FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

ホタル舞う里

2011.06.16 21:39|咲とやまの自然・文化
6月の2週目くらいから、戸山でもホタルが飛びはじめました。

sSBSH0371.jpg

sSBSH0375.jpg

うーん。携帯のカメラではこれが限界。
本当は、ぽわんぽわんと蛍光色(うまいこと言うよね、と感心するほど蛍光色)があちこちで舞います。

うちは我が家の父がホタルの保護活動をしていて、ホタルが舞う季節に成虫をとってきて卵を産ませ、
孵化させて餌になるカワニナを与えて冬に川に放流して…ということをしています。
幼虫のうちいくらかは畑の隅の父特製ホタルビオトープで成虫になるときを待ちます。
で、5月の中旬の雨降りの晩には、幼虫が水中から陸に上がり、
畑の隅っこにもぐってサナギになるのです。
ホタルの幼虫も光るんですおー。
今年は幼虫の光もハルっちとともに拝ませていただきました。

さて、ホタル。
先週末から今週末あたりがたぶんピーク。
うちから歩いてすぐの川にかかる橋まで行って川下のほうをのぞめば、
ホタルの光がたくさん見られます。
玄関の電気を消せば、我が家の畑のまわりの木々にもホタルを見つけられます。
庭でホタルを見つけると、感慨ひとしお。
人間はホタルをそれはそれは愛でているけれど、もちろんホタルには人の営みなんて関係なく、
ただホタルのいのちをリレーするために日々何でもないこの瞬間にも愛の光を放っているのだなと。
ホタルのいのちの営みをただただ垣間見せてもらっているだけなのだ、ということに
何だか安心してしまうのです。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント