FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.11.14 18:45|作業日誌
11月 7日~11月13日


法人作業
ソバ刈り
パソコン作業補助
小麦畑の最終耕運

自分の農業
大豆の刈り取り


法人作業では、とうとうソバ刈りになった。
庄原の農業法人にお願いしての作業となる。


コンバイン作業

ザクザクと一気に刈り取る。

これを見るてしまうと、これからは、鎌を持ち、ちまちまと刈り取る気になれない。


1町5反程の刈り取りは、2日で終了。
実質、1日で終わるくらいのスピードであった。


ソバ畑が遊び場であった、我が家のネコは何を思う。

何をみる



自分の農業は、大豆を刈り取りした。

およそ1反程であるが、
手作業で行うと時間がかかる。

ソバを刈り取っていた機械は、大豆にも使えるのだが、
おそらく1時間もかからないだろう。

なんだか、自分がちっぽけで情けなくなってくる。


大豆の様子


今回は、一度だけ木酢液と酢を混合し葉面散布してみた。
収穫量はあまり期待できないが、今年の経験を糧に、来年に生かしたい。


アップ


およそ、7時間程かかり
刈り取りと集積が終わる。


刈り取り後1


左端に見えるひょうきんなのは、妻である。

作業の半分ほど手伝ってくれた。


やはり、一人で作業するより
2人の方が良い。

収穫後2


大豆を刈り取った畑を見ると、
何とか終わったなと感慨深い。


次は、小麦を作る予定である。

早速耕運作業に入る。


家庭の事であるが、
先日息子の七五三の写真撮影が終わったのだが、
神社へ行くことにした。


広島城の隣にある護国神社へ行った。


私と妻はスーツだが、
主役の彼は、



七五三


妻が作ってくれた神楽の衣装である。


周りからの視線を痛いほど感じ、
おそらく、夕食時のネタになるのだろうと思いつつ今週が始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

思わず吹き出してしまいました。サイコーの七五三の写真です。
いかにも石井家らしくほほえましいですよ。神楽への道を本当にまっすぐ進んでいますね。その道をそれることなく突き進め~!

<吉木椎茸園さんへ>

息子が大きくなったら怒られそうですね。

何故と言うくらい、毎日踊りまくっています。
非公開コメント