FC2ブログ
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

今週の裕二

2011.12.26 18:26|作業日誌
12月19日~12月25日


法人作業
麦踏み
小松菜の移植作業
もみ殻クンタン作り
楽農塾の反省会
簿記作業の説明を聞く

自分の農業
黒ゴマの選別作業


11月15日頃に播種した小麦が、大きくなっていたので麦踏みをした。

去年自分の畑(1畝程)で作ったのだが、自分の足で麦踏みするとかなりの時間がかかる。


今回は、播種機を使ってみることにした。

麦踏み1

こんな感じで来て、


麦踏み2


こんな感じで折り返してゆく

この作業を1時間30分ほど繰り返し、2反程の小麦の麦踏みが終了した。


人によっては、石臼や乗用のバイクのような物を改造し麦踏みをするようである。


近所の方が、物珍しそうに話しかけてくれる。


「昔は、麦踏みが子供の仕事でね。良く麦踏みさせられたよ!」
「ほうれん草にしてはおかしいと思ってたけど小麦だったんだね!」
「こんなに作って、麦踏みを手伝ってやらんといけんと思ってたよ!」

と言うような事を言われた。


ここで、農業を始めて半年程が過ぎたが、
結構畑を見ていてくれているようで、いろんな方が話しかけてくれる。

来年は、もっと綺麗に、活気のある畑にしようと思っている。


友人の繋がりで、
東日本の子供たち、被災者のみなさんにいろんな形で楽しいクリスマスを過ごしてほしいという願いの活動があり、
我が咲とやま農園も、少しばかり野菜を提供させていただくことにした。

野菜たち


現地に行き、支援をすることは難しい。
私が今年農業を出来た感謝の意味を込めて、野菜たちを送り出す。


24日には、亀山子こども神楽団さんのイベントに参加する。


神楽2


神楽1

葛城山という演目であったが、子供とは思えないくらい上手に舞っていた。

その後、神楽団さんとの交流もある。

一同で記念撮影

神楽3

間違い探しの様な感じで鬼が写り込む。


神楽の服が着たいとの息子のお願いを叶えるべく、
神楽団さんにお願いし、服を着させてもらう。


CIMG3876.jpg


冬になり、息子と出かけられる時間が増えたのは良いが、
最近毎週神楽に行っているではないかと、今頃気がつく。


多くの有機農業の本を読みあさり、
春が待ち遠しく思いつつ今週も始まる。



ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント