FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

堆肥作り+お散歩会の焼きイモ作り

2010.11.13 21:20|作業日誌
植物性の堆肥を作りたいと思い、
米のとぎ汁に菌を定着させ、
米ぬかに、そのとぎ汁を入れて培養していた。


「米ぬかのビニール袋から汁が出てるよ!」
母の一声に今日の作業が決まった。


近所の山へ行き、落ち葉等を拾う。
まずは、軽トラ2杯分である。


同時期に、妻が森のお散歩会をやっていて、
焼きイモができるか聞かれる。

焼きイモについては、わしの職場の
安芸高田市の高田インター出口付近にある、
道の駅で、購入済みであった(芋の種類は鳴門金時)

小遣いからの出費となり、
現在、金欠のわしには痛い出費であったが、
みんなの喜ぶ顔を想像しての購入であった。

前回の様に、炭にはできん。

固く決意をしていたものの、
作り方も知らないまま、前回と同様に作業が始まる

大量の芋

今回は、大量+皆さんの期待があり、
失敗はできない。

自分用のちみっこいイモを試験的に作っていたら、
遠くの方から、
「やきいも…やきいも…」
という、子供の声が聞こえてきて、
急ぎで作業に取り掛かる。

取りかかりが遅くなり、
皆さんが来たときは、
まだ、全然できていない。

やばいぞ


やばい…

二の舞か?


自分で自分を追い込みながらの作業が続く。
しかし、皆さんの温かい心と、
子供達の協力もあり、なんとかそれなりの形になった。

なんとかなった!

子供達は
「美味しい!」と、言う。


くぅ~。

頑張ってよかった!


少し、安心した。

ご満悦


わしの息子のハルさんも、
「あつい」
と、言いながら
一杯食べる。

皆さん、昼ごはんの後だったのに、
不機嫌な顔色を見せず、ありがとうございました。

焼きイモ

その後、家に帰り
堆肥作りの作業は始まる。

堆肥作りと言っても、
素人の遊びの様な感じである。

あの物体


少し酸味のある匂いを発する、米ぬかと落ち葉と、稲わらを混ぜるだけ。


作業中、いつもの奴らも偵察に来る

いつもの奴1

いつもの奴2


落ち葉については、道に落ちていて、
回収したら喜んでいたので、
時間があれば回収しようと思っている。

これが上手くいけば!
いっひっひ!

腐葉土を買わなくて済むだけではあるが、
焼きイモも成功し、妙なテンションになった。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

テーマ:
ジャンル:ライフ

コメント

ありがとうございました

昨日はありがとうございました!

もう、とても楽しくとてもおいしく、
今までのお散歩会も
毎回とても楽しかったけど、
昨日のお散歩会は、その中でも格別。一番楽しかったです!

ああやって焼いて食べるおいも、
もしかしたら私も生まれて初めて
だったかもしれません。

行って良かった~。

おいも代、アルミ代、
お小遣いから出していただいて、
申し訳ないです(><);;
ぜひぜひお支払いさせていただきたいのですが。。
難しいようでしたら、
何かの形でまたお返しさせていただきたいです。

奥様のお散歩会には
これからも参加させていただきたいと
思っているので、
これからも、どうぞよろしくお願いします。

ご夫婦とも、とてもステキな方ですね。
お二方、そして参加者の皆さんと
出会えたことをとても嬉しく思いました(^-^)


<こまめさんへ>

お金は要りません。
「その思いでプライスレス」です。
ですので、喜んでかつ、楽しんで準備をさせていただきました。

生きているなら、楽しくをモットーに生きてゆこうと思っています。

これからも、宜しくお願いします。

No title

そうですか~。
ありがとうございます!

ではまた何かの形で(^-^)
非公開コメント