FC2ブログ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新の記事

以前の記事

コメント

リンク

プロフィール

咲とやま裕二&千穂

Author:咲とやま裕二&千穂
丁寧に豊かに、できるだけ自分の手で暮らしをつくりたい。子どもをもってから、暮らしや考え方がシンプルになってきました。

2010年秋、広島市安佐南区沼田町の山里、戸山にUターン。家族3人、農の暮らしをはじめました。
オットの裕二は地元の「農事組合法人 戸山の郷中王」の職員として農業に取り組むかたわら、「咲とやま農園」農園長として無農薬・無化学肥料の野菜づくりに勤しんでいます。
ツマと子1号・ハル、2号・ユキ(2012年7月に誕生!)は森のようちえん まめとっこでのびのび育ってます。

●咲とやま(さとやま)農園●

森から田畑、川、海、そしてまた森…の循環と、私たちの心と体をつくる食べ物や環境を大切に考えて無農薬・無化学肥料で野菜や米を育てています。
モットーは「家族に食べさせたい安心安全な野菜づくり」。季節ごとの自然の恵みを生かした少量多品目栽培です。
地元・戸山をパッ!と盛り立てたいという想いと、里山の恵みをいただいた農と暮らしを目指して命名。広島市内中心部から高速4号線利用で約30分の「一番近い田舎」の戸山は、6月にはホタルも舞う、きれいな山里です。


げんぱつくん、ありがとうおつかれさま。わたしたちはげんぱつなしでくらしたい。

ご注文・お問い合わせ

野菜や取扱い商品のご注文、お問い合わせなどはこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索

FC2カウンタ

小松菜

2012.01.20 19:08|作業日誌
1月20日現在の小松菜の状況です。
無農薬・無化学肥料栽培です。

全体写真

左側が小松菜。
右側はほうれん草です。

どうしたんほうれん草と言う感じですが、播種が失敗したからです。
気持ちが伝わるのでしょう。

播種は焦って行うと後悔します。

元気に育て!と楽しく種を蒔くと、気持ちが伝わるらしい…。(でもそうだと感じます)

小松菜アップ

小松菜も散々だったのですが、
一つ一つ移植作業をした甲斐がありました。

元気に育っているではありませんか!

本当に嬉しいです。

1月23日の月曜日に、R食材さんに出荷する予定でいます。


このハウスは、5年間ほど放置してありました。
持ち主さんに、ハウスがあるけど使ってみる?と言われ使う準備をしていました。

2011年6月に、土壌消毒を兼ねて米ぬかによる太陽消毒を実施しました。

米ぬかとEMのボカシ肥をまき、水をしみ込ませて、全体にマルチをかけました。
こめぬか2

ハウス内は、高温になり、多くの菌が繁殖しました。
広がる菌

実施後の様子です。
ハウス1

その後、地元の方が作ってくれている馬糞堆肥と、シイタケを栽培した後にでる廃菌床と言う物を適量まきました。

その時の記事
6月12日
6月20日
7月11日

結局、夏の間は米作りが忙しく(草刈りですが…)、ハウスに手が回らないままに11月後半にやっと小松菜を作ることにしました。

12月19日


播種前に、自家製のボカシ肥(米ぬか・油カス・もみ殻・EM培養液)を施し、
ミネラル肥料に、みのり有機石灰を使用しています。(みのり有機石灰:有機JAS適合肥料です。)

時期が良かったので、無農薬で出来ましたが、周年栽培されているプロの方は、
もっと厳しい思いをされているのだと思います。

土壌消毒の効果も出ているのでしょう。
ネキリ虫という茎をかじって折ってしまう虫が居るのですが、
このハウスには1匹も見かけません。

もう一か所、化学肥料を使い栽培していますが、そこはネキリ虫が居て、
悪さをしています。

どちらにしても、まともに育ってくれて感謝しています。


ランキングに参加しています。クリックでの応援お願いします。
新規就農、有機・オーガニックのサイトいろいろに出逢えます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

広島ブログ

コメント

非公開コメント