FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

剪定チップをまく

2011.05.04 21:22|研修・勉強会
先日、広島市リサイクルセンターで頂いたチップをまいてみた。

軽トラの荷台でも発酵していて、熱が出ていた。

良く見ると、白い菌の様なものも見える。

菌?

1畝無い畑でも、
通路にチップをまくだけで、1時間程の時間を要した。

木材チップは、まくだけで良いのだが、
廃菌床は、一度ブロックを壊さないといけないので、
そのような所は、短所だな~と感じる。

自己満足ではあるが、農園の看板?も作ってみた。

咲とやま農園

だいたい、昔から不器用であった。
全体のバランスをみていない事や、まっすぐ字を書けないことを見てみると、
子供のころから変わっていないなぁ、と感じる。

私は、月の満ち欠けで播種の時期を決めている。

新月を過ぎ、そろそろ地上部以上に出来る作物の種まきが始まる。

エダマメ、トウモロコシ、ナス、トマト、ゴマ、ブロッコリーを作ります。

赤シソ、ネギ、ゴボウ、ダイコン、ニンジン、ホウレンソウ、東京ベカ菜は順調に芽が出ています。


殺風景であった私の畑にも、住人が増えて、
毎朝、確認するのがとても楽しい。

カラスやヌートリア、タヌキにイノシシ。そしてハクビシン。
私の作った作物を心待ちにしている者も多い。

こんな感じ



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント