FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

断捨離6 相も変わらず活字貧乏

2010.10.11 23:50|かぞく・こども
断捨離最大の難関だった本や雑誌は、
今も私の心をとらえつづけています。
えーん、「断」(=モノの流入を断つ)できまへーん。

といっても、今の自分にとって心地よいので、断つ必要なんてないのかもしれない。
いや、きっとそうだ、うん、そうだ。

広島に帰ってきてからもいろいろいろいろ買っているんですが、
今日は一番最近買った本を紹介しまーす。


◆ 雑誌「旬遊」Vol.30 http://syun-yu.com/

第2特集「自然の恵み・大地のチカラ」に
友人の有機農家、満月農園のあきちゃんが載ってまーす!

他にも広島近郊の地球とからだにやさしいレストランやカフェ、
自然食品のお店の情報も載っているし、
竹炭黒五郎や自然農を実践していらっしゃる池崎さんなど
ワクワクする人・モノ・情報がいっぱいだったので購入しました。

私はコンビニで買いましたよーん。
ちなみに、広島限定の情報誌です。他地域のみなさん、スミマセン。


◆ ムック「1/4の奇跡[DVD付き] (マキノ出版ムック)
1/4の奇跡[DVD付き] (マキノ出版ムック)


名古屋のエコブランチの鶴田さんからご縁をいただいて出逢うことができた
かっこちゃんこと山元加津子さんのムック本。
今の私に必要な視点がここに詰まっている気がする。のです。

まだ読んでない。


◆ 書籍「大地の薬箱 食べる薬草事典~春夏秋冬・身近な草木75種~」 農文協

咲とやま暮らし&森での子育ち・親育ちに不可欠かと思って。
身近な草木の恵みを賢く利用して生きていけたら素晴らしいよねぇ。
農薬や除草剤がまかれていない場所で採取すれば、正真正銘の無農薬・有機の安全な「薬」。
薬草としてだけではなく、普段の食事にも取り入れていきたい。
手元に置いてただパラパラとめくるだけで楽しいです。

農文協はおもしろい本や雑誌をたーっくさん出しているので、オススメです。
農業だけじゃなく、里山の手入れとかも学べる本が出ていて、いくつか持ってます。
http://shop.ruralnet.or.jp/


おお、そういえば。
読書の秋が到来しているじゃないですかっ。
日々の生活に追われていて忘れてた。

本の虫になって本の世界にもぐりこんで過ごすのも楽しいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント