FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2010.10.21 17:41|作業日誌
先週の事をアップしようと記事を書いていたら、
編集中にデータが飛び、今日アップすることにした。

12日から14日は白ネギの土寄せと草取り
15日はブロッコリーの初出荷であった。

今回のブロッコリーは、大成功の様子で、
社長も上機嫌。
収穫中、鼻歌を歌うほどである。

今まで、ブロッコリーが生えている状態を想像したことも無かったが、
実際、見てみると凄い。
場所も取るし、一つの苗から、出来るのは一つ。(若干の脇芽はある)
とても効率が悪い。
しかも、収穫は朝一番。
日の出と共に、作業がスタートする。

こんな苦労があって、店頭に並んでいるんだなと、
しみじみ思った。

ブロッコリーの出荷は、約1ヵ月間続くらしい。


週末は、小麦の種まきのための準備をした。

s101016_1.jpg

もう一つの畑は、フダンソウの種を蒔いた。

s101016_2.jpg

いよいよ、秋を迎えるので、
堆肥を作る準備もした。

米のとぎ汁を、容器に入れ1週間ほど放置
すると、
s101016_3.jpg

カビがわく。
乳酸菌か、麹菌かどちらかが来るという。
吉和有機農園の方に教えてもらった。

米ぬかに、このカビ汁を入れてみた。

1週間ほどしたら見てみようと思う。

前回は、そのビニール袋を外に放置していたら、
タヌキのタヌ吉にビニールを破られ、散々な目にあったので、
今回は、扉のある所に置いてある。

タヌキにイノシシにクマに、
この田舎は、とても忙しい。


働き始めて、3週間目に入ったが、
日々、楽しく過ごさせて頂いている。

疲労が溜まり、肉体的にはきついが、
慣れるまで暫く、この状態を楽しもうと思っている。

2日前に、首がおかしくなり、
久しぶりに、エゴスキューという体操をしている。
現在、調子は良い。
朝、20分早めに起きているが、
心にもゆとりが持てるので、しばらく続けようと思っている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

テーマ:
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント