FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

佳き日

2011.06.20 23:48|かぞく・こども
祖母の葬儀がひとまず終わりました。

亡くなったのが夜だったので、翌日お通夜。
その次の日がお葬式、火葬の儀式。
そして今日、拾骨。
三日かけて、祖母や家族がお世話になっている地域の人々や自然に見送られて、
祖母は大きなまぁるい環のひとつに戻っていきました。

不思議だったのは、3日とも儀式や外での準備・片付けがある時間には雨がぜんぜん降らなかったこと。
そしてホタルが一番の盛りでした。
祖母とのお別れに集まった親戚や家族と、みーんなでホタルを見れた。
お通夜の夜も、お葬式の夜も。
きゃあきゃあ子どもたちと喜びながら童心に戻ってホタルを見ていたので、
近所の人からは不謹慎に見えたかな~。お通夜の夜は喪服姿だったし^^
でもきっと、ほほえましく見てもらえたんじゃないかな~って思います。

ホタルは本当にすごくって、子どもの頃見た光景がよみがえるようだった。
子どもの頃は、ホタルがすんごく多かったんだけど、
広島・呉を中心とする中国地方を襲った1999年の6.29災害で
戸山でも大きな水害があって、ホタルもホタルの卵も流されてしまって
翌年からホタルが激減していたのですー。
それで父が保護活動を始めたというわけなんだけど、
そのかいあって昔の光景が戻ってきたんだな。しみじみ。

今、父は来年放流する幼虫を育てるために、
ホタルの成虫をオスメス10匹ずつくらいつかまえてきていて、
湿ったミズゴケを入れた水槽に放しています。
もう卵を産んでるって。
小さな、糸くずにも満たんくらい小さな幼虫が生まれて、育っていくはずです。

咲とやまのホタル、ぜひ見にきてね。

ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント