FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.07.17 21:50|作業日誌
7月11日~17日

農業経営者学校(パソナ)
草刈り
ヒエ取り
剪定チップの受領
食用ホオズキの定植
ジャガイモの収穫
自分の畑の雑草処理
田の耕運
大豆の畝間の雑草処置
吉木椎茸園見学
神楽門前湯治村

法人の仕事としては、稲の管理がメインとなっていた。

しかし、今年整備する予定であった田が、
事情があり2町整備が出来ないことになった。

整備というのは、細かい田を大きい1枚の田にするという工事である。

2町と言うと、東京ドームで半分行かないくらいの面積になる。

そこに、広島菜、キャベツ、大豆、ソバを5反づつ作付することになり、
急遽、田起こしの作業が舞い込んできた。
台風が来るまでに、全ての田を荒起こしして、溝を切ろうと言うことになり、
大慌てで作業が始まる。


自分の畑と言えば、
ジャガイモの収穫をした。

じゃがいも1

じゃがいも2


作付面積も少なかったので、こんなもんかという量である。

無農薬無肥料の、炭素循環農法で作ってみたが、
案外、大きいのが出来ていたなという印象である。

有機農法の畑は、エゴマとゴマの畝が、雑草で悲惨な事になっていたので、
三角ホーで削り、良い具合にしてみた。(あまり分からないが、良い具合になっている)

手入れ後の畑

大体、朝6時くらいから作業に入るので、
畑全体が、朝日を浴びる。
これが、結構気持ちが良い。


先日播種したゴマは、

ゴマ

マルチの穴の中で、密生していた。


食用ホオズキも定植してみた。

食用ほおずき

頼りない感じではあるが、期待はしている。


大豆畑も、雑草まみれになり、ブサイクな状態である。
地元の本通り?にあたるため、とても目立つ。

大豆畑1


管理機(耕運機)で、土を跳ね上げて、雑草対策をしてみた。

大豆畑2





一面が緑であった状態の方が、見栄えがするような気もするが、






大豆畑3




見る角度を変えると、
「おお!ちゃんと手入れをしているじゃないか!」
と、言う感じになった。



一人農業は、とにかくきつい。

熱中症対策で、塩をそのまま口に入れ、
水で流しこんでいる。


これが一番手っ取り早く、安上がり。
しかし、塩にはこだわっている。


うつ病の時、塩を飲んで治ったと言うくらいに効果があると感じている。
今は、なずなの会の「なずなの塩」を飲んでいるが、
以前は、「皇帝塩」を使っていた。
今でも、絶大なる信頼を置いている。

現代は、1日の塩の摂取量の目安が決まっていて、
何かと減塩の現代。
塩の摂取を制限するがために、多くの病気も産んでいると体感する。
(生成された塩化ナトリウム、食塩の様なものは論外。出来れば使わない方が良いと思う)



滴り落ちる汗が、妙にしょっぱくて、これが結構美味しくて癖になる。



土曜日は、シイタケの廃菌床でお世話になった、
吉木椎茸園に行くことにした。

吉木椎茸園

とても自然環境が良く羨ましい。
そして、何より園長の畑賀さんの心が素敵であると感じる。
この様な考えを持っていると、人が集まって、しかも助けてくれるんだろうなと感じた。
また、このような方と出会えた事が、私にとって幸せな事である。


日曜には、息子の好きな神楽を見に、
神楽門前湯治村へ行く。



愛知に居た時は、「神楽(かぐら)」なんて言葉を聞いたこともなかったが、
広島では、結構メジャーで、追っかけもいる。



DVDまである。



息子と最前列に座り、
大迫力の本場の神楽を見ることができた。
今日は、「千代田神楽団」であった。



神楽




仕事の合間に家庭サービスをして、ヘトヘトになりながら、
台風が近づきつつあるようで、台風対策もせねばと焦りつつ、
今週も始まる。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント