FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

炭素循環農法(土づくり)

2011.02.26 21:37|研修・勉強会
先週の炭素循環農法の興奮冷めやらぬ土曜日に、
自分の畑を、少し手入れしてみた。

廃菌床が手に入らなかった為、それ以外の作業になった。
(廃菌床:シイタケ栽培等で使う資材)

現在、ライムギを緑肥として栽培していた。

変更前の畑


まずは、高炭素資材を山へ取りに行く。
2分ほどで、山へ行ける。
高炭素資材という物といっても、ただの落ち葉である。
しかし、さすが田舎。
落ち葉をとり怒られることはない。
むしろ、綺麗になり、喜ばれる。

軽トラに、落ち葉を乗せる。

軽トラの作業

今回は、軽トラ3杯程頂いた。
量としては、まだまだ少ない印象である。

良く見ると、キノコ菌も居る。

キノコ菌

白いものがそうなのだが、こいつを育てることにより、
土が団粒化し、結果的に、無農薬、無肥料で栽培できるということは、嬉しい事である。

一人での作業で、かなりの時間がかかる。

春野菜の準備で、畝を3つほど作ってみた。
少し早いが、大根と人参の種を蒔いてみた。

たった、それだけの作業が1日がかりである。

元気な野菜は、抵抗力があり虫がつかない。
そんな野菜を作りたい。

しかし、今まで農業をされた方からみれば、キチガイの様な行動だと思う。
畑一面の落ち葉を見れば、誰でもそう思う。

あそこのご主人は、よう解らんことをしよる。
おそらく、陰では言われるだろう。

そんな、農業をして、父母には申し訳ないと思っている。
(いつの日か、恩返しをしたいと思っている。)


畑の作業をすると、いつも寄り添ってくれるこいつはどう思っているか分からない。

モモの目線

作業が始まれば、いつの間にか近くに居て、終わるまで居てくれる。

一人で作業はしてるが、話し相手になり、本当に助かる。


農業は、楽しくて、作ったものは美味しくて、みんなが笑顔になれる。
そんな農業の在り方を創造したい。


広島は、カキが有名だが、近頃は身が細りだしているという。
山のミネラル分が不足していたり、水質汚染の影響もあると思う。


家庭の排水は、下水の整備が出来ているが、農業はそうではない。
化学肥料、有機肥料とも、水質汚染の原因を作っていると思う。
しかし、今はそうでないと世の中が回らない。
別に、今が悪いわけでなく、この先残ってゆくものは残っていくだろうし、
廃れていく物は、世の中から消えてゆく。

上流の者は、排水を綺麗にすることで、下流の方に恵みを還元できる。

自分の事だけを考えていては、残ってゆくことは出来ないだろうと思っている。


先週の、炭素循環農法の講習会で、宇宙の法則に触れ、
自然はどうなのかという視点で、物を考えることをしている。
(宗教ではありません)

この先、どのような農業をしてゆくかは分からないが、
結果的に、良いものが出来、みんなに喜んでもらえる。
その事を追及していきたいと思っている。

今年は、多くの野菜を作ってみたいと計画しています。
もし、満足できるものが出来れば、皆さんに提供出来ればと思っています。

1年目は、あまり期待はしていませんが、
状況については、ブログにて発信してゆきたいと思っています。


申し訳ない畑

落ち葉に埋もれた畑

今後とも、宜しくお願いします。











ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント