FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.06.20 19:24|作業日誌
6月13日~6月17日

農業経営者学校(パソナ)
代かき
草刈り
田植え
植え田なおし


6月12日
送別会(愛知県春日井市)
祖母命日

6月13日
祖母葬儀


5月から始まった田植えも、とうとう(やっとこさ?)終了することができた。
農業1年生の私が、一人で田植えを出来るとは思っていなかったが、
案外出来るもので、サクサクと出来るようになった。

今年は2町程であるが、来年は9町程の面積になる。

段取り次第ではあるが、それも案外出来てしまうのではないかと、
軽く考えている。

毎週月曜日に受講している、「農業経営者学校」では、
経営シュミレーションをした。

勉強しに来たのに、ゲームかと思ってはいたが、
やってみると奥の深いゲームで、すっかりはまってしまった。

おまけに、これを機に「簿記3級」勉強を始めることにした。

農業では軽視されがちであった経理をしっかりとまとめ、
分析し、戦略を立ててみたいと思っている。

土曜日には、自衛隊時代にお世話になっていた職場の方が、
定年退職されるとのことで、愛知県に行き、送別会に参加した。

同日、祖母が亡くなり、直ぐ帰ることにはなったが、楽しい時を過ごすことができた。


祖母の葬儀についても、無事に終了した。

雨が降るとの予報であったが、外に出るときは雨が降らず、
最後まで、優しい祖母であったと感じた。

今年一番のホタルの飛散で、ホタル達も祖母を見送ってくれていた。


必ずこの世から去る時は来るが、
子供たちの為に、より良い未来を残してやろうと決意しつつ、
今週も始まる。


米ぬかの乳酸発酵も、良さそうな状態になっている。

広がる菌





ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

同感です。この世から去る時までに、子供達、地球、全ての生き物にとってより良い世を残したいです。今は商品を大量生産して、売れないと廃棄する会社に務めていますが、違和感を感じて悩んでいます。将来、自分では何が出来るのか考えています。

あと、奥さんが書いた、いのちがふるさとに還るときを読んでて最後の方でうるっと来ました。

<タックさんへ>

大量生産、大量消費の時代に育ち、
不自由なく生きてこられたのも事実です。

先人たちは、私達に苦労をかけまいと、必死に頑張ってくれた結果だと思います。

多くの選択の中で、良い悪いは無いと思います。

選択した中で精いっぱい生きることを見せることが、
1番子供の為になるのではないかと思います。
非公開コメント