FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

土の検査

2010.11.21 23:03|作業日誌
昨日の今日で、
早速、現在の畑の状態を調べることにした。

畑の歴史と言っても、詳しくはわからない。
おじいさんが子供の時代以前から
田として利用され、稲を作っていたと聞く。

おじいさんの時代は、化学肥料の様なものは入れていなく、
親の時代も、JAから言われた量の半分程度の肥料や、農薬しか入れていないとのこと。

畑は、現在2枚ある。

以前、大根や人参等の種を蒔いた畑は、
想像通り、生育は悪い
(ほぼ、8割枯れている)

今回は、小麦の種を蒔いている畑の検査をしてみた。

温度検査

こんなに大穴を掘るのは、久しぶりの事である。

測定時間午前10時
気温16.1℃

表土14.5℃
10cm 9.1℃
20cm 10.7℃
30cm 11.8℃
40cm 12.5℃
50cm 13.3℃
60cm 14.0℃
70cm 14.7℃
80cm 15.6℃

むぅ。

実に滑らかに、
下に行くに従い温度は上がっている。

土は、日陰側で測定してみた。

70cm以降は表土より温かいのは驚いた。


その後、田の構造を壊すためと、
出来うる限り、石を取り除き、
そこへ、畝をたて、
もう一つの畑で出来ていた作物を移植する。

大根と人参のみだが、種の採取用となるだろうと思う。

こちらの畑は、小麦がびっしりと蒔いてあるので、
ひとまずは、このまま様子を見てみる。

もう一つの畑は、新しく種を蒔いてはあるが、
田の構造を壊す為に、なんとかしてみようと考えている。

その後、緑肥となるライ麦を蒔く予定である。


期待通りに、肥毒層がわからず、
「なんでかなぁ」と言うわしの近くで、

彼は、ひたすら「なんでかなぁ」と、真似をしていた。

お手伝い


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

テーマ:
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント