FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.09.22 22:45|作業日誌
9月12日~9月19日

法人作業
モミすり
稲刈り
草刈り

自分の農業
スティックセニョールの補植(出荷用)
ハクサイの苗作り・定植(出荷用)
ニンニクの定植(出荷用)
ダイコンの種まき
玉ねぎの苗作り
ニンジンの種まき

ついに、米の収穫時期が来た。
法人のライスセンターでの作業も多くなる。

ついに、わしにもこの日が来た。

稲刈りである。


私の車の前に置いてあったコンバイン。
物置にするのに好都合で、しばらくコンバインと気がつかなかった。

コンバイン

いかにもハイテクそうな気がしていた。


機械に載り、米を収穫できる。


夢のような機械である。


前年から整備はしていないようであったので、手入れしてみる。


コンバインの心臓部を開けて見てみる。


心臓部


なんじゃこれ~


以前、麦を脱穀した時に使った


脱穀機


ミノル式の脱穀機と同じじゃないか!


コンバインと言うから、脱穀するところにハイテクな何かがあると思っていた。


なんとローテク。


実際に、稲を刈ってみると、
稲を起こす先端の部分が、良い仕事をする。


コンバインでの稲刈りは、結構面白い。

しかし、稲には細かいとげが付いているらしく、
それが、結構シカシカとする。


自分の農業では、もっぱら秋野菜の植え付けや苗作り。


時期を外してしまった、食用ホオズキは、放任している為に早急に手入れが必要である。
ゴマも収穫適期に入り、あれやこれやと作業も入り、あたふたしている。

そんな中、家族サービスも大切だと言うことで、
今度は、家族で神楽を見にいく。


私と息子、
すっかり神楽にはまり、
七五三の写真撮りに、神楽の衣装があればなと馬鹿な事を考えながら、今週もはじまる。


神楽








ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント