と父が米をつくってきましたが、
この秋からはじまるこの地区ではじまる圃場整備・集落法人との兼ね合いによって
田んぼとしてつくり続けることができなくなりました。

ちょうど私たちが戻ってきたタイミングがばっちり合って、
遊休農地として荒らしてしまうのではなく畑に転換して活用することにしました。

同じ状態の小さな田んぼがもう1枚あるのですが、
何を植えるか、耕すか耕さないか、いろいろ思案してきたけれど、
この田んぼは耕して畑にして使うことにしたようです。


田んぼの土が乾くのを待っての、いよいよの作業です!
(稲刈り前の田んぼに、お隣の田んぼから水が漏れてきていたらしい~)

sCIMG0662.jpg

まずは、耕うん機の使い方を父からレクチャーしてもらいます。
先日ようやくミニ耕うん機が使えるようになった夫、今度はでっかいよ~。
ハルさんもドドドドドド…の音にビビりながらも一緒に見学ー。


sCIMG0663.jpg

どんどん起こすよ~。


sCIMG0669.jpg

「バックするときはのぉー」
と操作の仕方、運転のコツを伝授してくれます。
一歩間違えたら危ないもんね。大怪我をします。


sCIMG0691.jpg

「パーパ、がーんばれ!パーパ、がーんばれー!」
息子が声援を送っとりますぞ。
まだ土が湿っているので、まずは粗く起こして、
それから日を改めて何度も何度も往復をして、土を細かくしていきます。

時間がかかるね~。
でも機械がない頃は全部手作業だったんだよね。…あ、牛もいたか。

世の中便利になりすぎる傾向にあるのはあんまり好ましくないと思っているけど、
重労働から解放されて作業の効率があがる耕うん機の恩恵はありがたい。
今、誰よりも夫が感じているはずですね~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント